読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

夢ばかり追って転職を繰り返す愚か者たちを採用する手順

f:id:BunRyu555:20170211105252j:plain

転職を繰り返す人

 

転職市場では、ジョブホッパーという愚か者がいる。

 

一つの会社に留まることなく、

 

2,3年で何かと理由をつけ、次の会社に転職してしまう。

 

企業側にとっては、はた迷惑な人々だ。

 

特に企業の人事担当者にとって悩みの種となる 

 

人事担当者は、採用の時には、

 

また辞めるのではないかと懐疑的になるし、

 

採用してからも問題の種となる。

 

そういう人は会社の不満分子になるからだ、

 

次々と会社の悪い部分を指摘し、

 

周りを巻き込んで、徒党を組み騒動を起こす。

 

そして、上司に喧嘩を売って辞めていく、

 

それならまだいいが周りを巻き込んで

 

辞めていくのである。

 

ジョブホッパーの3つの要素

①夢追い人

 自分のなかの理想があり、つねに理想を追う。

 

その為に、転々と環境を変えていく。

 

自分に酔いしれており、

 

言う事を聞かない。

 

でも、真面目だったり、情熱家だったりする。

 

何か目標や夢があるので、

 

会社とフィットした場合は

 

爆発的なヒットを飛ばす。

 

しかし、彼らの夢は不明である。

 

②目的がない

 逆に目的がない人、

 

目的がないから、

 

少し嫌な事があると転職する。

 

③不満分子的

 天性の不満分子、

 

革命家ともいえる。

 

常に体制にたいして批判的であり、

 

それがゆえに、上司や社長と喧嘩をし、

 

退職していくのである。

 

あらゆる先で権力に反発し、敵を作るので、

 

転職を繰り返す。

 

人事はジョブホッパーを採用すべきか

 

私が人事の立場なら採用すべきではないと思う。

 

とてもリスクが高い。

 

だから、もし不安に感じるなら、

 

書類選考で、履歴書を確認し、

 

最初から不採用にすべきだ。

 

とはいえ、現実をみよう。

 

もし、あなたの会社が大企業ではなく、

 

中小企業なら

 

一回目の転職の人なんて、

 

年に何回かしかやってこないだろうし、

 

やってきて内定を出しても、

 

なかなか入社してくれないだろう。

 

(普通は有名企業・大企業に行くのでは)

 

現実はこういうものだ。

 

だから、やむを得ず

 

ジョブホッパー的な人でも、

 

企業は採用を考えるしかないのであり。

 

でなければ、人材不足の会社は衰退する。

 

新卒でまかなっても良いが、

 

転職を採用するよりコストがかかる事は

 

覚悟が必要である。

 

そう今の時代転職をする人も多いし、

 

思い切ってジョブホッパーを採用するしかないのである。

 

だから、企業も色々とその特性を研究し、

 

採用の仕方を考えていかねばならない。

 

今回は私の数々の経験から、

 

ジョブホッパーの効率的な採用の仕方を

 

考えてみたい。少しまじめに

 

ジョブホッパーの採用の仕方

 

はっきり言って、採用なんて博打である。

 

入れてみないと、人なんてわからない。

 

ただ、それでも採用の仕方があるとすれば。

 

①転職理由に納得できる

 

転職理由がいわゆるブラック企業であったり、

 

リストラ、家庭の事情でやむを得ずだったり

 

または、前向きな理由での退職など、

 

人として理解できるものであれば

 

オッケーである。

 

人なんて、一時間の面接や、

 

二三回の複数人での面接だけでは見抜けない。

 

だから、博打なのだが、自分の感覚を信じるしかない。

 

しかし、前の会社の文句や批判をいう輩なら、

 

迷わずに、不採用である。

 

落として反省させたほうが良い。

 

②誠実である

 

誠実さが口調や態度に表れる人なら、

 

多少スキルが低くくても入れて良い。

 

そういう人は人徳があり組織を活性化できる可能性がある。

 

但し、何回もいうが採用とは博打である。

 

ドラマのように、誠実そうな詐欺師はいる。

 

また、実際に誠実な人だったとしても、

 

気をつけることがある。

 

あなたの会社がサービス残業や、

 

残業代未払い、長時間労働などの

 

ブラックな実態や

 

管理職の部下へのパワハラなどが

 

横行する会社であれば、

 

その誠実な人はあなたの会社の貴重な

 

戦力を連れて去っていく危険性がある。

 

不合理は許せないのである。

 

③自己中ではない

 

面接で自己中心的な人はあまりいないが、

 

(普通は面接で出さないよな、普通なら)

 

たまにヒドイ人がいる。

 

当然だが、採用すべきではない。

 

例えスキルが高くても、

 

絶対に手を出すべきではない。

 

ジョブホッパーの中でもラスボスである。

 

④考える人

 

考える人は、会社の事も考えてくれる。

 

きっと退職理由も考えているので、

 

十分に納得できるだろう。

 

逆に考え過ぎて、思考がマイナスに進みがちなので、

 

入社後は、恋人並みにケアが必要である。

 

でないと、悲観的になり落ち込んで辞める。

 

面倒だが、害もなく、きちんと考えるので、

 

きっと戦力になる。

 

⑤明るい人

 

本当は転職回数も多いし、ネガかもしれない。

 

しかし、面接で明るく好印象な感じならば、

 

その自分の感覚を信じて採用してもいいだろう。

 

明るいだけで、能力が低く使えない人はいる。

 

成果主義の世の中、そういう人は

 

残念だが、評価は低くなるし、

 

それが元で転職を繰り返す。

 

だが、明るい人が一人いるだけで

 

組織は明るさを取り戻す。

 

ムードメーカーは必要である。

 

結果を求めるなら、採用すべきではないが、

 

会社を救う人でもあるから、

 

よくよく判断すべきだ。

 

以上

 

上記のような人を採るべきだろう。

 

会社の文化で

 

色々な判断基準はあるとはいえ、

 

オーソドックスだと考える。

 

最後に

 

ちなみに、私もこのジョブホッパーの一人だ(笑)

 

悪いか?

 

www.bunselfrealization.com

 

 

 

www.bunselfrealization.com

 

 

www.bunselfrealization.com

 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村