読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

ジェームスアレン 「原因」と「結果」の法則で自己実現③

本日は、

ジェームスアレンの「原因」と「結果」の法則から

自己実現について考えます。

この冒頭の文章は感慨深いものがあります。

引用
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

心は、創造の達人です。

そして、私たちは心であり、

思いという道具をもちいて

自分の人生を形づくり、

そのなかで、

さまざまな喜びを、

また悲しみを、

みずから生み出しています。

私たちは心の中で考えたとおりの

人間になります。

私たちを取りまく環境は、

真の私たち自身を

映し出す鏡にほかなりません。

(引用終)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

●心は創造の達人


心は創造の達人です。


昨年のNHKドラマ

花子とアン」の主人公はよく

「想像の翼を広げてみて」と

いわれました、創造とは意味が違いますが

とても印象的でした。


貧しい家庭に育った花子は

そらに浮かぶ雲を食べ物にイメージして

楽しんだという

回想シーンが頭に焼き付いています。


どんな境遇でも想像=創造はできるもの

です。

●思いという道具

私たちは心であり、思いという道具を使って

自分の人生を作っています。


思い=道具?


そう考えたことはありませんでした。

心の中の創造のイメージを体現するための

道具が思いという事なんですね。


思いを辞書で引くと
 
「ある物事について考えをもつこと」

とあります。


という事は、

創造のイメージを実現するための考え

=道具


という所かと思います。

●心の中で考えたとおりの人間になる

心理学で良く使う用語に

自己肯定感があります。

自己肯定感が低い。

=自分に自信がない、自己イメージが低い。
 

人は幸せになれないと苦しみます。


心の病の根本が自己肯定感になると

いう理論もあります。確か(来談者中心療法)が

それかと思います。 


心の中の喜びを満たすには。

自己イメージが大事だと、ぶんは考えます。


 自分は駄目だと心の中でもっている人間は

ずっとそれが現実になっていきます。


超コワいですねΣ( ̄ロ ̄|||)



ちいさな幸せをみつけていくこと。

客観的に自分ができたことを認めること


心の声に素直になる事


そういった事で自己肯定感は少しずつ

改善されていくものです。

●今の環境は自身を映す鏡

 この言葉も深いですね。

名著の中に私は鏡の法則という著書を

あげますが、


その物語の中でも、この自分を映す鏡

が印象的にでてきます。


今、環境が悪いと思っているのは、

自分の心の中のイメージが悪いから

なんですね。


心の中が幸せや夢で充満していれば

それはきっとどの環境でも充実しています

し、新しい環境から自分方にやってくるのだ

と思います。

書籍はこちら(アマゾンのサイト)
  □■□■□■□■□□■□■□■□■□
  □■□■□■□■□□■□■□■□■□

 原因と法則の出版社 自己啓発本多数です。

 サンマーク出版

 □■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

 心理学について学びたい方

本日も、最後まで読んでいただき、 ありがとうございます。 ぶんも毎日自己実現に向けて 人間力を磨いていきます。
 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村