自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

法句経から学ぶ自己実現

848a74a1.jpg


今日は、原始仏教の経典

法句経からの引用です。

ぶんは、

一時期、仏教書をひたすら読んだ時期がありましたが。

この本は非常に読みやすいし。

仏教はとても難解な教義が多いなか。

非常に読みやすく

お釈迦様の教えに近いと思います。
☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆
■法句経 百六十

おのれこそ

おのれのよるべ

おのれを措きて

誰によるべそ

よくととのえし

おのれにこそ

まことえがたき

よるべぞ獲(え)ん 


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆

 

 


style="display:inline-block;width:320px;height:50px"
data-ad-client="ca-pub-9950912322046723"
data-ad-slot="9605558499">

 





<訳>

 まことに自己(おのれ)こそ

自己の救護者(すくいて)

である。

いったい、

誰がこの自己の外に

救護者(すくいて)と

なりうるものがあろうか、

よく制される自己こそ、

吾(われ)らは

他に得がたき

救護者(すくいて)を

見出すことができる。

<引用終り>
☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

とても強い言葉です。

厳しい言葉でもあると思います。

依存心

誰かに頼りたい、

寄り添いたい。

助けてもらいたい。

そういう、他人に依存する心は

依存症を生みます。

占い師にすべてを依存した

という話はよくTVのニュースでも

ありますし。

宗教でもよく聞く話ですし。

子供が、両親に依存したり、

その逆もあったり。

たくさんあります。

でも、寄り添うのであれば

それは心の支えとなり、

力の源となりますが。

強い依存は

精神的な病や、

嫉妬や、妬み、憎悪を

生みます。


なぜ、会社はやってくれないんだ。

上司が決めないのが悪い。

 こういう日常も

依存心が根底にあります。


誰かに救ってほしい。

誰かに教えてもらいたい。


本当に必要なときは

心をふれあい寄り添っていいです。


でも、それが長期間になれば

依存です。

自分で考えない。

相手の意のまま。

それが一番楽です。


でも、法句経というか

原点の仏教の教えは

自身の強さを磨く事にあります。


自分自身を見つめ、

自分を律する事。

それこそが、自分を救う

唯一の方法だと思います。


ぶんは心理カウンセリングの

勉強を一時していましたが。

その両方に来談者中心療法

というのがあります。


悩みを聞き、吐き出して、

自分を客観的に見ることで

苦しさから解放していく療法

ですが。


あまりに依存している人は

その苦しみから治りにくいと

教えられました。


あくまで、カウンセラーは

鏡として、クライアント(悩みを持つ人)

が自身の内面を見つめていくことを

重視します。

自律をもっとも重視するのです。


客観的に自分をみることこそ。

もっとも、自分の苦しみを治す薬

となります。

 そういう、心理療法の観点から

いっても。

 自己こそ、自分の救護者である。

救い手であるという事は、

まったくもって的を得ています。

 自分を救い、

自分を制していく人こそ、

寄り添っても、依存しない人こそ

本当に優しいく

尊敬できる人だと思います。


自身も最近は依存心が強いです。

それが、深い悩みにつながります。

でも、もう一度自己をみつめ。

自身の強さを取り戻したいと思います。

このブログもその一環です。

「ぶんの自己実現」

まさにそのものですね(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

 

www.bunselfrealization.com

 


 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村