自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

退職を相談したら「とりあえず入社3年続けろ!」は時代に合わない。

f:id:BunRyu555:20170729163245p:plain

結論

入社後、つまらない会社に3年もいるのは無駄です。

自分を成長させ、自分のモチベーションも高い会社に入るべきです。

もし、今毎日仕事がとてもつまらないなら会社を変えた方が賢明だと思います。

理由①転職市場が活発

昔は、日本では、転職市場は熟していませんでした。

第二新卒とかいう言葉も昔はありませんでした。

だから、正直いって昔は転職はリスクが高すぎました。

だから、転職すると大変だとアドバイスもできたと思います。

しかし、今は、町中に転職サイトの広告や、転職フェアの広告が堂々と貼られています。

もはや、転職は完全に市民権を得ています。

転職希望者が多いだけでなく、沢山の企業が中途採用を積極的に行い、良い人材を日々求めているのです。

だから、転職が成功する確率も高いのです。

だから、つまらない会社を辞め、転職するのは利があることなのです。

理由②ブラックな会社が多い

バブル期は、ある意味日本全国皆ブラック企業のようなものだったのだと思います。

労働時間も長く、サラリーマンは時間を束縛されました。

24時間働ける事がサラリーマンの誇りだったと思います。

一方で会社も、社員を大事にしていましたし、社員どうしも家族的な温かさがあったと思います。

今はその家族主義的な面は薄れ、成果主義や効率的優先で利益が落ち込むとリストラも辞さないような企業が多くなっています。

そういう社会構造の変革の中から、社員をぞんざいに扱い、搾取するブラック企業が徐々に生まれて来たのです。

ブラック企業に、3年もいると生命の危機に陥る可能性がありますし、そんな将来のない会社に長く居ると、毒され、変な考え方を植え付けられてブラックな環境が当たり前になりよくありません。

つまりそのブラック企業流の洗脳教育を受けてしまいます。

そうなると一生そのスパイラルから抜け出せなくなりなります。

3年は長すぎます。

抜けられれなくなる前に、生命の危機を感じる前に辞めるべきです。

理由③就社ではなく就職の時代

今は、会社に就くというよりも、職を選び就く時代です。

例えば私はシステムエンジニアですが、会社を転々としても、スキルや経験値は上がって行きます。

その結果、給料は転職の度に増えていますし、対応スキルも上がっている事を感じます。

確かに一部の職種では他社に入っても通用しないものもあるのは事実ですが、基本的にどの職でも経験を重ねていけばエキスパートとしてやっていきます。

3年続けろ論の人は、3年間経理なら経理をやると一人前に覚えるという話をされますが、つまらないと感じてやる気がない仕事を3年もやっても、ほぼ能力はつかないものです。

その仕事を好きになって、本気でやってこそ実力はつくものです。

例え中年になっても、本気でその仕事が好きで、努力も本気でやるならば、いつの年齢でも実力は備わるものです。

嫌々やる仕事をずっと続けても、転職しても仕事ができない人になってしまうだけです。

そうなるよりは、自分が心からやりたいと思う仕事に就く方が効率的なのです。

理由④若者の心の変化

若者は、社畜という言葉がネット上で流行しているように、サラリーマンに価値を見出してはいないと思います。

ブラック企業が流行り、人を家畜のように働かせる会社やその制度に対して嫌悪感を持っているのは確かだと思います。

そういう中で、我慢して3年居ろと諭しても、価値観がそもそも違っているので、速攻辞めてしまいます。

だから、そもそもとりあえず3年続けろと言っても無駄なのです。

そんな価値観よりも、社畜やブラック企業に対しての嫌悪感が勝っています。

もし、とりあえずでも3年若い社員に続けてもらいたいならば、続けることができる環境を構築するのが先ではないでしょうか。

反論①経験論

一つの会社に長くいることが経験となり、スキルを磨く手段になるという古臭い論は未だに根強くあります。

でも、日本以外の国に行くと、経験は転職によって上がっていくという考え方が一般的だと思います。

実際に、転職をしていても素晴らしいビジネスエキスパートなアメリカ人とか沢山いますし、若いころ転々としていても、その人が何を学ぶかで変わってきます。

志がない逃げの転職ばかりしてたら、経験も何も生まれないとは思いますが、しっかりと反省をして、家で勉強をするなど研鑽を積んでいけば、一社でだらだら仕事をするより何倍も能力が付きます。

私もはじめて転職した際は、全く使えない人間で、新人よりも駄目と新人並みの給料にされたり、左遷されたりしました。

でも、転職し自分がやりたい仕事に就くことにより今は給料も増え、よくうちに入ってくれたねと言われるまでになりました。

反論②根性論

入社3年ぐらい我慢できない奴は、根性なしだ。

これこそ、時代遅れです。

我慢しろといわれて、嫌な仕事を続けても何も残るものはありません。

グータラ社員になり、転職市場でもその会社でも価値のないビジネスマンを生むだけです。

反論③負け癖論

負け癖がついて、次々と転職してジョブホッパーになる。

確かに私も転職を転々としました。

ですが、それは負けたのではなく、その会社に見切りをつけて、その会社では自分の人生をエンジョイできないと考えた末の決断でした。

そういう決断をしての転職というのは、いつか花を咲かせるものです。

苦難は味わいましたが、私は強気の転職をしていきました。

決して負け癖は尽きませんでした。

中には、自分のような決断をして人生の為に選択をした人ではなく、本当に嫌で逃げた人もいるかもしれません。

でも、逃げるなかでも人は学習するものです、必死に自分の人生を考えるものです。

その人がいつか考え方を変え、人生に対して真面目に取り組むようになれば、いくらでも人生は素敵に変わります。

私は負け癖だと批判してずっと会社にしがみついて衰える老木から樹液を毎月吸っている人達の方が負け組だと思ってしまうものです。

まとめ

入社3年も続ける必要はないと思います。

しかし、本当に自分がやりたい仕事や会社に出会った際には、少し辛くても3年は頑張ってみる方がいいと思います。

それだけ一つの仕事に集中するというのは力をつける事になります。

ただ、その集中する3年をやるのが今の会社でなければ絶対にダメということは全くないという事がいいたいのです。

自分がつまらないと思う会社にいても、全く、本当に何も残りません。

私は何社かそのようなつまらない会社にいましたが。

今、残っているものは全くありません。

ただ苦しい、悔しい思い出だけが残っています。

ブラック企業で給料もギリギリだったので、貯金さえも残っていません(笑)

大事なのは自分がこれだと思う会社や職で働くことです。

そこでちょっとだけ3年ほど我慢して集中して仕事をすれば、確かにその道のエキスパートになって仕事の結果を出せるようになります。

そう考えれば、とりあえず3年というのは正しい理論ともいえますが、時代が違います。今は永久就職の時代ではないのです、別に5回転職してその熱中できるところに行きつけばそれでいいのです。

それは一つの会社に留まるのに比べればリスクもあり、辛い選択になります。

家族も大反対すると思います。

でも、自分でリスクを負って決断したことは、必ず自分の実になります。

これは間違いありません。

ですから、どうか自分の内面を見つめて、自分の気持ちに敏感になり、自分の人生を選択してください。

私はあなたの人生に責任は取れませんが、きっと選択して選んだ道はいい道になると心から言い切れます。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

 

www.bunselfrealization.com

 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村