自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

成果をあげる 自己実現

BlogPaint



PFドラッカー名著 


本日は、PFドラッカー 「経営者の条件」より成果をあげる。

方法について考えます。

ドラッカーは、私も何冊か読ませていただきましたが。

非常にやさしい人というのが文章からわかります。

なぜ?

それは、ドラッカーが、ナチスの迫害の経験から

一人の天才(独裁者)で経営を運営するのではなく、

沢山の人がチームを組んで運営する。

しかも、天才ではなく、習慣によってチームによって

運営していくことを説いているからです。

凡人なぶんさんにはまさに救いの神ともいえます。



成果とは?


成果とは? 辞書で引くと

あることをして得られたよい結果」とあります。

現代は成果主義の時代ですので、

成果主義= 
業務の成果によって報酬や人事を決める考え方

という意味合いでの成果ととるべきかと思います。

サラリーマンについて含むところのあるぶんが

なぜこういう成果という話をもっていくか。


結局、出世、独立やフリーランスでさえも、

事業(業務)で着実に成果をださなければ

お金が入らないからです。


自己実現をし、夢を叶えるには、成果を

だす考え方も重要ということです。

成果をあげる人は誰か?

PFドラッカーの考察によると、

今まで彼があった抜群に成果をあげた人が

どういう人だったか?

気になりますか?


A:教えません (゚ロ゚;)エェッ!?
 

というのは冗談ですが…。
 

それが、一人として同じ人はいなかったそうです。

ドラッカーはこういっています。(引用)



成果をあげる人もまた、

医師や高校の教師やバイオリニストと同じように

千差万別である。彼らは成果をあげない人と同じように

千差万別である。しかも成果をあげる人は、

タイプや個性や才能の面では、

成果をあげない人とまったく区別がつかない。

成果をあげる人に共通するものは、

つまるところ成果をあげる能力だけである。




結局は、成果=能力で、特別な性格や才能では

なく身に着けるものというわけですね。

ほら、優しいですよね~。

普通なら、才能や性格で問題あるなら、

あなたはもう駄目だといいそうですよね。

こういうドラッカーの思想がぶんはとても好きです。
 
成果をあげるには

じゃあ、どうするの?

ドラッカーはこういいます。

(引用)



成果をあげることは一つの習慣である。

実践的な能力の集積である。


実践的な能力は修得することができる。


…(中略)

<しかし身につけるには努力を要する。




まあ、結局は習慣をみにつける努力を

すれば、誰でも成果なんてもんは

出せると!人並みの能力があれば

十分だと言ってるんですね。

ホッとしますね。癒されますね~。


成果をあげるために身につけておくべき5つの習慣的能力


身に着けるべき習慣的な能力が5つあると

ドラッカーはいいます。


①何に自分の時間がとられているかを知ること

②外の世界に対する貢献に焦点を合わせること

③強みを基盤にすること 

④優れた仕事が際立った成果をあげる領域に集中すること

⑤成果をあげるよう意思決定をすること


まず1つ目は時間です。


自分の時間をどうつかってますか?

以前、ぶんはゲームばかりしていた時期があって

仕事してゲームして、仕事してゲームして

の毎日でした、

課金ゲームでしたのでお金だけ減りました



2つ目は外に目を向けることです。

 内ばかり向いていると、社内政治に精を出したり

つまらない内輪もめばかりになります。

外をみると案外道が開けるものですね。



3つ目強みを基盤にする。

これはドラッカー特有の理論かといえます。。

日本人は弱みを直そうと頑張りますが、

NONOそれではなく、自分の強みを

土台とせよ!YES!


4つ目は、スペシャルな仕事ができたら

絶大な成果があがるとこに集中せよ


ちゃんとできたら成果が上がる領域を

分析して、そこに集中せよ

当たり前ですよね~。

でもなかなか難しいですよね。

上司の余計な思いとか、なんとか計画とか

あって、本当は成果があがるところに

集中できない。

サラリーマンよねえ~。



5つ目、成果があがるように意思決定せよ。

これが最も難しいとぶんは思います。

ほとんどの管理職さん達はこれを怖がって

できません。

決めることをなるだけ回避したいというのが

心情です。

赤信号みんなで渡れば怖くない!!

的な日本の文化というかなんといいうか。

決めるべき人が決めないから大変です。


結局は成果を上げる最中で問題はでる

ので意思決定が必要なのですが

できないんですよねえ~。

サラリーマンの性でしょうか、リスクを

負いませんよね。

えっ、そうですねぶんもリスクを負いません。

だって、平サラリーマンですものね

まとめ

誰だって、成果をあげられるのです。

でも、みんな当たり前のことをやっていないだけ。

その習慣をつけてないだけ。

決めてないだけ。

でも、みんなが成果をあげられるのであれば

世の中みんな大金持ちだらけです。

なんでそうならないのか?

結局は、みんな安定がいいんでしょうね。

リスクを負いたくないですし。

新しい習慣をつくるの面倒ですよね。


でも、そういう狭き門ならば、

一念発起した人の勝ちです。


そう、自己実現をした人の勝ちです。

どういう生き方をしたいかですよね。


ドラッカー名著集1 経営者の条件




<PR>

京セラ、KDDI、JAL再生 稲盛さんの生き方!クリックを








【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村