自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

「ああ、もうめんどくさい」の壁を超えろ!!

「めんどくさい」の壁

f:id:BunRyu555:20171008100048j:plain

「ああ、もうめんどくさい。」

成功の一番の敵は、実はこの「めんどくさい」の壁だと思います。

 

疲れてると、

「ああ、今日は疲れてるから、勉強はめんどくさいし、辞めよう」

 

困難が想像できると、

「ああ、あの頑固な営業部の部長へネゴするなんて、めんどくさいから、他の人に頼もう。」

 

眠いと、

「ああ、会社行くの面倒だから、休もう。」

 

アイディアが思い浮かばないと

「ああ、考えるのがめんどくさいから、ブログはお休みしよう。」

 

忙しいと、

「ああ、こんな顧客との値段交渉なんて、優先順位低いし、利益にならないし、めんどくさいだけだから、課長から言われるまでは、放っておこう。」

 

このように、日常めんどくさいの壁が至るところにでてきます。

そうやって、私たちは日常を何気なく過ごしているのです。

 

「めんどくさい」の壁の説明

「めんどくさい」は一種の壁です。

実は「めんどくさい」と思う時って、それが自分にとって大事な事であることが多いのだと思います。

しかし、頭では大事だと思っていても、心が壁を作ってしまいます。

それがめんどくさいの壁です。

本当は、大事な事だと頭ではわかっているのですが、心が受け付けずに、できない言い訳を考えだし、行動を抑制してしまうのです。

考えてみてください。

頭では大事だとわかっている事なのです。

つまり、大事なことなのです。

ということは、

めんどくさいの壁を超えるということは、成功への道につながっているということです。

実は、ものごとが上手くいく人と、いかない人との差は、このほんのわずかな差しかないのです。

そして、その積み重ねが、成功者と凡人を生むのです。

ちなみに、ぶん流は大のめんどくさがり屋です。

成功までの過程なんて、すぐに思いつきますが、そのステップを詳しく考えると、次々と課題が出てきて、めんどくさくなります。

だから、凡人として生きているのです。

これは必然です。

めんどくさいの壁を超えろ

f:id:BunRyu555:20171008100203j:plain

めんどくさいの壁を超えるには、それを自然なものにするしかありません。

つまり、習慣として行うのです。

人は習慣になってしまったものにはめんどうくささを感じないものです。

だから、成功者は必ず、めんどうなことを習慣にしてしまう工夫をしているものです。

どうしたら習慣にできるのか?

①好きな事をする

⇒自分な好きな事はいくらでもやりたいと思うので、習慣になりやすいです。

②他人にチェックしてもらう

⇒習慣になるまでは、誰かにチェックをお願いするのが一番です。なかなか自分では習慣は作れないものです。

もし、作れているとしたら、もうとっくの昔に成功者となっているはずです。

ですから、他人にチェックしてもらうのが一番なのです。

「めんどくさい」ばかり言ってられない

人生は有限です、永遠なんてありません。

ですから、私たちは生をまっとうするために、めんどくさいの壁を超えて、成功をつかまなければなりません。

成功とは、お金持ちになることだけではなく、幸せになるという事です。

成功者とは幸せな人です。

そうなるには、めんどくさいの壁を超える必要があるのです。

勇気をもって一歩踏み出しましょう。

何気なく過ごして、なんとなくな人生だったというのは寂しいです。

それは、何歳だったとしても乗り越えられる壁なのです。

乗り越えてみれば意外に簡単な壁です。

さあ、レッツ、クライミング!!

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村