読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

最後に笑える転職をする 天職コラム

BlogPaint

■転職は失敗するものだ

はじめての転職はほとんどの人が失敗するものだ。

なぜなら、転職または転職先の業界や会社の実情を知らないで、

今の会社の不満から退職を決意し、きちんとした自己分析や

企業分析をしないで転職をしてしまうからだ。

また、そういう転職未経験者を巧みに納得させ採用するような、

ブラックに近い、灰色な会社も多いのだ。

だから、例え転職活動で、

運悪く最悪の会社に入ってしまっても

悲観する事はない。

■あきらめるということ<転職失敗>

ほとんどの人は、一回目の転職するとあきらめてしまう。

あなたは、決意して前の会社を辞めたはずである。

一方で、勇気を持てずに会社を辞める事を躊躇い。

今も、愚痴を言いながら頑張っている同僚もいるだろう。

そういう同僚の事を想像してみればいい。

決意して辞めた分、あなたの方が勇気があるではないか。

一回の転職で失敗したからといって、

自分には運がない、実力がない人生終わりだと

言っていていいのだろうか。

あきらめていいのだろうか。

「あきらめたらそこで試合終了だ!」


安西先生に言われるまでもなく、あきらめるべきではない。

あなたはだだ前の会社が嫌で仕方ないから

辞めたというだけではないはずだ。

きっと他社での将来に人生を賭けたはずだ。

もっと幸せになれると信じたはずだ。

だから、もう一度転職する勇気をもとう。


■ 最後に笑うには<転職成功>

最後に笑う、つまり転職を成功させるには、

駄目な会社なら、退職を決意し、

次の就職先を見つける事である。

それには、忍耐も必要である。

頻繁に辞めていると、

日本企業では採用されなくなってしまう。

①最低1年、我慢して2,3年は、

無職期間に耐えられるだけの蓄えを貯蓄する


(最低3か月分の給料<税引き前>)

②資格や勉強をしておく

③企業研究・業界研究

④自己分析をし、本当にやりたい事は何かを考えておく

上記の4つの事をきちんと準備しておくべきだろう。

その上で、覚悟を決めて、次の転職先を探すべきだろう。

最後に笑うには、笑うまで転職をするしかないのだ。

■まとめ~転職は運試しではない

 きっと、私が言う事を実行し、

最後に笑うまで、転職活動を繰り返すと、

ジョブホッパーと揶揄する人がいるだろう。

家族からも非難されるだろう。

しかし、

しかしだ、

1度の人生につまらない仕事をしてもいいのか?

プライドを傷つけられたからといって、

自分は大したことない人間だと、

今の会社にしがみつく人生でいいのか。

ほとんど大半の人はそうやって一生を過ごし、

自分が死ぬ間際になって後悔する。

あきらめたことというのは、後悔として残るものだ。

すくなくとも、私はあきらめない。

人生の最後に、

最高の仕事人生だったといいたい。

自分の子供や友達、そして妻に

俺の仕事人生最高だったと叫びたい。

それが、人生ってものだ。

あきらめて、自信をなくして、

顔も、心も老けてしまう

サラリーマンの最後にはなりたくない。

定年後でも、死ぬ間際でも、

自分の人生に誇りと自信をもって死にたい。

だから、

だからだ。

最後に笑うまで、

天職と思える仕事に就くまで。

追い求めよ。

求職し続けよ。

きっとその過程で、

大事な出会いと幸運が

あなたに訪れるはずである。

求めるものに、神はほほえむのだ。


現状に満足し、あきらめる人になるな。


給料も下げず、福利厚生も充実し、

仕事も楽しい会社、

自分にあった最高の会社は存在する。

本当にない、悔しいと思う人間なら、

自分で作ってもいいではないか。

とにかく求めるものの所に

天使はほほえむのだ。

だから、前を向き、準備せよ。

さあ、もう一度転職活動だ。 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村