自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

就職で会社員を選ぶという選択は正しいか


f:id:BunRyu555:20170703232709j:image

 なんで残業

日本の会社員はなんでこんなに毎日残業してるんだろうと思うことはあります。

でも、それは社会の問題なのではなく自分が選んだ道なのです。

自分は会社員として生きようと決めて残業が多い会社を選んだのです。

技術者なのでフリーランスの道もきっと選べたのだと思います。

でも、自分はフリーで家族を養うのは難しいと感じ止めました。

沢山、本を読んだり、ネットで調べたり、フリーランスの人に会ってみて、自分には厳しいそう感じたのでした。

それに、良い面で捉えると、私は小さな組織や、フリーランスとして個人で働くよりも、大きな組織の中でこそ、生き生きと働けることに残念ながらも気づいたのでした。

自分は大きな組織の中でこそ輝けるのです。

それは、社畜でしょう、IT関係ブラックだからヤバイでしょう。

そんな思いをしなければならない会社員なんてキツいよ、やってられないよ。

確かにそうなのかもしれません。

でも、それが自分のいきる道だと私は気づいたのです。

転職し、色んな会社をみて、色んな人をみて、

自分の向き不向きに気づいたのです。

小さな会社に転職した時は、全く評価されず、自分も混乱して実績を出せず、失意の中で退職していった事が、大きな会社に転職した途端に、周りから信頼され、少しずつ実績が出始めたのでした。

やはり、人間向き不向き、適材適所はあるものです。

会社員を選ぶ

会社員は家畜や奴隷と捉える風潮のなか、自分のように自分の意思で、会社員を選ぶという愚行を冒す人間もいるのです。

今では珍しい人種なのかもしれません。

会社員だと残業で家族との時間はあまり作れない事が多いです。

収入は安定しますが、給料はたいしてもらえないでしょう。

そういう悪い部分があったとしても、一人の会社員として、組織の中でなんとしても成し遂げたいことはあるのです。

それは、一人の力ではなく、会社の組織の機能をフルに使ってしか成し遂げる事ができない社会を支え、イノベーションを興す大きな大きな仕事なのです。

例え会社員で終わったとしても、絶対に自分の人生に後悔はしません。

きっと誰よりも幸せな人生になるはずです。

会社員でも幸福は掴めるのです。

もちろん、自分も、あの有名な、「金持ち父さん、貧乏父さん」の著者ロバートキョサキのいう金持ち父さんにあこがれはあります。

誰も貧乏父さんにはなりたくないのです。

それをわかった上で、自分は会社員がやはりいいなと感じるのです。

それもいいですよね?

もう、中年のオヤジだから、自分の人生を定めてもいいよね?

そうたから、今日も私は残業して頑張るのです。

仕事なんて人生の暇潰しかもしれないけれど、立派に会社で最高の暇潰しをしてみせる。

なんで熱く書いてんだろ、淡々とわが道を行くだけなのにね。

 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村