元気なる×なる!Hitorigoto

日常で元気になるのに必要なことを、ひとりごとでつぶやいたり、記事を書いたりします。 ①つぶやき、ポエム②心理学③会社の人間関係(上司・同僚)④転職関連

【スポンサーリンク】

自分が信じた事に支配されていく

f:id:BunRyu555:20180224172019j:plain

まじめに働く事が正しいと信じた。

⇒遅くまで、残業をして上司の指示に従う。


遅刻をしてはいけないと信じた。

⇒電車が遅れたら、タクシー代を払ってでも会社に時間通りいく。


大企業に就職するのが正しいと信じた。

⇒精神的に追い詰められても仕事は辞められない。

評価されるのが正しいと信じた。

⇒評価のためなら手段を選ばない、相手を蹴落とす。


出世をするのが正しいと信じた。

⇒嫌な仕事でも、率先して頑張る。


相手の世話を焼くのが優しさだと信じた。

⇒やりたくない仕事を肩代わりして残業する。


上司の言う事は正しいと信じた。

⇒正しいと思わない仕事でも絶対に遂行した。


サラリーマンが正しいと信じた

⇒縛られた生活でも仕方ないとあきらめた。


そう、いつだって、自分が信じたことが、重りになる。

一度、信じたことは変えられない。

苦しい。

でも、変えられない。

そう固く決めたことだから。

それが、周りに教えられた正しさだから。

それを破るとどうなるかわからない。

きっと終わってしまう。

だから、変えられない。

破れない。

それがルールだから。

 

 

親が言ったから、

先生が言ったから、

上司が言ったから、

 

そうやって、人の心は縛られていく。

 

人のせいにしているが、それは本当だろうか?

 

縛ったのは自分自身ではないだろうか?

 

心は自由で広いはずなのに、真面目すぎて、

他人の意見で自分を縛っていく。

 

それは苦しいことだ。

 

そのルールを守れない相手に辛くあたるし、嫌悪感を感じる。

 

それは本当の自分ではないはずだ。

 

本当の自分を感じてみよう。

 

その温かい中心が自分の心。

 

自分の信じた事なんて破っていいんだと、

そう気づいたときに、

本当の優しい自分が表れてくる。

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村