読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

ゴールデンウィークに考える5月病対策

f:id:BunRyu555:20170430205623j:plain

今週のお題「ゴールデンウィーク2017」

はじめに

ゴールデンウィークに突入してしまいました。4月から入社した社員はやっとのことで、休みだ―と喜んでいるに違いない。中には、もう会社を辞めようかなと悩んでいる人もいるだろう。私の場合は転職だったが、やっぱり転職後のゴールデンウィークが一番きつかったように思う。そんな時だから、遊んでリフレッシュする傍ら、少しだけ仕事について振り返って、自分自身をしっかりみつめて、5月病を乗り切る心構えを作っておくことも大切だろうと思う。

5月病の原因は4月から

ゴールデンウィーク後、会社に来なくなる人は実在するようだ。そして、その因子というのはもう既に4月の段階で生まれているものだろう。恐らく、もう入社1周目にはこの会社でやれるという自信はなくして、毎日毎日が辛い状態で、やっとのことで出社しているに違いない。そして、毎日頑張って頑張って、嫌々ながら出社して、ゴールデンウィークでやっと頭がリフレッシュした段階で、具体的に退職という行動に移る事になる。その原因は、人間関係が合わない、仕事がつまらない、仕事についていけないなど、様々な事があるだろう。これは、よほどポジティブな考え方をする人ではない限り、必ず一度は悩んでしまう事だと思うし、感受性が強い人は特に深刻に悩んでしまうに違いない。「自分はこの会社で会わないかも」、「上司のAさんが怖くて、毎日が辛い」、「会社の雰囲気が暗くて嫌」、「本当にこの組み立ての仕事がつまらない、こんなに仕事が楽しくないとは思わなかった」など色んな原因が挙げられるのだろう。そして、4月の間にたくさんの不満や不安因子を溜めこんでいるに違いないのだ。

まずは、疲れを落とそう。遊ぼう。

まずは、せっかくゴールデンウィークなのだから遊んでしまおう。友達や恋人と出かけるもよし、家族旅行するもよし、お一人様の旅をするのもよし。ちょっとゴミゴミするのが嫌なら、ちょっと大自然をみにいってみるのもいいだろう。まずは、仕事の事など忘れてしまうぐらいに、大いに遊んでみよう。思い詰めている人ほど、まじめに考えて遊べないのはわかるが、まずは無理にでも好きな事、楽しそうな事をしてみよう。人間、行動していくと、感情までもが乗せられて変わってしまうから不思議なものだ。間違っても、家に引きこもって悩まないようにしよう。どうしても引きこもりたい場合は、明るいゲームや、映画、本などを意図的に選んでくつろぐ事をお勧めする。間違っても、暗いものを選ばない事だ。ますます、自分を追い詰めてしまう結果になる。私は、仕事に本当に悩んでいるときは、上記のように徹底してポジティブな者しかみないようにしている。そうでもしてないと、5月は乗り切れないぐらい、会社に慣れるというのは困難を極めるものだともいえる。私も転職の度に、慣れるのに苦労してきたが、そうやってポジティブインプット作戦で何度も乗り切ってきた。(結局は駄目で転職は繰り返したけれども、5月病にはならなかった。)

ゴールデンウィークは遊ぶだけではなく、幸せをみつめてみる

もちろん、疲れを癒し、どんと遊ぶのを推奨するが、ふとした瞬間に幸せをみつめてみるのはどうかと、私は思う。忙しいの忙という漢字は心を亡くすと書く、4月から入社した人はそれこそ自分の心を亡くすほど緊張しながら不安を抱え、必死に働いてきたに違いない。それが長期休暇になるとふと心が戻ってくるのだ。そして急に今まで考えていなかった不安や恐怖に襲われる、それが5月病を引き起こす元になる。それを防ぐ手立ての一つが、今の幸せをみつめてみることだろう。家族がいる事の幸せ、健康でいることの幸せ、友達や恋人がいる事の幸せ。そういう親しい人と思いっきり遊んで、美味しいものを食べて、幸せを噛みしめてみよう。きっと今の自分が素晴らしい環境にいるという事を実感するだろう。幸せとはその一瞬一瞬をいうものであり。遠い未来の話ではないのである。金持ちになったら幸せ、仕事で成功したら幸せとかいう人もいる。そういう人達は何か物質的で目に見えるものだけを幸せの基準としているが、実際はそんなものが無くても十分人は幸せを感じるものである。そういう幸せをゴールデンウィークに見つめてみると、きっと5月病さえも吹っ飛んでいってしまう。心の憂鬱は幸せ感を嫌うものだから。

ゴールデンウィークには仕事の意味を考えてみる。

今の幸せを噛みしめてみたら、次は確信に入ってみる。そう辛い仕事の現実について考えてみるのだ。考えるだけでも辛いだろう。でも、ちゃんとゴールデンウィークに疲れを癒して、遊んで、リフレッシュした後に勇気をもって向き合ってみよう。心が回復したことによって、前向きに考えれた人はそれで大の字だが、そうでない人もいるだろう。自分は駄目だ、無理だと涙が出てくるに違いないのだ。そういう人はネガティブ人間と自他ともに認める人なのだろう。私もそういうタイプだったので、今まで人生というのは灰色の世界だった。でも、それは甘えなのだと思う。今をネガティブにみるというのは、現状を把握しないで、逃げていれば誰かが助けてくれるという、子供の時の考えから成長できていないのだ。だから、きっとネガティブに陥る事で、現実を避けて、安全な領域に逃げ込んでいるのである。そういう人にいう言葉は、「ネガティブな選択をするな、勇気を持ってポジティブを選択せよ」という事だ。ほとんどのネガティブ思考な人はこういう考え方をしている。

[仕事で失敗した⇒自分の注意力が不足⇒自分は駄目⇒今の会社についていけない]

でも、この考え方は別の選択しもある事はお分かりだろうか。

[仕事で失敗した⇒自分の工夫が不足⇒工夫すればできる⇒次は成功する⇒今の会社で頑張れる]

これがポジティブな選択の一例である。ネガティブな人はこういう選択ができない。人生はポジティブな選択肢を考えてそれを選択する事で劇的に変わる側面を持っている。しかし、これには勇気がいるからなかなか人は踏み切れないものだのだ。それに、ポジティブ思考というのは面倒にも行動や思考を伴う。だから、ほとんどの人は楽なネガティブ思考に逃げてしまう。なせなら、ネガティブ思考は現状を否定しているだけで、何も行動を起こさない思考で、省エネなのだし、行動しないから、次の辛い事さえも回避できる。ある意味、素晴らしい思考法なのである。でも、残念ながら現実はそれでは変わらない。現実を変えるのは、ネガティブに考えたとしても、それをポジティブに変換すると強く決意したときだけである。だから、仕事について問題があるのは仕方ない。嫌な事があるのも仕方ない。だけど、それを敢えてポジティブ面で考えて、その方向を勇気をもって進んでみようではないか。辛い仕事をゴールデンウィーク明けに任されているなら、我武者羅でもやってやるとポジティブに決める。それだけで、5月病は打開できるものであるし。それによって、意外にも幸せを感じる事ができる。だって、仕事って所詮人間がやる事で、神様の成せる業の領域ではないのだし。前向きな姿勢で、どんどんやっていったら、多少の壁なんて直ぐに超えれるぐらいのものだったりする。それぐらい覚悟を決めて、ポジティブな姿勢を選択した人間は強くなる。難局を乗り越えてきた人ほど、そういう転換の仕方を心得ているものだ。だから、あなたも4月でもう駄目だとネガティブを選択するのではなく、敢えて勇気をもってポジティブを選択してほしい。そうするときっと仕事をやる事にも幸せを感じてくることだろう。

 

おわりに

私も以前から上記のような考え方をしてきたわけではない。体調を崩し、自分の人生について考えたときに、自分があまりにも仕事や人生についてネガティブに考えているのに気付いた。最初は環境のせいだと思ったので、転職した。しかし、改善したところもあったが、むしろ悪化した部分もあって苦しんだ。(しかし、転職し環境を変えてみるのも一つの手だというのはいうまでもない。人によってはどうしても合わない職場環境もあるからだ。それで体調を崩しているのなら、思い切って変えるべきだと思う。)そういう時に、自分が仕事に対して、ネガティブにしか捉えてないのに気付いたのだった。このままだと、自分自身で自分の体や心をボロボロにしてしまう。そう思って、アドラー心理学や色んな先輩の話を聞く中で、ポジティブを選択するという言葉に出会ったのだった。それから、私は、辛いときでも勇気を振り絞ってポジティブを選択するようにした。そしたら、不思議とやれる勇気が出てきたし。仕事においても前向きにやるしかなくなって、集中してやれるようになり、難局さえも乗り切ることができた。そしてそれが徐々に自信となって、大きな仕事を成していけるようになったのだった。

 

もし、あなたがいつもネガティブを選択しているなら、敢えてポジティブを選択する人生に今すぐ変えてみてはどうだろうか。今、この瞬間からそれはできることだ。あなたがポジティブな選択肢を想像し、それをやると決めることから始まる。この方法は無料だし、一瞬で出来る事だ。なぜやらないのか?今でしょ!(微笑)

 

ここまで読んでくれて、ありがとう、私は幸せです。

 www.bunselfrealization.com

「すいません今日は早く帰ります」とPM9時にいう人って自信ないんだなと思う

f:id:BunRyu555:20170429110431j:plain

夜9時で早いの?

今お世話になっている職場で違和感を覚えた言葉が、「すいません、今日は早く帰らせて頂きます。」と若い社員が上司に夜9時に話していたのを聞いた時だ。

私は、はあ?と思ったのは言うまでもない。夜9時といえば十分仕事を頑張っていると思うし、もっと自分をほめてあげてもいいぐらいの超すごい残業レベルではないかと思ってしまう。

ぶん流おじさんぐらいの年になってくると、9時でもハアハアいってしまうぐらいにつかれる時間だから、むしろ若いのに頑張ってるのう~と思ってしまうぐらいだ。

だがその社員はすいませんと謝罪する。確かに、今の職場は残業が多く、沢山の人が残っていたりするので自分だけ早く帰るのは悪いと思う気持ちはわかるが。

若い社員はずいぶん損しているなあと感じたものだ。

周りに合せることの愚

周りに合わせたいのはわかる。私も帰りにくい。でも、それはとっても愚かな行為だと思う。それには理由がある。よくよく考えてもらいたい。

成長できない

 周りに合わせて残業する人って、ほとんど仕事できない人が多いと経験的に思う。なぜなら、逆に仕事が出来る人っていうのは、仕事に無茶苦茶に集中していて、ほとんど今何時だとかわからないぐらいのゾーンに入ってしまっているからだ。だから結果的に残業になったわけだし、自分から進んでやっている場合が多い。だから、残業で気が滅入ることもないし、やらされ感もない、むしろ仕事を楽しんでいるぐらいだ。

一方、周りに合わせて残業する人は、大して目的意識ももたないまま、ただ、目の前の仕事をやっているだけだ。これでは、集中もできないし、結局は頭の中は「帰りたい」という思いでいっぱいになってしまい、仕事を通じて成長していく時間というものを無駄にしている。周りに合せるために、無駄な仕事を作ってしまい、本当に自分の為にはならないものとなってしまう。

不満が逆に溜まる=頑張ってる病

きっと、周りに合わせて残業をしている人って、内面的に結構な会社や組織への不満を抱えているものだと思う。自分は帰りたいのに、周りのせいで帰れない、そう心の中で不満を爆発させているに違いない。そういう人ほど、評価の結果をみて落胆してしまう。「俺は、遅くまでこんなに頑張っているのに評価されないんだ(怒)」でも、上司はよくよくみているものだ、こいつは只残っているだけで、結果も出せないし、何しているかわからない。そういう風に思われていて、結果がその評価となっている。でも、本人は周りに合わせて頑張っているつもり、自分を犠牲にしていると思っているから、反発する。だから、こうなって会社との関係が悪くなって退職に至ってしまうよりは、素直に仕事ないんだったら早く帰ったらいいんじゃないのと思う。

逆に結果が出せない

人に合せるということは、結果がでないという事だ。仕事の結果とは自分が自立的に動いたときにはじめて出るものだし、受動的ではほとんどでないし、結果が出たとしても喜びがないし、成長もしない。しかも、仕事の質も思いがこもってないものになり、出来が悪い状態となる。そう、逆に空回りして、結果が出せなくなっている無限ループの状態に実は陥っているのだ。

人生がもったいない

やらざるを得ない残業と、自分がやりたいと思う残業は、なんだかんだで自分の為にはなる。やらざるを得ない残業はお客様や会社の為になるし、自分がやりたい場合は、その2つプラス自分の為にもなる。だが、周りに合わせた残業って、全く誰の為にもなっていない。だから、その残業スタイルを毎日のように続けてしまうと、いったいなん百時間の無駄をしていることになるだろうかと考えてほしい。その時間を家族の為や、趣味や教養を深める時間にあてることはできないだろうかと考えてほしい。

残業とは仕事を楽しめる人がやるものだ

極論を言えば、仕事を楽しめない人間はさっさと帰るべきだ。残業していいのは、仕事を楽しめている人だけだ。確かに、命令をされて嫌々残業をしている人もいるだろう。でも、よくよく考えてほしい、「嫌々」やって何が自分の為になるだろうかと、そう考え方を変えてほしいのだ。最初は嫌な事であっても、考えを変えて、その仕事を楽しんでみるという風に考えを転換してほしい。自分の仕事だと思ってしまうのだ。そうすると、辛い仕事がなんだか有り難く素晴らしいものに思えてくるから不思議なものだ。そういう心の状態にもっていくと、なんだかスイスイ仕事というのは進んでいくものだ。結果的に、嫌々やるよりも非常に効率的に仕事を終わらすことができ、しかも品質は高いものになる。本当にプロのサラリーマンというのは、理不尽なことをプラスに転換する高いスキルを身につけているものだ。だから、仕事ができるのである。

自信のなさはどこから来るのか

一番はその仕事の本質を理解していないとこから来ていると、おじさんは思っている。一つ一つの仕事には、本質がある。絶対に抑えないといけないポイントがある。そこをまず見極め、対策を考えてから仕事をしていくと、そもそも残業自体しないでも結果は確実にでる。でも、だらだら周りに合わせて残業している人は、そもそもその仕事を分析しようとしていない、そして段取りも組むことなく、闇雲に仕事をはじめてしまう。その時点で残業は確定である。そうだから、その仕事がどういうものなのか、どこがゴールなのかがわからないまま仕事をしているから、全く自信がないのだ。だから、なんだが周りに迷惑をかけているという疑心暗鬼と、自責の念にかられてしまって。夜9時にも関わらず、すいませんと発言してしまうのだ。

考える時間を持とう

仕事ができないで、周りに合わせてしまう人は、自分で業務を考える時間を取らない事が多いように思う。焦って何も考えないで、目の前の仕事に捉われているから、時間を取る暇さえもないと考えている。だから、強制的にでも、朝早くきて10分でもいいから、今の仕事全体を頭の中でイメージしたり、紙に書いてみて、整理してみる。そういう時間が大切なのだ。

そんなのやりたくない

この話を聞いてやりたくない、面倒だと思う人も多いと思う。

でもね、働くってそういうことだよ。そうやって工夫して、結果を出していく事だよ。甘えるんじゃないよ。

そういいたい。

サラリーマンを馬鹿にしない

ぶん流おじさんはサラリーマンだけど自信をもっている。だから、サラリーマンをひとくくりにして、会社に使われて、人生を無駄に過ごすとか言われるとなんだかなと思う。そもそも、サラリーマンの人達が自虐的に言っていると悲しくなる。そうやって自分たちを卑下する人生で何が楽しいの?他人ばかりみて羨ましいと思って人生幸せなの?サラリーマンでもいいじゃん。十分楽しめるよ。それはあなたの考え方ひとつだよといいたい。

まとめ

今日のテーマの「すいません今日は早く帰ります。」問題には。なぜ謝るの?といいたい。自信をもって仕事をしたなら。「お先に失礼します」と言い切って帰ってしまえばいい。そしたら、周りもこいつ頑張って仕事を終わらせたんだなと。その言い切り方で感じてくれるだろうし、むしろ、ありがとうと思ってくれることだろう。あと、どうしても言えないという人は、一度だけ思い切って定時で帰ってしまう事をお勧めする。案外、何も言われなかったりするものだ。そうやって徐々に今日中に必要な仕事がないときはスパッと変えるように訓練していこう。そして、やっぱり人生をエンジョイする事が大事。なんでもかんでも周りに合わせて、空気読まなくてもいい。それよりも仕事を本当に真剣にやって、終わったらさっさと帰ること。そっちの方がずっとサラリーマン生活を有意義に過ごせる。

 

www.bunselfrealization.com

 

www.bunselfrealization.com

 

電車の中で考えたファンタジー

食される人

通勤電車の中は退屈だ、毎日毎日続くそのループには時々ウンザリする。黒いスーツをきた無表情な人達が下の口に大量に吸い込まれる姿をみて、小魚が大きな魚に飲み込まれる姿を想像して、自分も食われる運命だと諦めたくなる。

部品として

だけど、食われた後も消化されるわけでもなく。外に出て。頭の中にインプットされているプログラムに従って会社という人間が作り出した、量産型の機械の中で部品として動く

。時には油を注入され、時には雨にうたれ錆びながら働く。

社交辞令のカネとペッパーさん

そうしていると、チャイムがなるが、社交辞令で稼動する

そして朦朧としたメモリを休める為にまたあの駅の中に入っていく。

そこではロボット達が楽しそうにお喋りしている。全員ペッパーさんの声だ。

合体ロボット

そうしてあの口に入ると、トリガーが走り鉄の箱がコンベアーの上を流れ人と呼ばれる部品は、各組み立て工場へと運ばれる、そうして一度解体され、また翌朝ニワトリが鳴く頃に組み立てられる。そうしてまたあの鉄の箱であの口まで運ばれるのである。

これがサラリーマンという部品が巨大ロボットを動かすための一部始終である。これが今日電車の中で起きた空想の世界での出来事である。

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村