読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

IT業界 PG35歳定年、SE40歳説って

07070ffc.jpg

IT業界の不思議

IT業界には、プログラマー35歳定年説、SE40歳限界説


とかいうものがある。


本来は、定年60~65歳が一般的だが、


IT業界は不思議なことに


35歳で苦しくなって、40歳で限界となる。


ぶんもこの年代なので、


そろそろ引退の時期かと


思うと不思議となる。


今回は、この業界の不思議について考えてみたい。

①スキル限界

この定年説のもっとも一般的な根拠は


IT技術の進歩はめまぐるしく、次々と


新しい技術が生まれてくるため、


プログラマ(PG)やシステムエンジニア(SE)


は若い人ほど、頭が柔軟で有利との理論である。


たとえば、JAVAやC#などでもよいが、


同じ言語体系でも、バージョンがあがれば、


書き方も変わるし、WEBの技術体系とか


クラウドなど、組みあわせていくと、もっと


めまぐるしく技術が変わっている。




もう35歳ぐらいになると、


新しい技術を覚えるのに疲れて


くるのかもしれない。


若い人は、それがはじめての技術なら


喜んで、楽しんでどんどん上達していく


ことだと思う。


実際に、IT業界に長年いて、


新卒の社員が入り、


たまにいる能力が高い社員には


驚かされるものである。


この人には絶対に技術ではかなわない。


そう思えるものが実際にある。


②労働限界



IT業界の名物は


ハードな労働だろう、


納期が近くなると、

だんだんと、残業が増え、

休日が減り、

なんと、徹夜が増えるのである。


まあ、俗にいう
「デスマーチ」である。


下手なプロジェクトリーダーの下に


配属されると、


この苦痛を味わうことになる。


それでも、若いころは
何とか耐えられるが、


長年のハードな労働で、


30ぐらいからちょっと徹夜がだるくなり。


35ぐらいから限界を感じ始め


このままの人生で良いのかと


40歳まで、この調子で続くと、


過労死してしまうのではないかと
いう危機感を覚える。


また、このまま、平のPGやSE
で良いのか不安になる。


それで、別の業界に転職していく


人が増加する。


よって限界となる。


③心身の健康の限界



長年の、徹夜残業での


不規則な生活が

生活習慣病やうつなどの

病気を引き起こしてくる。


ちょうど、35~40歳は

仕事ができはじめる頃で

責任が非常に重くなる。


部下ももち、気苦労が多くなる。


そして、心身ともに異常がでてきて
IT業界からの引退を考える。



④出世限界



IT業界の特徴は、
プロジェクト組織が多いという事である。


プロジェクトリーダー、マネジャーとなって


様々なプロジェクトに携わっていく。


しかし、こと出世となると、


〇〇課長や、〇〇部長など、肩書きが


35歳から40歳で一般の業界ではつき


社内での地位が確立される。


だが、


IT業界だと、あくまでプロジェクト単位での


地位であって、


その導入が終わると、ほぼただの平社員になり、不安定になる。


もっとも、職位の階級はあるだろうが、


名刺に刻む役職はない。


ずっとITが好きで携わってきて、


35歳ぐらいに、ちょうど、気づく。


同期のあいつは、課長だ…。


自分は以前と変わらぬまま…。


そして、プロジェクトリーダーは

こなせるが、



管理業務や経営は教えてもらって

いないので、マネジメントはさっぱり

になる。


ふと、他人の芝生が青くみえる。


IT業界にこのままいても…。となる。


⑤独立・フリーで限界突破

IT業界で唯一、私が認める利点

がこれである。


フリーランスになったり、独立が

非常に容易である。


つまり、参入障壁が低いのである。


極論すれば、PC一台とネットワーク費ぐらい

あれば、明日からでも商売ができる。




例えば、クラウドソーシングなどをみれば、


仕事の依頼がゴロゴロあるし、


派遣で登録して、フリーになるという事も

できるのである。



技術一本で、組織から離れて働くことが

できる仕組みがIT業界には沢山埋まっている

のである。



35歳まで働いて、組織につかれて、


自分で独立したり、フリーになって


残りの人生を自由に過ごしたい。


ノマドワーカーになりたい。


そういう夢を叶えることができる。


夢のような業界がIT業界である。


だが、一つ苦言を呈すなら。


技術とコミュニケーション力は必要
だろう。


でも、そこをクリアすれば


あなたは会社や組織という縛り


から自由になる。


だから、定年などなくなってしまう。


だから、会社員としての定年は

35歳や40歳までとなる。


これは、ある意味夢のある定年説だと


ぶんは思っている。


まとめ



35・40定年説の根拠は


以下の5つの限界から証明できる。


①スキル限界

②労働限界

③心身の健康の限界

④出世限界

⑤独立・フリーで限界突破



しかし、この限界の年齢に


なって、しみじみ思う事がある。


若いころって、IT業界は可能性の


宝庫で、最新のトレンドだ、


既存の業界はダサいって思って


いた。確かにそう思った。


若いころはそれで良かった。


だが、今は家族もでき、


安定したい。


残業も一定で、安定的に

休みが取れ、


家族と過ごしたいと
思うようになったし。


組織の中で上司に気を使い。


ゴマをすって。


あがらない給料にしがみつく。


それでも若いころは、


ITという最新技術をみるのが


楽しかった。




やっぱり35歳限界説って

本当なのかもしれない。




安定した会社への転職。


安住の地を求めるか。




それとも残りの人生をかけて

独立したり、フリーになって

不安的ながらも自己実現を

図っていくのか。





趣味に走る?か。




自己実現はそれぞれ。


35歳、40歳、


それぞれ、IT業界にいる
人達はどんな選択をするのだろうか。




私は、なんにしろ

仕事は楽しくやりたい。


我慢して、耐える仕事なら。


さっさと転職してしまえばいい。




サラリーマンという肩書が

嫌いなら。


独立やフリーで飛び出せばよい。




だって、定年なんだから
いいじゃないか。




世の中が35歳で定年というなら


それに乗っかって、新しい夢を
みてもいいじゃないか。




我慢、我慢、我慢


辛抱、辛抱、辛抱




で、何が残るのか?




私は、家族に自分が


サラリーマンとして
疲れた仕事をしているところ


仕事が楽しくないというところ


みせたくない。


もし、子供ができたら、


お父さんは自分の仕事が好き


なんだよと言いたい。


人生は楽しいんだよと。


背中でみせたい。


なら、なんだっていいじゃないか。


定年なら定年で新しい道を
探してもいいじゃないか。


後悔しない、背中をみせたい。


そう思う。


THANKS !

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村