元気なる×なる!Hitorigoto

日常で元気になるのに必要なことを、ひとりごとでつぶやいたり、記事を書いたりします。 ①つぶやき、ポエム②心理学③会社の人間関係(上司・同僚)④転職関連

【スポンサーリンク】

サラリーマンという負け組枠

 f:id:BunRyu555:20180321192503j:image

サラリーマンという負け組枠

なんとなく、サラリーマンが負け組と思えてくる。

上下のピラミッド。

理不尽な客。

単調な営業。

残業。

縛られたプライベート。

出世競争。

福利厚生への不満。

給料への希望のなさ。

バブル期のサラリーマンはあんなに輝いていたのに。

このサラリーマンの負け組感。

枠にはまった心地悪さ。

フリーに憧れる気持ち。

でもね、

そのサラリーマンの負け組という枠に、

なんの意味があるのだろうかと思う。

バブル時代は最高の働き方。

そして、

今は社畜。

でも、それは、

社会で、サラリーマンが負け組だと感じる人が増えただけ。

変わりにフリーランスにスポットが当たっただけだ。

その空気をまじめに読み、

サラリーマンの自分は負け組と思いこんだ。

それだけだ。

自分で作った枠。

負け組の本当

本当は、

サラリーマンで勝ち組に上るのも一握りだし、

フリーで安定した高収入を実現するのも一握りだ。

要は、どんな環境下であっても、少数が勝ち組であり、多数は負け組というのが事実。

そういう社会の枠の中で戦っているのだ。

枠から解放されたひと

だけど、その枠から解放される人もいる。

その人達は、勝ったわけではないし、

サラリーマンの人もいるし、

フリーの人もいる。

それは、心の持ちようを変えたひと。

勝ち組、負け組の枠を取り払ったひと。

今の仕事に感謝し、楽しむ自由なひと。

それは、誰でも成れる。

勝ち組、負け組の枠を捨て、自分の心に従うだけ。

心に従うと、環境は自動で変わるもの。

働き方は、サラリーマンのこともあるし、フリーの時もある。

社会の枠は人の心の中の溢れる情熱を止めることはできない。

そんなもの。

仕事が楽しい。

毎日が幸せ。

サラリーマンという負け組枠はまぼろし

サラリーマンという負け組枠は心の中でつくった、

ま ぼ ろ し。

負け組枠なんて、存在しない。

他人と自分を比べ背負った重いもの。

もう、そんな荷物なんて、降ろして、

心のまま、自然に。

道は不思議と目の前にある。

もう、そこに負け組なんてない、たとえサラリーマンでもね。

だって楽しくて、そんな事考える余裕なんて無くなるよ。

(ぶん流)

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村