自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

テンポが合わない人っているよね。

f:id:BunRyu555:20170215214729j:plain

はじめに

 

先日、仕事で、初対面の人と会ったが、

 

テンポが合わずに大変だった。

 

とにかく、会話が噛み合わない。

 

こちらが気をつかって、話を振っても

 

何だか、聞いているのか、いないのか。

 

(その一時間は本当に長かった~)

 

今日は、そんなテンポが合わない人の

 

特長について考えてみた。

 

テンポ合わない人の特長

①マイペース

話も、質問も完全に自分のペースで話す人

 

笑いのツボでも、笑ってもくれないし、

 

なんか自分が惨めになる。

 

(私はだれと話しているんだろうか)

 

マイペースなのは良いが、会話のリズムも

 

考えてもらいたいものだ。

 

こまった、こまった。

 

②頭の回転速すぎ

 

頭の回転が速い人は、こちらが考える暇もなく、

 

矢継ぎ早に質問を飛ばす。

 

だから、こちらが言いたい事が全く言えなくなる。

 

そして、更にたちが悪い事に、

 

論理的に話そうとしやがる。

 

そして、某自動車会社並みに、

 

なぜ、なぜ、なぜを使いたがる。

 

(決してカッコよくはないのだよ!) 

 

なぜは、物事の原因追及には優れているが、

 

対人関係でなぜを使いすぎると嫌われる。

 

「それはなぜ?」

 

●●●です。

 

「それはなぜ?」

 

△△△だと思います。

 

「それはなぜ?」

 

えっと、〇〇だからです。

 

「それはなぜ?」

 

ウザっ!!

 

頭がいいと自覚している人ほど、

 

こういう傾向がある。

 

しかし、本当の頭の良さは、

 

人の会話のテンポ、内容にあわせて、

 

わかりやすく、相手に不快感をあたえないようにできる

 

会話力と技術を持っている人の事である。

 

(これとっても大事なこと)

 

③乾いた口調

 

たまにいる、何か情熱を込めて話しても、

 

あっさりとした返事。

 

乾いた返事。

 

全然感情がこもってない。

 

だから、こちらも話す気を無くしてしまう。

 

(何か別の事を考えているのだろうか、

 

自分は嫌われているのだろうか、

 

 疑心暗鬼に陥って辛い)

 

④話を聞いてない

 

全然、話を聞いていない人は直ぐ分る。

 

こちらが暗に質問をしているのに、

 

そういう答え方をしないし。

 

さっき話したことを平気で聞き返す。

 

おまけに、必死に話している時に、

 

席を立ったり、急に別の話をする。

 

こちらは一生懸命に話してるんですけど。

 

子供ですか、ああ、子どもですね。

 (ちょっと行動が読みずらいし、

 

テンポを崩されると、こちらも苦しくなる

 

勘弁して頂戴。)

 

⑤話の最中何か考えている

 

会話の途中で無言になってしまう。

 

とても気まずい。

 

ちょっと質問しても。

 

すぐに何かを考え始めて、

 

無言。

 

ちょっと・・。

 

無言。

 

もう、はやく帰りたい(泣)

 

もはや一刻も早く、家に帰りたい。

 

(頼むから、今の話題に集中して、

 

時間ないんだから、

 

もうちょっと効率を考えよう)

 

⑥質問の回答がズレる

 

 仕事でこれをやられると、

 

特にお客さんで偉い人だと、

 

質問の回答がずれたときに、

 

どうしようもない。

 

聞き返したいが、偉い人なので、聞けない。

 

なんで、まともに質問も答えられないで、

 

あんた偉くなったのといってやりたいが。

 

心の声で留めておく。

 

(あなた宇宙人?と質問したい。どうせ

 

まともに聞いてないだろうから、

 

”はい”とか言われるのがオチか)

 

 ⑦なぜか暗い人

 

怒ったわけでもないのに、

 

指摘したわけでもないのに、

 

なぜか暗い人って多い。

 

こちらは朝一で頑張ろうと思ってたのに、

 

今日の占いで一位だったのに、

 

そういう人と会ってしまうと、

 

話をしてしまうと、

 

なぜか暗くなる。

 

運気を吸い取られる。

 

なかなかこういう人にはテンポを合わせる事ができない。

 

前向きな話をしても、暗く返される

 

オーマイーゴット!!!(泣)

 

⑧いやにハイテンションな奴

会った瞬間から、

 

シェイクハンドを求められ、

 

欧米風かよとここまでは良い。

 

それから、

 

イエ~~イ。

 

イエ~~イ。

 

とハイテンションが続き、

 

まるでテンポが噛み合わない。

 

奴が過ぎ去った後は、

 

虚しく風が吹く。

 

そして、いいようのない徒労感に

 

襲われるのだ。

 

今日は早く風呂入って、早く寝よう。

 

そう感じてしまう。

 

子供じゃない、いい大人なんだから、

 

普通のテンポでビジネスしましょう。

 

⑨腹の底が読めない人

テンポが合わないというか、

 

非常に不気味で合わせにくい人はいる。

 

とってもニコニコして、話し方も丁寧で、

 

すごく熱心に話を聞いているように思える。

 

うんうん、と相槌も完璧だ。その人と会うと、

 

笑いも絶えない、非常に楽しいひと時のように思う。

 

しかし、その会話の後、ふと気づくと、結論もなく、

 

煙に巻かれていることに気づく。

 

全く恐ろしい人だ、全く腹の底が読めない。

 

テンポが合う合わないという次元を超えて、

 

恐怖さえも感じる。そういう人っているよね。

⑩突然キレる人

話している最中に突然キレる人がいる。

 

一見穏和そうにみえるが、目は笑っていない。

 

少し古いが漫画のスラムダンクの安西先生のような人だ(安西先生はキレないけどイメージ)。

 

そういう人と話すととにかく話す方がビクビクしてしまう。

 

もはやテンポが合わない処ではない。

 

人間として合わない。

 

おわりに

 

あくまで、個人的な好き嫌いの範疇で書いてはいるが、

 

大体は当てはまるのではないかと思う。

 

皆さんはどう考えるだろうか?

 

しかし、テンポの合わない人と話すのは

 

本当に辛いし、時間が長く感じるものだ。

 

できれば避けたいものだが、

 

ビジネスであれれば、なんとも・・。

 

なんとか頑張って会話するしかない。

 

www.bunselfrealization.com

 

www.bunselfrealization.com

 

www.bunselfrealization.com

 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村