自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

口が悪い人が話すと自分への批判と思う

f:id:BunRyu555:20170529222349j:image

批判する人

どの会社にも人の批判をする人はいる。

先輩「ぶん流さん、こんな事も出来ないの」

私「すいません」

先輩「ぶん流さん、早く仕事やってくれる」

私「すいません」

こんな感じの毎日をやっていると、ちょっとした会話でも身構えてしまう。

ちょっと名前を呼ばれるだけでも、ビクビクしてしまう。

もう中年のおじさんなのに、心はガラスの少年なのだ。

今日もなくなく先輩の命令に従う。

今日は

今日もまた「批判されている」と疑心暗鬼になって落ち込んでいると…。なんか違っていた。

よくよく話のないようを聞くと、実は別の人の事を話していて、しかも批判ではなかったのだった。

なんと私をフォローした内容だった。

てっきり他者批判をまたやっているんだと思っていたので、正直に驚いた。

あの先輩は、そういう優しい面もあるんだなとちょこっと思った。

中年と呼ばれる年まで生きてきたのだけど、いまだに人とは分からないものだ。

反省

ちょっと最近仕事が上手くいかない事もあって、しかも新しい職場への配属ということもあって、最初は、みんな自分の敵だと思っていた。実際に発言も厳しいものだと感じた。

でも、それって自分が心を開いていなかった結果だったんだと反省した。

同僚もどんな得体の知れないおやじが配属されるのか身構えていたに違いない。

そして、私は無表情でツンツンしているから、相手側も怖かったのだ。

正に鏡の法則、自分の心の中にあるツンツンが伝染し、相手もツンツンしたのだった。

もう、中年のおじさんなのに、こんな人間関係の要諦もわかってなかったんだなと思った反省した。

もっと早く心を開いて、深くその人の事をしれば、その人の良さにも早く気づいただろうし、相手も心を許したに違いない。ああ、早く気づいていたら、こんなに毎日苦しまなくて済んだかもしれない。

明日から変わろう

批判的な人だけど、いい人なのだとわかった明日からは、怖いけど勇気を出して、ニッコリ微笑んで話をしてみよう。

中年のおじさんでもこんなで悩む。

人間って悩みが尽きない。

でも、それだけではないということ。

ちょっとの勇気をもって別の視点を持てば、きっと世界は温かさに満ちている。

そう思う。

ここまで読んでくれてありがとう。

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村