自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

初対面から心を開く為のジョハリの窓講座

97369e00.jpg

はじめに

 私が、このジョハリの窓をはじめて知った時、こんな概念があるんだなるほどなと感心したものです。簡単な心理学の理論ですが、突き詰めていくと深いです。

 

特に自分から心を開いていく事が、友達をつくったり、知り合いと親交を深めるために

どれほど重要なことか。本当に私はこの理論をもって知りました。

 

この理論はこれから入社する新社会人の皆さんや新しい学校に入学する学生の皆さんに人生の知恵、学問の英知として読んで頂きたいです。

 

誰でも初対面は緊張するものです、でも、このジョハリの窓を理論を知っていれば、自分が何をしなければいけないかが、わかるはずです。

 

心を開くという事

人付き合いが苦手な人の特徴というのは、初対面で心を開かない事に特徴があると思います。


ぶんもなかなか心を開く事が出来ずに非常に苦手意識を持った人付き合いをしてきたなと思います。(その事でずいぶん人間関係で損をしてきたなと思います。特に学生時代はこの法則を知らず、心を開くことの重要性を認識していなかったおかげで、暗黒の時代を作ってしました。

 今ではもっと学生時代をエンジョイすればよかったなとそう思っています。

 しかし、そうやって苦労していくうちに、長年の経験の中で一つだけ、初対面で上手くいく方法のコツが分かってきたような気がします。

それは、

自分の弱点や失敗談を話してしまう事。

鳥のフンが頭に落ちたとか、財布を忘れて、大変だったとか、そういう自分があまり言いたくない話を敢えて初対面の人に言ってしまう事で一気に、自分の相手の距離というのは小さくなるものです。

 (驚くほど、自分の失敗を話すというのは

 効果があるものです。失敗は決して悪い事ではなく、話題のネタにもなるんだという事を知っておいて欲しいです。

昔というか、今でも流行っているアニメのエヴァンゲリオンで、ATフィールド(心の壁)というのがありました。人は、見えないどこかで心の壁を持っているのです。そして、相手の侵入を防ぐように心を防御しているのです。

昔、イジメに会ったとか、人間関係で辛い過去を持つ人ほど無意識のうちに、ATフィールドを貼って、人を寄せ付けないのかもしれません。

そうやって、他人から防御していると、なかなか人と親しくなることができないものです。(エヴァンゲリオンのATフィールドは

 非常によく考えられた概念だと思いますし、

 子供の頃はすごいインパクトだったと思います。そう人と人の間には言いようのない心の壁があるものなんですね。

そこを、破る最大の兵器というか武器が今日のジョハリの窓という、心理学の考え方です。
この考え方を知り、自分からATフィールドを破っていけばきっと人間関係も楽しいものになっていくはずです。壁を壊すのは怖いです。ATフィールドはもっと怖いです。

でも相手も実はあなたを怖いのですよ。では、ジョハリの窓を見ていきましょう。

 

ジョハリの窓

ジョハリノマド①
これがジョハリの窓です。とてもシンプルな図ですね。解説すると。


①開いた窓
自分でもよく知っており、他人も知っている領域


例)Aさんが泣き上戸であると、Aさんも友達も知っている状態

②気づかない窓
本人は気づいていないが、他人にはわかっている状態 「盲点」


例)Bさんは嫌いな人と話す時、無意識に目を逸らして、唇を噛んでいる

③秘密の窓
自分は知っているが、他人には隠している領域。

例)Cさんは、他人にお堅い人と思われているが、実は密かにアイドル好きで、〇〇〇を応援していて、握手会にも変装して、参加しているが友人には隠している。冒頭の失敗談もここの領域に入る。

④未知の窓
自分も他人もわからない領域、無意識の領域であり、抑圧された感情や隠された才能

例)自分も他人も知らないが、Dさんは実は超能力者でスプーン曲げができる(笑)
このように、自分と他人からみた自己を知る為の理論がジョハリの窓です。これにより本当の自己を知り(自己理解)円滑な他者とのコミュニケーションが促進されていきます。

自己理解を広げる

ジョハリの窓において、自分も他人も知っている領域を広げる=自己理解を広げることが大事だとされています。領域を広げると人間関係は円滑になっていきます。それには2つの事が必要です。

①自己開示

最初に私がおすすめの方法です。自分の弱点や欠点を出す、隠してきた秘密を話していくと、相手が知らない自分を出すことができ、

相互理解が深まっていきます。
よく、親友とは、誰にも知られたくない秘密を打ち明けられる人を指すと思いますが
逆に言えば、誰にも知られたくない自分の秘密を話せたから友達になれたのですし、それが深いから、その人は親友と呼べるのかもしれません。と考えれば、
秘密を話す=親友を作る為のステップとも言えます。これはとても興味深い理論だと言えます。
②フィードバック
他人から自分についての意見を聞く。話すときの癖を聞くとか、考え方とか、キャラクターなどを聞くと、自分が他人からどう見られているかがわかり、自分の知らない側面に気づく事ができる。
案外、内にこもって、誰とも話さない人というのは、自分自身で負のイメージをもって、膨らませているものです。
でも、他人のフィードバックを聞いて、他人はそんなに自分に対して負のイメージをもってなかったんだと、ホッするのはアニメや漫画での王道パターンですね!!
フィードバックを受けることが、そういった
思い込みを壊して、人生を楽しく過ごすコツみたいなものかもしれません。(相手からのフィードバックを受けるにはまず、自分が心を開く事が先になりますね、つまり①自己開示②フィードバックという順番となります。

そうやって、自己理解とフィードバックを受けていくと、こうなります。
ジョハリノマド②

どんどん、自己理解が深まって他人も自分も知らない領域がなくなっていきます。

結果として、自分もOK,他人もOKという相互理解が深まっていき。人生が生き生きとしてきます。

ジョハリの窓の具体的な活用方法

まず、何度も説明してきたように、初対面では、心を開くこと(自己開示)が大事です。

でも、なかなか自分の事を伝えるのは難しいものです。そこで重要なのが何回も説明してきたように失敗談です。

失敗談を笑い話として親しくなりたい相手に話してみるのです。不思議でしょ。

本当は人生で嫌な事のはずの失敗談が、初対面で相手と親しくなるための最大のネタとなるのです。

最初は、流石に初対面なので、自分の故郷や趣味の話、簡単な自己紹介がメインになりますが、その後に、会話の合間でちょっとした失敗談を入れ込むのです。

例えば、今日雨降ったのに傘を忘れて大変だったとかそんな何気ない事でもいいのです。

本当はもっとインパクトがあるものがいいですが・・

相手も初対面で緊張しているなか、自分から失敗談=弱みをみせ、心を開いてくれるのはありがたいものです。ほっとします。

だから、それで相手も警戒心を解いて、自分を話してくれるようになります。

そうするとあら不思議!!!!

あっという間に互いの事を知り仲良くなれます。だから、日ごろから失敗談をメモして話題のネタにしておくといいですね。そして、それを面白おかしく変換するのです。どんなに辛い事でも、笑い話にしてしまうのです。

一方で、この方法は、初対面で心を開くためのツールだけではなく、自分自身のネガティブな意識を変える効果も同時になります。

そう、悪い事を笑い話に変換してしまうのは、こころの浄化作用も伴うため、話せば話すほど、あなたの心は浄化され、こころがスーッと軽くなっていきます。まさに一石二鳥なのです。

まとめ

私は、心理学を学んではじめてこのジョハリの窓の概念を学んだとき、衝撃を受けたのを
覚えています。
自分が人と打ち解けられないのは性格のせいとか、人見知りとか思っていましたが。
自分が、自分自身を隠していたことがそもそもの原因だと気づいた時、とても反省をしたことを覚えています。
それとともに、人生は変えられるんだ、自分次第で変えられるんだとうれしく思った気がします。
自分が自分の秘密を話すだけで、相手は、自分を信頼してくれるようになり、親しく打ち解ける事ができるようになります。
そうすると、自然に相手はフィードバックをくれるようになり。ますます、コミュニケーションは円滑になるものです。
案外、人と仲良くなれないのは、自分のちょっとした勇気、ほんの一歩の事なのです。
最近、私は失敗やトラブルを話のネタとして初対面の人の前で話すことが多いです。それで結構打ち解けたりします。弱さは隠すのではなく、あえてだす。

コミュニケーションが苦手な人ほど、一切、弱さを出さないように身構えているものです。絶対防御で、強烈なATフィールドを
出していたのでは、相手も入り込めませんよね。使徒さえも入ってこれません。
あえて、失敗や弱点を出すことは、そのフィールドを和らげていくという効果があるのです。
ジョハリの窓はそういう基本的な事を教えてくれる理論だと思います。どうですか、これから入社や入学を控えているみなさん、ちょっと心を開いてみて、その効果を試してみませんか、きっと素晴らしい奇跡が待っているはずです。

ここまで読んでくれてありがとうございました。

www.bunselfrealization.com

 

 

www.bunselfrealization.com

 

 

www.bunselfrealization.com

 





【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村