自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

IT業界に入ったらそこはほぼ派遣業界だったというジレンマ

141482

IT業界は客先ビジネス

IT業界に揚々と入って驚くのは、

客先での仕事が多いこと

完全に受託して、

自社内で開発している企業の方が

少ないといっていいと思う。

それはなぜだろう。


技術者にとっては、

やっぱり自分の会社内で

働きたいもの。


客先で、窮屈な思いをして

毎日を過ごすだけで、

ものすごいストレスが溜まってしまう。

リスクが低い

完全にプロジェクトごと請け負うと

契約内容によっては、シビアに

企業が責任を負うことになるが、

単純な技術者を送るのであれば、

技術者個人の実力はシビアに

要求されていくが、

会社としては、その技術者を

切ればよいだけなので、

請け負いより、格段にリスクが少ない。

そのため、小さな企業は

派遣主体が多いのが実態。

そちらの方が経営的にリスクが少なく。

おいしい。

セキュリティ

昨今、

データ流出問題等があり、

大企業だけでなく、

中小の企業も

セキュリティー問題に熱心であり、

外部に出さず、

企業内で作っておきたいと

いう需要が多い。

そのため、セキュリティー環境

が万全な企業でない限りは、

お客様は客先での作業を

要求する

プロ意識

客先での技術者の作業は

契約ごとで異なるが、

常駐、派遣、SESなど契約によって

種類がことなっている。

だが、共通していえるのは、

自分の城ではなく、

他人の城で働くのは辛いってこと。

それに、

特に派遣は、その契約内容からして、

スキルに見合わなければ、すぐに

切られてしまい、

技術者は死ぬほど苦しい。


でも、

考えてみれば、

それはプロということ。


考えてみれば、

プロ野球選手だって、

サッカー選手だって、

スキルや結果を残せなければ、

即戦力外になるわけだから、

それと同じことだと思う。


結局は、プロの世界に

自分がいて、自分の力で

のし上がっていくしかないということ。


でも、企業の方も、

派遣やSESで客先に送ること

ばかりではなく。

きちんと自分の会社内で、

技術のスキルUPや教育などを

行う努力は行うべきだろう。

まとめ

結局は、仕事というのは、

自分が作り上げていくものだと思う。


どんな環境下であっても、

成功する人間はするものだ。



だから、例え客先ビジネスの中に

あっても、

技術者は落胆すべきではなく、

夢と強い意志をもって、

プロとして戦ってほしい。



それでも、駄目だったら、

転職も良いだろう。

環境が人を育ててくれることもある。

 

www.bunselfrealization.com

 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村