自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

上司に一言いう方法 本気の自己実現

あなたの近くにもこんな上司いませんか?
leader_ibaru

やかましい上司、毎日のプレッシャー、細かいチェック

それで修正修正の毎日残業


もういや っ!

もう無理… 

そんな私も困ってます(苦笑) 

どうしても言ってやりたい!今日こそ上司にいうぞ!

でもでも、言えないのが人情ですよね…。サラリーマンって…。

そこで、思い出したのが、以前、心理学を独学で猛勉強したときにであった
アサーションという考え方です。

アサーションとは?☆

 アサーションとは、アメリカで生まれたコミュニケーションスキルの考え方
で、心理学や様々な要素から形作られたそうです。

■わかりやすく例で説明します。

 上司に主張するとき、こういうパターンがあるとします。

上司Nの発言
 「期限が迫ってる、わかってるだろうな。明日までだぞ!<怒号>」

①Aさんの答え

 Nさん、もういい加減にしてください。残業無理です、

 あなたは上司として尊敬できません

②Bさんの答え

 はい。わかりました。

 (もうイヤっ (ノ◇≦。) ビェーン!!)

③Cさんの答え

  明日に期限が迫っていて、私もあせっています。100番目の課題で終わり

 品質も確認ずみですので安心してください。

  連日の徹夜続きで、そろそろ回復してパフォーマンスをあげたいので、
 
 早めに帰ります。明日からがんばりましょう。

 解説  

①Aさんの答えがアグレッシブ、つまり攻撃的な回答です。

 これをやると、上司とギクシャクしてしまいますね、

 私はいつもこれで失敗しますwww

②Bさんの答えはノンアサーティブ 非主張的な回答です。

 自分の思いを口に出してないで、疲れませんか?大丈夫ですか?

 マイナスの感情ばかりためていると具合が悪くなりますよ。

 少し自分の意見を入れて返す、アサーション訓練しましょ。

③Cさんの答え

  うーん、私の例文ではちょっと伝わらなかったかも( ̄▽ ̄;)!!ガーン

 相手の主張を受け入れ(裏では受け付けてませんが…)て

 自分の主張(アサーティブ)を含めて返すのがアサーションの考え方です。

  アメリカは契約社会で上司の権力が絶対で、逆らえば明日には解雇な

 社会だそうですので、こういったアサーションスキルを磨く人が多いみたいです。

  簡単にいえば、いかに上司と自分とのWINWINを作るかです。

でも、それができれば、自分は今苦労してませんけど

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


という事でおしまいおしまい。



【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村