自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

IT業界を不幸にも志してしまったあなたへ


91155660.jpg

IT業界に入社したあなたへ


新卒の社員が入社する時期です。

私の会社も新人が入社しました。


そういう将来有望な日本にいる後輩たちに

IT業界の現状を伝えて、

これからこの業界での生き抜き方を

伝えたいと思います。


そして現状を脱し夢をつかんでもらいたい

と思います。

受託開発とは


日本のIT業界は今でも、この受託開発スタイルが

あります、パッケージやASP(クラウド)、アプリ開発など

様々な方法があるなかでも

以前として、受託開発を旧態依然とやっています。

受託開発とは、

要は、お客様の要望どおりに一から作りますよ

というスタイルです。

受託開発の特徴


受託開発の特徴は

大手Sierと呼ばれる、誰でも知っている大手メーカー等の

冠がついた会社です。〇〇〇ソリューションとか、〇〇ソフトウェアとか

〇〇には誰でも知っている大手企業名が入ります。

だいたい、そういう有名どころの企業が、お客様から

以来を受けます。それをSierというようです。

そのSierから一次請けの会社が依頼を受けます。

そしてその一次請けが

 更に、派遣会社やフリーランス、他のソフトウェアハウス

の人を雇います。

 だいたい一次請けまでは社名を名乗れるのかなと思います

が、だいたいは大手Sierの名前の名刺をもらって、

自分の会社名を偽って?客先で働きます。

それぞれの役割


だいたいSierがプロジェクトリーダーをやります。

そして、計画を作り、下請け会社を動かします。

下請けは、一次請けが設計やテストを行い。

そのしたはプログラム開発等が多いのかなと

認識しています。

もうけ


だいたいはSierがもうけの大半をもらい

そこから1次請け、2次請け等下に下がるにつれ

利益は少なくなっていきます。

働く場所


受託開発は客先で働くことが多いです。

なぜなら、一からお客に要望を聞いて

作り上げるからです。


そもそも既存品、つまりパッケージ販売なら

フィット&ギャップを埋めれば、長いこと

客先に常駐するというのは少なくなくなります。


ASPやクラウド系、アプリ中心なら、

そもそも客先に行く必要はありません。

客先に常駐が多いのは、受託開発ならでは

といえるかもしれません。

市場動向


アベノミクスの効果により、輸出系のメーカーが売上を伸ばしており

市場的には潤っているかといえます。

就職的には入りやすい業界といえます。

リーダーに委ねられる


受託開発は、プロジェクトリーダーのスキルがすべて

といえます。

優秀なプログラマがいるに越したことはないのですが、

お客様との交渉やスケジュールの引き方、

要件のまとめ方、システム構想が上手くできているか

それをこなすプロジェクトリーダーにすべてかかっています。


だから、PJによって、しょぼいプロジェクトリーダーに

あたると、残業残業、徹夜徹夜となります。


ですが、優秀なリーダーに当たれば、さくっと終わって

定時に帰宅できます。


あとは、営業がどれだけ高い単価で受注できるか、

その会社としての営業力にもよります。

ですが、一般的にプロジェクトリーダーがどういう人か

ですべて決まるという。

なんとも物悲しい世界です。


これが、ASP、クラウド、アプリの世界であれば、

まだ計画的に行けるのでしょうけども。


なにせ、お客様に0から要望を聞いて作るもの

ですから、リーダー次第で、神のようなシステムが

できあがったり、開発者が地獄に落ち、

ブラックだーと叫びたくなる状態にもなるのです。


受託開発とはなんとも不安定な業界です。

将来


噂によると、アメリカには、受託開発という考え方がない

らしいです。日本独特かもしれません。

アメリカはほぼ、パッケージ販売でゼロから作るという

非効率的なことはやらないみたいです。


その非効率性が日本人らしいのではありますが…。


そもそも、デザインの細かな色とかにこだわる日本人に

受託開発をさせたら、こだわり過ぎて、コスト高になります。


本当にムダムラムリが多数存在する業界です。

まあ、クラウドサービスや、性能の良い携帯アプリが多数

出てきて、もはや受託開発なんてと思うところもあります。

ですが、まあ、自分の思い通りのシステムを作りたいと

いう需要が依然として存在することもたしかです。

ただ、その要望も、今後はクラウドソーシングにとって

変わられるのではないかなと思います。

 それとも自動設計、自動プログラミングが主流になって

ユーザー企業が自分で作る時代になるかもしれません。

 将来は?といえます。

40歳が限界


PGとSEの限界は40歳という説があるそうです。

私もそう思います。限界です。

そもそも、脳が新しい技術についていけない

という理屈からです。


実際にあのプログラムの細かいのを

老眼が入った目でみるのはつらい…。

という現実からも限界だといえます。

だから、40歳過ぎて、その会社の管理職

もしくは経営陣になれなければ、

定年まで給料を上げる余地もなく

生活がとても大変です。

労働時間


システムは、基本的に残業や深夜勤務は多いものと

考えてください。

良く考えてみればわかりますが、

新しいシステムを入れる為、

既存のシステムを停止したい場合に

いつやるか?

それは、ユーザーが使ってない時間

つまり、深夜、休日です。

不規則な生活が送れます。


また、馬鹿なプロジェクトリーダーに

ついたら最後、納期に追われ

残業残業の連続となります。

ご愁傷様です…。

という事情から、うつ病になったり

突然会社に来なくなったり、

長期で休む人が多いのも

この業界の闇の部分です。

希望


なんだか、身もふたもない話ばかり書いていますが、

希望もあります。

それは、受託開発は、経験しプログラム~設計~導入まで

のプロセス全体を経験できるということです。

 パッケージやクラウド、アプリ開発等では、そんなゼロ

ベースで作る経験は決してできません。


そうです、あなたは一からシステムを創造するチャンスと

経験に恵まれるのです。


そう考えると希望と思えませんか?


それに、上記のソフトウェアをゼロから作る経験は、

手に職をつけるという事につながり、

独立やフリーランスになるという

選択肢も手に入れることができます。

サラリーマンが好きなら、社内SEというのも

あります、企業によってはのんびりとSEと

して過ごすこともできます。


なんだかんだで、どこの会社に入ってもある程度

応用が利き、転職もしやすいという利点があります。

ブラックに当たったら


まあ、最悪、ブラックなプロジェクト(or 会社)に当たって

しまったら、病に倒れる前に、さっさと転職してしま

った方が賢明かもしれません。

だから、転職に備えて必ず一か月分の給料ぐらいの

貯金はしておくべきかといえます。

いつ不運にも、ブラックプロジェクトに当たってしまう

かわかりません。


馬鹿なプロジェクトリーダー、まあ営業もいますが

に当たる確率は意外にも高いです。


IT業界を志すあなた、備えあれば憂いなしです。

 

www.bunselfrealization.com

 

 

www.bunselfrealization.com

 

 

www.bunselfrealization.com

 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村