自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

プライドが仕事の邪魔をするとき

b8e7c725.jpg

新しい環境

配転や転籍、転職などで、



人は新しい環境に飛び込む時が



人生にはあります。



そういう環境下では、



決まって、困難がやってきます。



そんな新しい環境下で



ビルのように高いプライドが姿を現します。





例えば、管理職として配転した場合



長年同じ仕事をやっている



部下がいれば、部下に教えてもらわない



と仕事が進まない場合。







これは、自分が上司なのに、



部下に教えを請うという事で、



上司としての面目を失い。



もの凄いプライドが傷つくのです。





でもでも、





人というのは、やっぱり知らない事は



できないものです。





仕事はだいたいからして、



組織や会社で、同じ作業でも



やり方は、千差万別という事が



多いと思います。





ですから、部署を移動すると、



例え、管理職だったとしても



ずぶの素人扱いを



部下からされてしまいます。





素人扱いしやがってと、



プライドがグサリと傷つきます。







また、



別の例として



転職を考えてみましょう。





Aさんは高級取りでした。



でも、早期退職で退社して、



転職活動をし、



年収を半分にして



転職できました。







自分は年収を半分にして



今の会社に入ってやったんだ



こんな年収の低い会社なんか



俺にとっては楽勝だという



思いがきっとあるでしょう。







ですが、



なんということでしょうか。





年下の部下が上司となって、



なんで〇〇さんはできないの?



こんなものもわからないの?と



毎日、愚痴のような言葉の



シャワーを浴び続けることになります。





そういった時、



ビルのように高くそびえる



自分自信のプライドが



姿を現します。





プッチーン(怒)





高いプライド

プッチーンとキレて



相手を罵倒し、



大きな問題を引き起こします。



ここで、収まればなんとか



良いのですが、





やってられない。



もう辞めてやると



ついプライドが邪魔をして



考えてしまうのが人情というものです。



それで、実際に辞めてしまう人もいます。





でも、



それで、職があれば良いのですが、



なかなか、



そうそう



職にはありつけないのが



世の常です。





そして、いつの間にやら



転職を繰り返して



年収を下げていき。







イジけて人生を恨んでいきます。





「自分の人生ってこんなもんさ」



「年下に馬鹿にされてたまるか、



社会が悪いんだ」などなど





段々と、擦れていってしまいます。



でも、なんとか、そうならないように



お互い頑張っていきたいものです。



プライドと向き合う



一番大事な要素として、





「人間はじめてのことはできないもの」



という、まぎれもない真実を直視する



事が不可欠だと私は思います。







はじめは、失敗し、教えを請い、怒られて



人は成長するものです。





そこを耐える事が必要です。



でも、



耐えても、耐えても



タケノコのように、



プライドがニョキニョキと



育ってきます。





では、どうするのか、



爆発させる前に、



自分はこう思うんだと



まわりに言ってみたらよいのかなと



思います。





冷静に自分の気持ちをいって



いけば、



自分の思いも少しは晴れるし





それに、



まわりもそういう事なんだと



分かってくれます。





案外、そうやって



素直に、助けてって言えば



配慮してくれるものです。





プライドは、一旦奥のタンスに



しまっておき。





経験してなれた頃に引き出すのが良しです。





なにはともあれ、私も苦しんだし、



皆さんも新しい環境では苦しむものです。



そういう時、思い切って



心のドアを開けて



思いを伝えていくのも



人生を生き抜くコツなのかもしれません。





弱音を吐いたら、クビだ



と思っているかたもいるかもしれませんが。





弱音を吐けない会社なら



そんな会社で、どこのどなたが



毎日定年まで働けるのでしょうか。





そんな弱音を吐けない会社なんて



完璧な超人を求める会社なんて



そんな会社ならさっさと去っても



いいのではないでしょうか?





ここまで、読んでくれて



ありがとうございます。

www.bunselfrealization.com

 

www.bunselfrealization.com

 

www.bunselfrealization.com

 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村