読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

感じてみる、今の幸せを 悩みからの開放

f:id:BunRyu555:20170227220111j:plain

悩む人考える人

 悩みで身を焦がす人は、自分は不幸せだと感じている。毎日が不幸だと考えている。

 そして、いつか幸せになる事を求め、もし、宝くじが当たったら、家が裕福であれば、

 幸せになれると信じている。しかし、毎日は不幸だらけだ。毎月の家計はとても苦しい。家族とはケンカが絶えない。仕事で上司に毎日怒られる。今日の占いは最下位。 

とにかく、毎日が辛いのだ。そして、実現不可能な空想の世界に入り込み。そして、家という枠に閉じこもり。社会という巨大な大蛇から身を守る。 もし、裕福だったら、

 もし、才能があれば、自分はこんな惨めな生活は送る必要がなかったのにと、自分の人生を恨んでみる。これが悩み深い人の人生だ。

 

私もこの種の人種だが、最近は、少しこのカテゴリに、嫌気がさして来た。何故なら、このカテゴリにいても、自分の大事な人生を楽しめないからだ。

 

考え方を変える

 よく心理学ででるのが、コップの水という考え方だ。コップには、水が少しだけ入っている。

f:id:BunRyu555:20170227214444j:plain

  

Aさん

 「もうたったこれだけしか水がない。将来が不安だ。もう駄目かもしれない。」

 

Bさん

 「まだ、こんなにも水が残っているありがたい。他に水がないか、井戸を掘れないか探ってみよう」

 

Cさん

 「ああ、水がコップに入っているね」

 

あなたは、どのタイプだろうか、Aさんだと、今も将来も大変だ。冒頭で述べたように、人生は暗いものとなる。Bさんは、現実を認め、今があることに感謝

しながらも、自分の頭と体を使って現実にチャレンジしようとしている。

 

この姿勢が一番人生を楽しめる。

 

そして、これは自分自身が考え方を変えていけば、誰でもできる考え方なのだ。

 心理カウンセリングの世界では、この状態を目指している。

 

ちなみにCさんは、今どきな人だ。ものごとを単なる対象物としかみない。興味が感じられない。まるで、バーチャルの世界にでもいるようだ。悩むでもなく、興味をもつでもなく。毎日をグレー色で過ごす。案外、現代は情報過多で、ものも豊富なので、

 こういう人は多いのだと思う。しかし、悩みも、喜びもしないという事は、心が老いているといわざるを得ない。どんなに年をとっても、心が若い人は素敵だ。どんな境遇でも、そういう人は目が輝き。まるで少年、少女のように若い。

 

では、どうやったら、Bのような状態を目指すことができるのだろうか。

 

小さな幸せを感じてみる

 一つの答えとしては、幸せを感じてみる事と答えてみる。Aの人は、自分の不幸のあまり、周りに起こる小さな幸せを感じないし、Cの人は、現実を白昼夢として捉えているので、楽しい事、幸せなことも感じる事ができない。それほど、心がマヒしている。

 だから、感じてみることである。大きな夢や、何かとてつもなく面白い事ではない。

 日常の幸せを探して、感じてみて、味わってみることである。

 

例えば、道を歩いていて、ふと春のにおいを感じてみる。パートナーの肌のぬくもりを感じてみる。優しい上司の温かい言葉を噛みしめてみる。小説を読んで、感動してみる。なんでもいい感じてみることだ。

 

そうしているうちに、自分は今、幸せだったのだと感じる瞬間はやってくる。

 

幸せは求めるものではなく感じる

  そう、大事な事は求めるのではない。必死に探すものではない。ただ、今ある環境をじっと見つめてみることだ。その中に幸せの種はちゃんと眠っている。多くの人は、忙しすぎて、心を無くしている。悩みを抱えて、自分の殻の中の世界に籠っている。そうではなく、今、ここをみてみることだ。そこに幸せはあるはずだ。不感症になるのではなく、ちょっとでも感じてみよう。もうすぐ春だし、気候も変わる。虫たちや花が春に向けて準備しているように、私たちの心も春に向けて開いていこう。そう、今ここに幸せは眠っていて、あなたが感じてみるだけで、それは小さな一輪の花を咲かせてくれるだろう。

 

まとめ

今日のひとりごとは、自分自身に言っている言葉だ。人は、悩みだしたり、日常に忙殺されると、今の幸せがみえなくなる事がある。実際に、最近の自分もそういう状態だった。でも、あらためて、今、幸せじゃんと考えてみた。そうすると、意外にも日常というのは幸せに満ちあふてている。私にも、転職失敗や体調を崩して大きな悩みを抱えている時期もあった。でも、ただ日常を過ごしたり、悩んで過ごすには人生は短いし、もったいないと感じる。失敗しても、次の動きをすれば、それは失敗ではなくなっていく。そうやって、今の幸せを噛みしめながら、次の挑戦をしていく。そのワクワクと充実感が、人生には必要なのだろう。

  

www.bunselfrealization.com

 

 

 

 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村