自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

家庭の心理学 返報性の法則~感謝は続くよどこまでも♪~

f:id:BunRyu555:20170715162704p:plain

はじめに

最近、ちょっと人のいい部分をみるようになってきたと思います。

ありがとうという事が多くなってきました。

会社自体がそういう環境にあるせいか、自分も怒ったり、相手の悪いところをみるよりも良いところをみて、感謝するようになってきたのだと思います。

そういう習慣は、家庭でも良い循環を呼んでいると思うし、実際に夫婦喧嘩も以前のようには頻繁ではなくなったと思います。

以前に務めていた会社は相手を軽視した職場でしたし、働いていて感謝をされる事もなかったような冷たさを常に感じ、孤独を感じるような会社だったと思います。

確かに、いつもありがとうとは言っていたような気はしますが、口先だけで目は冷たい目をしていたように思います。

最近、思うのが、どの会社に入るかあるいみ運命というものを形作るというのもあるのかもしれません。

相手の良いものをみる環境か、悪いところを突いて蹴落とす環境なのか、どの会社を選んだかで、人格形成さえも変わってくるように思えるのです。

そういう意味では、転職する理由として、人を軽視し、蹴落とし、ゴミのように使い捨てにする環境から、人を大事にする環境へと移っていくというのはありなのかなと思います。

ですが、一方で今の環境を自分から変えていくというのも大事なことではないかなと思うのです。

周りを変えていくことで、自分の環境をもっとよい、居心地の良い環境にしていくことも可能ではないかと思うのです。

その一つの重要なツールが「感謝」だと思います。

感謝をするといい事が来る

感謝をするって大事だと思います。

自己啓発書を読んでも、感謝をしましょうと書いてあります。

実際に、人に感謝をすると気分はいいですし、何か相手も私もなんか根本的な所で理解しあったような気がするから不思議です。

それがいいことか?

どうでしょう、自信はありませんが、私の考えとして、いい事というのは小さなラッキーやこういった人と人との間の温かさ(感謝)の蓄積なのかなと思うのです。

そりゃー宝くじ当たったりとか、ハワイ旅行が当たったら素敵なことなのだと思いますが、私がいういい事とは人生の中での幸福を意味しています。

だから、ちょっとだけいい事の積み重ねが人としての幸福につながっているのではないのかなというのがぶん流の理論だったりします。

相手が感謝することをしてくれない

こういう風に感じている方もいらっしゃるかもしれませんね、相手がいい事をしないから、感謝をすることなんて、一日の中でいっかいもないわい。(怒)

まあ、まあ、お気持ちはわかります。

私も、以前はそんな感じでした、特に部下を抱えて大企業で大活躍(苦笑)をしていた時は、なんで部下が自分の思うとおりに動かないんだとガミガミ怒っていました。

そういう時って、全く感謝が生まれないんですよね。

こう考えてみてはどうでしょうか?

常にスタートは自分から!

返報性の法則という言葉がよく心理学で使われます。

正しくは好意の返報性という理論(うる覚え)で、自分が好意をもって相手に接していくと不思議と相手も自分に好意をもって接してくれるという法則です、簡単にいえば。

よくよく考えれば、お店にいってとっても感動するぐらいの接客をしてくれたら、一日いい気分になって、しかもそのお店の商品がとってもおいしかったら、絶対にSNSにその事を書いたり、友達や家族と話したりして、自分もリピーターになってしまうし、噂が噂を読んで、その店に大きく大きく返ってくるものですよね。

世の中にはそういう誰もが知っているが、なかなか実行しない法則があるものです。

それが、好意の返報性です。

で、私はこれを感謝という言葉に置き換えて論じているのです。

話はそれましたが、お分かりですか?

常に自分が出発点なのです。

相手がやってくれないのではなく、自分が相手の良い点、頑張っている点をみて、感謝をするのが大事なのです。

最初は無理をして相手の行動を観察して、感謝することから始めます。

慣れてきたら、自然に感謝ができるものですし、ありがとうが口癖になります。

スミマセンは駄目

私が体を壊したとき、非常に派遣先で苦しんだ時期でした。

その時の口癖は、スミマセンでした。

常に、お客にスミマセンといってました。

ありがとうという場面でも、スミマセンでした。

スミマセン、スミマセン、スミマセンと口癖のようにいううちに、体調不良となりました。

もっといいことに目を向けてみる

最近の自分は、もっといい事に目を向けています。

だから、どんどん感謝することが出てきます。

仕事で相手が失敗しても、その後にちゃんと失敗を挽回してくれた時に、感謝を言います。

何か面倒事をやってくれた時も感謝しますし。

そもそも、その仕事をやってくれている事に感謝します。

そうやっていくと、仕事場は感謝する事しかありません。

家庭でも、家に帰って妻が食事を作ってくれています。

それだけで、とっても幸福を感じて感謝できるようになります。

掃除をしてくれています、とっても感謝です。

仕事で疲れた時の話し相手にもなってくれます、感謝です。

家でさみしい思いをしません、感謝です。

一緒にドラマをみて色々と話します、感謝です。

という風に、常に相手のあら探しをするのではなく、感謝の視点でみていくと人生はバラ色のように素晴らしいものになっていきます。

そういう風になっていくと、仕事も楽しいものになりますし、家庭も幸せな場所になります。

もっとできたことに目を向けてみる

相手の良い点だけではなく、自分の良い部分、出来ている部分に目を向けることも重要です。

相手を批判的にみる人の特徴は、自分に自信がないことにあると思います。

心理学的にいうと自己肯定感が低いということになるかと思います。

つまり、自分を肯定できる考え方、価値観をもってないという事です。

まあ、もっと簡単にいうとつまり自信がないのです。

自分に自信がないと、相手に対しても批判的になります。

だから、相手も返報性の法則で、あなたをイジめたり、あなたに辛い言葉を投げかけてくるようになります。

だから、そうなっている人は、感謝をするという習慣の前に、自分のいいところをみるようにしましょう。

もっと具体的なアドバイスをすると、自分が出来たところに目を向けてみるのが大事です。

今日はちょっとだけ、お菓子を我慢したやった!ダイエット成功!!

今日は掃除を少しだけ頑張った!私偉い!

今日はちょっとだけ料理をおいしく作れた、すごいぞ自分!

今日は温泉につかって幸福!なんて自分は幸せなんだろう。

今日は仕事で頑張って残業した、課題達成!おめでとう自分。

今日はちょっと早く会社にでて、超集中して仕事を全部終わらせた、スゴイぞ自分。

今日はトラブルを解決した、なんてすばらしい技術者だ俺は!

という風に、日常の色んなところで自分をほめてあげましょう。

そうすると、自然に自分に自信が生まれ、相手のいいところもみえるようになってくるから不思議なものです。

感謝の無限ループ

自分に自信をもちながら、相手の良い面に気づき、感謝をしましょう。

そうやっていくと、返報性の法則が働きはじめて、無限ループとなります。

感謝が続きます。

あなたの周りで会う人会う人から感謝されます。

感謝され過ぎて、涙が出てきます。

とっても嬉しい。

とっても幸せ。

何て素晴らしい人生なんだろうと思うはずです。

その瞬間あなたは世界一幸せな人になります。

環境を排除する必要性

感謝の返報性は今例えブラック企業に勤めていたとしても使えると思います。

しかし、会社全体が負のオーラに包まれて、経営者から末端の社員まで暗黒面に支配されていたら、今のあなたの感謝の力だけで、太刀打ちできないかもしれません。

そういう時は転職やフリーを目指します。

もちろん困難な道です。

自分は体調を崩すぐらいの苦難に直面しました。

ですが、あきらめずに感謝の道を貫いていくと救いの手が差し伸べられます。

それは何歳であろうと関係ありません。

あなたの人間性をきちんと評価してくれる会社は存在しますし、会社でなくてもそういう仲間やそういう団体は必ず存在します。

そういう何かに行きつく為に、今の環境を排除するという事も大事なことです。

私自身は環境を変える前と後では天と地との違いがあります。

もしあのブラック企業にいたら、あの派遣会社にずっと辛抱していたら・・・。

きっと一生暗黒な世界の中で、相手を罵って、自分を卑下して生きていったと思います。

そういう意味では、私は転職して人生の幸福を勝ち取りました。

そういう中でこの感謝というのも生まれてきたのかもしれません。

ですが、感謝というのが連鎖して無限ループしていくのもまぎれもない事実なのです。

まとめ

感謝の返報性を創り上げ幸福に自分を導くには、

①環境を選ぶ(会社、組織、団体などを選別します)

②自分に自信をもつ

③周りの良い事に気づく

④感謝する

⑤自然に感謝する

⑥周りから感謝される

⑦無限なループ

こういった手順が必要です。

①は今の環境を自分の力で変えていけるようであれば、選ぶ必要もないと思います。

しかし、人の暗黒面の集まりというものを変えるには、国を変えるよりも難しいのだと思います。

そういうものに飲み込まれるよりは、さっさと環境を変え、選別した方が吉とでることが多いものです。

 

今日書いた、感謝返報性は個人的な見解ですが、これを読んで身近な人のありがたさや、自分を大切にする気持ちが生まれ、もっと幸せを感じて頂ければ幸いです。

 

でもでも、私はあなたが読んでくれただけで、最高に幸せです。

ここまで読んでくれて本当にありがとうございます。

f:id:BunRyu555:20170715163720p:plain

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村