読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

IT業界の良いところを就活中の君たちに伝えてみる

f:id:BunRyu555:20170321225403j:plain

はじめに

 私もIT業界の端くれである、しかし、このブログでも散々業界の将来性のなさを書いてきた。それほど過酷だし、いわゆるブラック企業も多い。この手の話はブログやツイッタ―などをみていると豊富に出てくる。実際に私自身もシステム開発をしているブラック企業や下請けの派遣を経験してきて、この業界の暗黒面には心底落胆している。本当にこの業界には怒りを感じるし、この業界なんて選ばなければ良かったと思うこともたまにある。それほど嫌なのだ。

しかし、自分は転職してもずっとIT業界に携わっているのが事実なのだ。

なぜか?

よくよく考えてみると、IT業界にもいいところや人生を賭けたいと思うような部分はきちんと存在するのだ。これから就活をしていく学生さん達はたくさんいるだろう。その中でコンピュータが好きだから、コンピュータの専門を出ているからIT業界で働きたいと考えている学生さんは多いに違いない。そしてネットでIT業界の闇を検索し、不安と恐怖と、業界への落胆があるに違いない。確かにそういう現実はあるが、良いところもあるのだ。もう長年この業界にいるへっぽこ技術者の中年のおじさんが、若い君達にIT業界へ入って活躍してもらうために、重すぎる腰をあげてIT業界の良いところを書いてみる。

IT業界とは

 正直に言って広すぎて自分もよくわからない。よく聞く分け方が、SI業界とWEB業界の2分類だろう。転職サイトなどをみると大体、この2つのくくりが多いきがする。

(他にも分類方法が色々あるんで正直よくわからない・・・)

SI系って

 SIはシステムインテグレーションの略で、企業や官公庁などの業務に関しての基幹となるシステムを構築していく業界のことである。(情報システム業界ともいうらしい)

例えば、製造業を考えてみよう、部品補充発注、在庫管理、会計/総務人事、売上管理、仕入管理など、そもそもIT技術がなかったら業務はまわらない。企業や官公庁ももはやこれらのシステムがなければ業務は全くできない。そういう企業の心臓部ともいえるシステムを作る業界だ。この業界はいわゆるパッケージは少なく、企業の要件を聞き、一からシステムを設計構築していくことが多い。

また、業界の特徴としては、いわゆるIT土方と呼ばれるような、〇〇システム、〇〇システムソリューションなど電気系や鉄鋼系など超有名大企業の冠がついたグループ会社がSierとして頂点に君臨し、その下に下請けの会社が続く構図となっている。アメリカなどではなかなかお目にかかれないような、日本独特の構図といえよう。察しが付くと思うが、ピラミッド社会で会社ごとに序列があるような構図だ。下の層に行けばいくほど、弱小な中小企業がうようよいる。私もこの業界に所属しているものだ。

WEB系

 インターネットの技術をベースに、WEBページを使った顧客向けのサービス(例えば、クックパットなど)の提供や、フェイスブックやLINEなどのSNSサービス、YAHOOやGoogleなどのポータル、検索サイト、楽天やアマゾンなどのECなどが存在する。だが一般的にWEB系といえば、一番上のWEBページを使った顧客向けのサービスを指すことが多い。特にWEBサイトの構築業はたくさんの中小企業がうごめいている。

ぶん流おじさんからみた印象

SIは縦社会や序列が強く、技術も古臭いのが多い。未だにCOBOLやVB6.0系やもはや聞かない言語などを使っている企業も数多く存在する。最近、JAVAでリプレースするのがとっても流行っているので、JAVAをやりたい人にはいいかもしれない。また、技術的なスキルが低い人はSIではなくWEB系に転職してしまうので、スキルで勝負したい人にとってはチャンスではある。また、企業のコストカット意識が非常に強く、基幹業務へのIT投資であっても、最近では受注額は低く抑えられる傾向にあり、それが、SI企業の技術者や、もっと下の下請けの技術者の給料に直結する構造となっている。ピラミッドの下の方に行けば行くほど、給料は低い構造だ。(下請けの末端の企業に入る事は正直おすすめしない。)

WEB系はやはり先進技術を多く使えるし、自動テスト手法などもGoogleを中心に革新的な方法が数多くあり先進的だし、アジャイル開発といった手法も取り入れやすい、SI業だとやっぱりウォーターフォールが中心(仕方ないのだ・・)で、なかなか昔の古き良き時代を思い出してしまう。

まあ、そもそもSIが受け持つ、業務システムはWindowsが急激に伸びた98~2000年に各企業がこぞってシステム投資したものが多い為、技術的に古いものが多いのだ。バブル崩壊やサブプライムローン問題でIT投資を追加で行い、システムを入れ替える事ができなかった事が古いシステムが多い要因だろう。また、先に述べたように企業のIT投資へのコストカット意識は強い傾向の為(サブプライムローンの問題の時から急激にその傾向は強まった)どうしても受注額が下がり、納期もタイトになる。

一方、WEB系はGoogleを中心に最近になり、技術革新が起こってきた分野なので、プログラミング言語も比較的新しいし、導入する企業もはじめて入れるという場合が多いから、なんでも先進的で新しく感じる。そういう先進の技術を追うならWEB業界はおすすめであろう。しかし、小さなWEB企業で大したビジネスモデルをもっていない企業も存在するがそういう会社には将来はない。しっかりとしたビジネスモデルと理念をもった企業を選ぶべきだろう。

ただ、SI業は基幹の業務なので、業界的になくなることはないし、企業の投資額もデカいので需要がなくなるという事は考えにくいし、技術者の採用も積極的ではある。だから、これから就活するならこの業界は入りやすいだろう。でもスキルに自信があるなら、WEB業界の方が面白い。

だが、どちらも楽しさがある。基幹を担う社会的な使命感、お客に面白い革新的なWEBサービスを提供するというワクワク感。結局はあなたが何を信念として企業選びをするかで選ぶ業界も変わるような気がする。

さて、次にIT業界の良いところを列挙していきたいと思う。

常に新技術に出会える

 ITは毎年の如く、新しい考え、新しい言語が出てくる。みなさんはたけのこ狩りをしたことがあるだろうか、竹が強い生命力で、あっちこっちから芽を出すように、ITの技術もニョキニョキと出てくるのだ。Googleやアマゾンなどのアメリカのシリコンバレーの先進的な企業群はもとより、世界中の技術者の技術の粋を集めた非常にレベルの高いオープンソース群などあっちこっちから新しいものが出てくる。

技術者としてこれほどワクワクすることはない、常に新しい技術に触れ挑戦できるし、やろうと思えば、オープンソースのプロジェクトに参加するなど世界的な輪の中で活躍さえできる。

もちろん、国産のプログラミング言語のrubyの開発者だってできるのだ。(私には到底無理だが・・)そういうワクワクがある。

ものづくりの楽しさ

 私は過酷なSI業の中で、底辺に近い技術者派遣で生計を立てているのだが、この年になって思うのは

やっぱりものづくりは最高に楽しい!!!

そういう事。楽しいんだよ何かを作るって。昔、ガンプラ作ったり、ミニ四駆を一生懸命改造して遊んだけど、その時の純粋な楽しさがあるわけ。自分が組んだプログラムが上手く動いて処理が流れたり、人に使われたりするとすごく誇らしく感じるのだよ。子供の時からのものづくりのワクワク感は大人になっても終わらないのだ。

チームで働くおもしろさ

 クソみたいなプロジェクトはもちろんあるのだが、プロジェクトに入りチームで同じ目標に向かって製品(ソフトウェア)を作るって素敵なことなんだぜ~。みんなで悩んで検討して、問題を一つ一つクリアしていく、そんな中で、嫌いな奴とも変に仲良くなったりして、やっぱり辛いけど、でもでもチームで働くって面白いんだよ。だから止められない。それに、一人では到底できない課題もチームならクリアできたりする。人間の力って改めてすごいって感じる。IT業界ってプロジェクト制だし、チームで働くことばかりだからその面白さを十分に感じることができるよ。

勉強が好きだから新技術の勉強も好き

 IT業界は勉強ばかりしなければならない。ITの資格試験は国家資格(基本情報処理など)をはじめとして、数多くの民間の有名資格(例えばオラクル、JAVAなど)がある。ほとんどの企業もそういう資格を取ることを推奨しており、IT業界の人間は本当に資格の勉強ばかりすることになる。でもでも、最初はそういう勉強が嫌いでも長年やっていくうちに慣れて好きになる。勉強が好きになるのだ。勉強を一生していきたいという勉強好きな人間にはあきることがない業界なのだ。

社会インフラを支えるという自負

 これはSI業界の方が強いかもしれないが、最近はWEB系もSNS、ポータルなどは、本当の社会インフラになっている。だから、サーバーやソフトウェアの障害でダウンする事は許されない思い使命がIT業界にはある。社会のインフラを支えるというのは、IT業界の技術者にとって誇りである。そんなインフラを触れる業種は他には少ない。私たちIT業界の技術者にはそういう気高いプライドがあるのだ。

急成長の会社が多い

この部分はSI業界よりもWEB業界が当てはまることだが、IT業界は固定費よりも変動費の方が多く、初期投資が少なくて済むため、損益分岐点も低い。だから、成長も度に入ると一気に上場まで行ってしまうのだ。最近でいえば、フェイスブックやLINEなどがそうだろう。ものすごい勢いで拡大してしまう。そういう急成長する可能性に賭ける面白さがこの業界にはある。

就活中の君たちは大企業志向だろうか、まあそういう凝り固まった企業に入るのもそれはいいだろう。きっと大事に君たちを育ててくれる。でもすっごく大変だけど、新興企業、ベンチャーなどに入ってみるのも面白い。私もそういう部類の企業にかっては勤めていたが、無茶苦茶キツイけれども、ものすごい楽しかった。そういう企業に出会えやすいもIT業界の良さといえるだろう。

給料が比較的高い

 何年か前、家を買うため、銀行で住宅ローンを組むときに、転職しているわりには、給料がぶんさんは高いんですね、ひょっとしてIT業界の方ですかといわれた。それではじめて平均よりも年収が高いこと、転職しても年収が下がりにくい職種なのだと築かされた。そうIT業界は給料が比較的高いのだ。普通のサービス業に務めるよりははるかに高い。もちろんコンサルタント業界や外資系には到底かなわないが、平均よりは高い。その理由はITは原価が人件費が大半であり、他に投資コストがあまりかからないことが原因だろう。だから、給料を高くする元が多い。また技術職だからスキルが高かったり、上位の有名資格を取ったりすると給料はあがりやすい。そう腕次第では給料はどんどん高くできるのだ。(それでもアメリカのシリコンバレーは鬼のような給料の高さで、日本は雀の涙ほどだろうが・・・)

転職がしやすい安心感

 最近は、某超大手の東京にある総合電機メーカーの経営危機が盛んにテレビで放映されている、もしリストラがはじまれば、大手企業であんのんとし、安心して働いていた人達は本当に悲しい状態になってしまう。実際、沢山の大手電機メーカーがリストラを行っていった。そこに務めていた人達は、なかなかいきなり転職は難しいだろうと思う。社会的なセーフティーネットはある程度はあるだろうが、年齢が上がれば上がるほど難しい。この点IT業界にいれば技術が身についており、しかも転職しても年収は変わらずに直ぐに即戦力として活躍できるので安心である。今から就活をする若者はこのいざという時に自分が食っていけるかどうかをよくよく業種選びの際に考えておかなければなるまい。大手だから安心という時代ではもうない。自分がどこでもやっていけるスキルを身につけているかどうかをきちんと考えておくべきだろう。

また、ブラック企業に運悪く入ってしまった場合も、IT業界ならプログラム経験が1年以上あれば大体、他のITの会社に就職することができる。確かにIT業界もブラック企業率は高いのだが、さっさと辞めてしまって転職しても案外やっていけるのだ。私自身も間違ってブラック企業に入ってしまったが、すぐに退職して、すぐに次の転職先が決まった。普通の業界ならなかなかそれは難しいだろう。そういった意味でも、ブラック企業に足をつっこんで辛い思いをしても、すぐに逃げ出すことができるという安心感がある。

どんな業界にも入り込める

今の世の中、IT技術をつかっていない企業はほとんどないといっていいだろう。(零細企業は紙運用あるかも)だから、ITスキルをもっている技術者はどの会社にも入り込める。その方法は客先常駐のこともあるし、その会社の社内システムエンジニアとして入りこむ余地もある。そう考えれば、例えばあなたがファッションが好きならファッション系の企業の入り込めるのだ。実際に私もこの業界に入って沢山の業種を経験させてもらい、それぞれの業界の差を感じて、驚きと面白さを味わったものだ。IT業界はそういった色んな業界をみれる楽しさがあるのも見逃せない事実だろう。

終わりに

IT業界は素晴らしい。過去のブログで何回も将来がない業界とか書いたけど。とにかく素晴らしいし、一生をかけてもいいぐらいの価値はある業界なのだ。確かにブラック企業も多いが、そんなんサービス業や製造業でも多くあるから同じだろう。徹夜が多いとか休日出勤が多いとかも確実のIT業界は存在する。しかし、それも企業を選んでいけば、回避できるのだ。それよりも、社会インフラを担う、ダイナミックな仕事ができる点や、手に職をつけてどの企業でも渡り歩ける強みを忘れてはなるまい。特にSI業界なんて本当に人気のない業界だけど、もしIT業界を目指しているなら、試しに受けてもらいたい。SI業界では新人から丁寧に教えてくれる企業も多い。(特に大手は)だから、受けてもらいたい。WEB系は華々しいけど、SIで育ててもらってから転職するのでも遅くはない。

自分の人生なのだから、最終的には自分で決めてもらいたいが、IT業界の良いところも知りながら悪いところもしっかり把握して入ってきてもらいたい。この業界に入る若い人達が次の日本の、いや、世界の発展に貢献してくれることを、この中年のおっさんは願わずにはいられないのだ。

私はIT業界にいたから、いつも勉強する癖がついたし、頭も回転させている。どんなにきつくても志を失わない強い思いをみつけることができた。だから、躊躇せずに飛び込んできてもらいたい。いやなら転職すればいいのだ、転職しやすいIT業界なら簡単にできる。ただできるならその前に自分のスキルをどんどんUPさせて生き抜いていってもらいたい。健闘を祈る!!!

ここまでおじさんの長い話に付き合ってくれて、ありがとう。若人よ!!

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村