自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

人生の不思議

ビジネスパーソンが普段使うべきシンプル言霊9選

はじめに ありがとう ついてる 自分はできる 幸せ 楽しい 愛してる すべて上手くいく 問題ない 大丈夫 おわりに はじめに 言葉には霊力が宿ると、日本では昔から信じられていました。 よい言葉は幸運を呼び、悪い言葉は悪い出来事として返ってきます。 言霊…

「ことだま」ジョギングで人生ルンルン気分♪ 言葉は現実化するんです。

私ひらめいたんです ジョギング中は思い浮かぶんです ルンルンジョギング 「ことだま」ジョギングの効果の考察 結論 私ひらめいたんです 以前から、言霊の力について、興味をもっていて、なるべく悪い言葉を使わないようにと私、ぶん流は考えてきたのですが…

家庭の心理学 ゾゾッ想像のお化けに苦しんでます

はじめに 猛暑が続きますがいかがお過ごしでしょうか、熱い夏といえば、やっぱり怪談ですが、今日はお化けといっても怪談をやるつもりはないのであしからず。 本日は、私も含む、おそらく多くの人が苦しんでいるだろう、自分の中にいる想像のお化けについて…

家庭の心理学 返報性の法則~感謝は続くよどこまでも♪~

はじめに 最近、ちょっと人のいい部分をみるようになってきたと思います。 ありがとうという事が多くなってきました。 会社自体がそういう環境にあるせいか、自分も怒ったり、相手の悪いところをみるよりも良いところをみて、感謝するようになってきたのだと…

悪いところばかりみれば、悪いことしか起きなくなる

単純な法則 単純な話です。皆さんは超能力ではありませんが、シンプルな法則があります。 思考は現実になるという法則です。 例えは、ある会社に入社したとします。 上司は指示が下手。 人間関係が非常に悪い。 給料が安い。 社長の経営方針が理解できない。…

使命をもつ 簡単だけど難しい自己実現

「使命をもって生きる人生と、使命を持たずに生きる人生はどちらがいいですか?」 と聞いたら、大抵の人が使命をもって生きる人生がいいと思います。 しかし、使命をもつという事は試練や困難を背負う事だと思います。 世の中を動かすような人は強い使命感と…

実感。サラリーマンに綺麗事はなかった

もうおじさん もう中年おやじと呼ばれる年になった。 なんでシステムエンジニアになったんだっけか? たしか崇高なゆめがあったように思う。 かって世界を席巻したメイドインジャパンをシステムでもなしとげたい。 新しい業界(当時)だったIT でドリームを実現…

地味な人が意外に最強? 職場の人間関係

はじめに トラブルの時でも冷静にできることをコツコツやる 進捗を聞いたら、すでに終わっている どんなに上司に怒られても淡々としている 無理やり休日出社しても無表情で穏やかである 例えブラック企業でも今も淡々と続ける なんかむしろ居るだけで、癒さ…

必見、会社員おっさんでも成功する法則を考える

はじめに 仕事に熱意を持つ 嫌な仕事でも真剣にやる 結果にこだわる 不平不満を口にしない 残業時間を上げるのではなく効率をあげる 嘘は絶対につかない いつも人間力を磨いていく ただ強く思う さいごに はじめに 中年になって、何となく会社員を続けてきて…

あのさ、もし私が転職しなかったらこんな人生だった

もし、私が転職しなかったなら、転職した経験がある人は一度はそういう事を考えてみたくなるはずである、私もちょっと考えてみたくなったのだ。

思えば、人生で待つことだらけだ ひとりごと

はじめに 今日は病院で長時間待つことになった。 やはり、インフルエンザが流行している時期は病院も流行るようである。 毎回、待つのはわかっているので、 今日は、アールナイチンゲールの 「チャンスは無限にある」という本を 持っていった。 私が最近繰り…

前向きに頑張ろうとする時の壁

落ち込んで、色々な事を考えた末に、やっと前向きに頑張ろうと決意する。 「今日は仕事頑張ろう。」 でも、不思議なもので必ず壁が表れる。 上司「ぶん流、俺は忙しいから、この仕事を今日までにやって」 私「はい、承知しました。」 文句は言えない。 (なん…

実は個性ではなく同一化のプロセスの中にいる

サラリーマンとは他人のまねをし、同じになること、そう考えると、会社というのは巨大な金太郎飴製造機かもしれない。

今のあなたの後ろ姿はあなたが考えたことなんだ

自己実現はマズローの説によれば、欲求の最後の段階だそうです。自己実現する為の知恵について書いてみました。

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村