自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

ネチネチ上司の攻略法を8つほど考えてみる 会社の人間関係

f:id:BunRyu555:20170618094027j:plain

 はじめに

ネチネチ上司の下に配属されるととっても辛いですよね、ちょっとしたことでも監視されている気がして、少しでもミスしたらネチネチ小言をいわれて嫌な思いをしてしまいます。

私も以前、ネチネチで有名な上司の元で働いていましたが大変な思いをしました。

今日はネチネチな上司の攻略法を暇なので考えてみたいと思います。

①ミスをしないようにする

ネチネチ上司は人の弱い部分につけこみますので、ミスをしないようにするのが先決です。

とはいえ、ネチネチが怖くて、空回りして仕事の失敗の確率が上がったりするものです。

なかなかミスをしないというのは現実的ではないかなと思います。

ですが、きちんとメモを取ったり、スケジュール管理を徹底したり、あいまいな部分は上司に確認を取ったりとやれることは多いかなと思います。

②無視する

「ぶん流はいつも言うこと聞かないな、この文章を修正しろと言っていたはずなのになあ」と小言を言われても、「スイマセン」と一言いって、無視する。

声をかけられても、話しだけ適当に聞いて、無視する。

とにかく無視する。

まあ、ビジネスなので、一応は形だけは上司の言うことは聞いたふりして、心の中では上司をひたすら無視する。

この態度は相手につたわてくるもので、ジワジワと相手を追い詰めます。

ですが、自分もジワジワと仕事で不利になったりして、追い詰められるので消耗戦になります。

消耗戦になって先に負けるのは弱い方です。

一般的に上司の方が立場も精神力も上なので、負けるのは自分だったりします。

よほど精神が強い人でなければ、無視で天下をとれることはないでしょう。

自分が責任を取り辞めざるをえない状態になるため、リスクが高くおすすめしません。

まあ、失うものなどないという強気な人はやってみてもいいのかもしれません。

もし、闘いに勝てたなら、その部署の裏のドンとして君臨できるでしょう。

③笑いをとる

上司がネチネチいったあとの、職場の雰囲気を変えるために、笑いをとります。

笑いをとったら、自分も怒られた同僚も気が晴れてすっきりします。

しかし、上司は、「フン」とつぶやいてそれっきりです。

上司には通用しないようです。

まあ、でも周りの雰囲気が良くなれば、自分も働きやすいので、上司の空間の洗浄はやめて、それ以外の空気の正常化を笑いでとりましょう。

④結果を出す

実際は、これが仕事において最強の武器です

会社は結局は結果がすべてを決めます。

結果がでれば、ネチネチ上司も一目置いて仕事を任せてくれるようになります。

そうすれば、嫌な上司の縄張りの中に、あなただけの独立国を作る事ができます。

でも、結果を出すのは、才能と工夫する努力だったりします。

なかなか平凡サラリーマンが結果を出し続けるのは難しいものです。

⑤逆ギレする

ネチネチ上司のネチネチ攻撃をMAX受けてしまうのが、逆ギレです。

一見、感情を爆発させると、相手もハッとして攻勢を弱めてくれるような気がしますが、相手はネチネチタイプです。

一度、あなたの逆ギレをみて引いたようにみせかけて、悪い所を整理します。

そして、ネチネチ攻撃をあなたが落ち着いて、弱ったタイミングで仕掛けてくるでしょう。

⑥ホウレンソウを徹底する

ネチネチ上司の攻略法として、私が実際にやっていたのは、とにかくホウレンソウという、美味しくないビジネスツールを多用する事です。

とにかく細かい事をネチネチいう上司でしたので、何かあったら逐一報告して、相談していました。

そうすると、そういう細かい上司は安心するのです。

元々、ネチネチ上司というのは頭が非常に良くて、かつ、心配症で、わがままだったりするのでホウレンソウ攻撃は効果を発揮します。

でも、自分で仕事をやってる感が全くなく、仕事はだんだんと詰まらなくなってきます。

ですので、短期決戦で早く結果をだし、上司の元を去るために、敢えてそうするという戦略が効果的でしょう。

⑦失敗しても言い訳をしない

ネチネチ上司の攻略が下手な人ほど、失敗の時に言い訳をします。

自分の身を守るために、細かく言い訳をしてしまうタイプの人はネチネチ上司との相性は最悪といえます。

私は、さっさとスイマセンと言って謝罪して、上司の指示を仰ぎます。

というか、ネチネチタイプってプライドも高いので、まず相手を謝らせて、小言を言い、有り難い細かいアドバイスを部下に授けると納得して安心してくれます。

ちょっと面倒ですが、言い訳をせずに、そのプロセスが過ぎるまでずっと待つと、天国はやってきます。

ネチネチ上司に悩んでいる人は、自分の我を通して言い訳をしないことです。

所詮仕事なのですし、階層社会の下なのですから、素直に上司の言う事を受け入れて自分の考えを捨てるのが良い結果を生みます。

(とはいっても、自分の価値観を否定されるような事には妥協すべきではないと思います。そういう場合は退職を覚悟して徹底抗戦します。わたしなら。)

ネチネチ上司の攻撃する隙を与えないことが重要です。

⑧退職をチラつかせる

ネチネチ上司の毎日の連続攻撃に疲れてきたら、この手を使うのもありだと思います。

しかし、このカードはあまり使うと、また退職したい?このヤローとなるのであまりおすすめしません。

まあでも、あまりネチネチが酷い時には、会社を休んで、退職を考えますと言ってみてもいいかもしれません。

現実的には

現実的にはどうでしょうか、ネチネチ上司の攻略法は色々上記の対策をやってみた結果、ムリだと思ったら退散してしまう事が一番ではないかなと思います。

その上司の性格をあなたが変えるのは難しいですし、もうこれ以上対策を色々考えても精神的に疲れてしまうだけだと思います。

この上司とは無理、合わないとあなたが倒れる前に見切りをつけましょう。

所詮は人間関係の問題ではありますし、ネチネチ上司の下では過去何人も退職したり、休職したり、移動願いを出した人がいるわけですから、会社もあなたが上司に耐えられないからといって、そんなに咎める事はしないものだと思います。

(会社も馬鹿ではないのでうすうす気づいていたりします。)

まあ、もし、咎める会社があったなら、まともではないので、そんな会社は辞めるということも考慮するべきでしょう。

思いつめるまえに

大事な事はネチネチ上司の下で思いつめてしまわないことです。

正直、色んな会社に転職しましたが、どの会社にもネチネチ上司はいるものです。

結構な確率で当たります。

ネチネチ上司はあなたの人格さえもその狡猾さを武器に否定してしまうかもしれません。

あまり耐えられないなら、まず会社を休んでみましょう。

そうしたら、まともな会社、まともな上司ならちょっと反省して攻撃の手を緩めてくれます。

正直、会社で人が一人辞めるだけでも、相当な痛手なのです、だから、ちょっとは反省してくれるでしょう。

それでも、嫌なら会社を辞めてしまう決断も必要です。

必ずしも会社を辞めて、転職が直ぐにできる保障はありません。

むしろ私のように転職をして、ブラック企業にあたったり、派遣で飛ばされる運命になったりと嫌な事も多くなります。

でも、環境を変えることで、辛さはありますが、思わぬ幸運も降ってきたりするものです。

それに自分の心身を壊してしまったら、なかなか回復までに時間を要してしまいます。

私は精神よりも体にきて体調を崩しましたし、周りで精神にきて苦しんだ人もいっぱいいます。

そうなる前に、退職を考えるということは、今の時代では大事な事ですし、当たり前だといえます。

おわりに

私の経験上は、ネチネチ上司の下についた部下が辞める確率というのは上司のタイプの中でNO1だと思います。

それだけ、小言というのは相手に対してのダメージを多く与えてしまうものです。

マシンガンのように攻撃し、ホッとする隙も与えず、相手の逃げる場所をなくしてしまいます。

そして、それが毎日になるとちょっと精神的に来てしまいます。

なのに、世の中にはそういう小言をいう上司が絶えません。

ドーンと怒鳴る上司というのはパワハラの問題もあるし、最近は減ってきていますが、このネチネチ系というのは、頭が良いので、パワハラ発言を上手に避けていくのでタチが悪いタイプです。

ただ、そんなに転職を繰り返すわけにもいかないので、こういうタイプの元にあたった場合でも上手に攻略する手立てを考えていかないといけません。

今回考えたなかで、私がおすすめするのは、とにかくネチネチ上司の手足となってホウレンソウをこまめにやって、小言を言われなくするやり方です。

正直メンドウだし、仕事やった気がしないですが、自分の身を守り、家族を養う立場としては、それでも会社にしがみついてやっていかなければなりません。

まあ、会社員でなくて、フリーランスになったとしても、契約上でそういうネチネチタイプのお客さんがいても退散できない時もでてくるものです。

上手に対策を考えていけば、ネチネチ上司というのも攻略できるものだと思います。

まあ、一緒に働きたくはないけど。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村