読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

未来の真っ暗な自分の部屋から飛び立つ

cd01a7ae.png

子どもの時の夢

未来を考えた時、



あなたの世界は明るいですか?



明るい人は大丈夫OKです。



この話はNOと答える人向けです。



将来に悲観的で、心配症の人は


結構いますね。



私もその一人だと思います。


私のこの性格を表している


エピソードがあります。


子どもの頃の私の夢は


『大人になりたくない!』です。


とにかく、大人になると


辛い事が多くて、大変だから


子どものままがいい。

パン屋さんになりたい、

おまわりさんになりたいとか

そういう夢を持ってなかったと

思います。

でも、残念ながら、抵抗むなしく


年をとって、二十歳を過ぎ、

大人になって、中年になりました

それは、叶えられない夢でした。

それだけ、将来を悲観的に考える

ある意味鋭い子どもだったと思います。


ですから、大人になっても、

将来を悲観して苦しむ事は

多かったと思います。

社会人になってからは、

このままだと出世競争から外れるとか、

結婚できないとか、

一生、人間不信で友人もいないとか、

貧乏なまま一生過ごすとか、

ああ、このまま何もできずに人生終わるのかとか

ありとあらゆる、将来の不安があり

ずいぶん悩んできました。

それは、自分の姿勢に問題があったのかなと

今では思います。

将来への姿勢

人の将来への姿勢は2つあります。

①楽しい未来や夢を思い描く姿勢

②将来は苦痛と苦悩に満ちていると思う姿勢


ありきたりな姿勢ですいませんが…。

もっと面白い姿勢があればいいんですが

やっぱりぶんのブログはギャグが足りませんね…。


私が思うに、最初はみんな①だったんじゃないかなと

楽しい、将来や夢を思っていたのだと思うのです。

例えば、好きなマンガをみて、自分で漫画の絵を

真似して書いてみて、漫画家になりたいと

思ったとします。

でも、実際に本気で漫画を描いてみると、

明らかに下手で

ストリーリー構成もイマイチ

これでは漫画家はムリだなと悟ったと

します。



そう、最初はできると思っていますが、

段々と現実を知り、

自分の力と理想の差を分析し、

できないという原因を集め、

そして、自分には無理と

自分自身を納得させてしまいます。

そうやって、色々な将来への理想や

夢をやってみて、挫折し、そして、

無理だと納得し、人生を過ごして
いきます。




そして、いつの間にか、自分のやりたい

事がないまま、ビジネスマンとなり、

上司から言われた事を繰り返していきます。

そうやっていつの間にか、

自分はこれぐらいの人間だったのだなと。

自分という器の限界を悟ります。

(恐らく、夢を叶えた人は、その限界を

認めなかった人なのでしょうが)


普通の凡人は、こういうパターンで

自分に色々な理由をつけて、


①楽しい未来や夢を思い描く姿勢から

②将来は苦痛と苦悩に満ちていると思う姿勢へ


自分自身を転換させるのだと思います。

だから、

明日が辛い、

明後日が辛い、

来年が見えない、

将来が見えない

夢も、希望もない。


そうやって、混沌とした未来に絶望します。

私も、時々このスパイラルに


入って苦しむ時がありました。


未来への絶望というのは、


非常な苦しみです。



次に、その苦しみから


少し自由になる方法について


考えてみたいと思います。


根拠なき絶望

心理学や自己啓発を読んでいると、


その絶望の本質が分かってきます。


その将来への不安や絶望感とは、


100%根拠がない事です。


例えば、昔からの迷信である、


目の前を黒猫が通ると不吉


といわれますが。


今はどうでしょう、黒猫のマークの


トラックが日本全国走ってます。


それが不吉でしょうか?


迷信というものを信じ、未来に良くない事が


起きるという自分自身の信念を形作ることで、


たまたま起きた不吉な事象を結び付け、


そして、その事実が、将来への不安を


掻き立てます。


ちなみに、私は黒猫が好きなので、


目の前を横切ると、思わず『かわいい」って


みちゃいます。むしろ、ウキウキします


ちょっと話がそれましたが…。


絶望は、ほとんど根拠がない事です。


なぜなら、



未来はだれも



100%予測できないからです。





だから、確率論的には



多少確率が高いだけで、



結果がそうなるとは限らないのです。


むしろ、自分が頭の中で描いた



予測を、無意識が実現しようとする



のが厄介です。


例えば、明日 大事なお客様へ



新商品のプレゼンをするとします。



で、資料やプレゼンも予行演習し、



バッチリ努力したとします。





あとは、天にお願いするだけ、



それだけ、やったとします。





でも、夜寝る前に、



プレゼン途中で、頭が真っ白に



なり、プレゼンを失敗するという



思いが浮かんできて、



何時間も眠れませんでした。





で、当日、やっぱり途中で



プレゼンの内容を忘れて、



大失敗してしまいました。





ああ、やっぱり自分は駄目なんだ。



将来暗いなと。





そうなると思います。





でも、それは自分自身が作った予知



で、それを潜在意識でかなえた結果



ともいえます。





あなたは、最高のイメージトレーニングを



したのです。最高失敗をイメージしたわけ



ですから、見事に失敗しました。




ある意味、潜在意識は最高の仕事をしたんですね。







そして、そういう人は、当然のように、



その失敗をまた次の失敗の予測に



置き換えてしまいます。



そして、次のプレゼンも失敗しますね。





そしたら、どうでしょうか、



あなたの将来は、毎日が悪い予測をし、



そして、何度も心の中で完璧な



イメージトレーニングをし、



それが見事に実現し、



そして、その予測に自信を持ち、



更に悪い予測をします。





潜在意識ちゃんは、とても素晴らしい



仕事をしてくれます ('▽'*)ニパッ♪







そして、夢も、希望も失い、絶望



する結果となってしまいます。





本当に深く思い悩んでいる人は、



身近な人やカウンセラーの方などに



相談してみると良いと思います。



少しでも自分の事を出すことです。



これを自己開示といいます。それで



だいぶ心の負荷から解放されるはず



です。






ほとんどの人が、そういうスパイラルで



将来を縛り、思い悩み苦しんでいるので



はないでしょうか。





仏教では、お釈迦様はそういう煩悩を



捨てるようにとおっしゃっていますが。





正直なかなか難しいものです





ですが、今からできる習慣としては、



自分が考えている暗い将来を



日記とかに書いてみて、



冷静に客観的にみてみる事だと思います。





それは、実現可能性が高いことですか?



失敗の可能性は何%なんでしょうか?



他に良い方法はないでしょうか?





過去にあなたのここが悪いと言った人は、



本当に客観的にあなたをみていったんですか?







そうやって自分の書いた予測を



エリート科学者やソクラテスになった哲学者



になったみたいに分析してください。





そうあなたは、心の中では、



前代未聞の天才科学者です、



超スーパーすごい哲学者です。





そうすると、論理矛盾がでてきます。





そうすると、あなたの予測は崩壊します。



予測が叶うとしても数%ぐらいでしょう。






そうやってやっていくと、





何だ人生とは不思議なもので、



何もかも自分の思い通りに



はならないと感じてくるでしょう。






そして、「ままよ」と感じるようになります。





現実を受け入れ、その瞬間に考え、



悩み、決断し、動き、



反省するが、工夫し悩まない。



そういう今を大事にし、



今の幸せを感じる姿勢に



段々と動いてくると思います。






ぶんは、心理学を習って、



そう感じる事が出来るようになりましたが。



今でも、そういう暗い未来を思い描いて



苦しむ事になります。





なかなか難しいものなのですが…。





ですが、こういう知識を知るだけで



楽になりますし、ちょっとやばいと



思ったら、冷静になって心を整理できます。



そうすると、無駄な将来予測が少なくなり、





生きていくのが楽しいです。



将来はきっとバラ色ですね





ここまで読んでくれて



ありがとうございます。

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村