自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

ブラック企業に入社後、素早く気兼ねなく退職する


深夜のサラリーマン
<ブラック企業という社会的な問題にたいして考えていくブログです>

目次


ブラック企業の定義


ブラック企業(ブラックきぎょう)
またはブラック会社(ブラックがいしゃ)とは、
広義としては暴力団などの反社会的団体との繋がりを持つなど
違法行為を常態化させた会社を指し、
 
狭義には新興産業において若者を大量に採用し、
過重労働・違法労働によって使いつぶし、
次々と離職に追い込む成長大企業を指す。
 
(Wikipediaより抜粋)

一般に言われているブラック企業は、狭義の部分を指しており、
深夜までの残業、休日残業、自宅でのサービス残業や、
残業代未払い、休日出勤代未払いなど、違法な労働を繰り返し、
しかも低賃金だったり、パワハラが横行するような環境で、
次々と従業員が入れ替わっていくような企業をさしています。


筆者は、転職の際に、上記のような会社に入って、
気が狂いそうになった過去があります。

本日はそのあまりに痛く、ある意味最高の学びとなった
自身の経験から、ブラック企業に入ってしまった場合の
対処方法を考えてみます。

結論 そのブラック企業、即退職しましょう

そのブラック企業を即退職しましょう

経験者の私の結論はこれしかありません。
即退職しましょう。

あまり長く務めると、その状態が当たり前になり、
辞められなくなりますし、

長時間労働やパワハラの過程で、
あなたは段々と自信を無くしていき、
精神的に追い詰められるようになります。

または、耐えたとして、

ロボットのように気持ちを押し殺し淡々と
働くという全く無駄なスキルを身につける事ができます。

精神的に追い詰められれば、うつ病などの病になり
自分や家族が苦しむことになるでしょうし。

後者ように、ロボットのように気持ちがなくなったまま、
淡々と働く事で、あなたの至極の大切な人生を
無駄にします。

このような会社に入った場合、
次の仕事が決まってから辞めるとか
悠長なことは言ってられません。

そのブラック企業、即辞めましょう。

ただ、その前に一つポイントです。

辞める前に、ハローワークには相談しておきましょう。

皆さん、ハローワーク知ってますよね。

仕事を探すだけではなく、残業未払いなどの訴えも
ハローワークは聞いてくれますし、企業へ是正勧告を
出してくれたり、結構権限を持っている役所だったりします。

特に、相談してうれしいのは、
失業保険を出してくれる可能性があること、
(きちんと社会保険を支払っていることが条件です)

普通、自主都合の退職だと、3か月の失業&求職期間がないと
失業保険は下りないですが。

ブラック企業で、退職に追い込まれた場合は、事前にハローワークに
相談していた場合は、退職した直後に失業保険をもらえる可能性があります。

(あなたがもらえるのかどうかは、筆者は判断できかねますので、
病気などを理由に一度会社を休んで、できれば有給を消化し、
ハローワークに相談してみてください。)

その際に、タイムカードのコピーなど残業未払い等の証拠となる
ものを持参すると相談がスムーズになり、尚、良いでしょう。

そうすれば、今すぐ退職したとしても、
失業保険で、最低限の生活は保障されるので、
安心して退職ができるようになるでしょう。

この流れになるのが理想です。

失業保険がすぐ降りなくても、即辞めるべき

大体は、ブラック企業の実態を話せば、失業保険は降りるとは
思いますが、(行政の、なお言えば担当の方の判断になるようです
ので、なんともいえません)

たとえ、失業保険が降りなくても、ブラック企業を即辞めるべきでしょう。

そもそも、心身を壊してしまえば、働くことが更に困難になるわけですから、
そういう事を考えれば、即決断する事をおすすめします。

私の場合は、3か月ほどで転職の準備もなく、
ブラック企業を辞めましたが、
今までにないくらい必死に転職活動をして
なんとか、次の就職先を見つけることができました。

幸運だったのかもしれませんが、とにかく
自分の人生を守るために必死でした。

確かに、すぐ見つかる保障がないのも現実です、

その場合は、失業保険も特例がない限りは、

3か月後から支給ですので、

アルバイトなどをして稼ぐことが必要になるかも
しれません。

でも、それでもブラック企業は辞めた方がリスクが低いのです。

次の項で、それを説明します。

ブラック企業は留まらせるノウハウが豊富

なぜ、こんなに即決断することを進めるかといえば、
ブラック企業は、人がすぐ辞めていくために、
社員を留まらせる独自のノウハウをもっているからです。

ブラック企業は別にすぐに人をやめさせようと
する事はありません。

あくまで辞めさせるのは、雑巾を絞るように、
その人の労働力を十分に採れて
採用経費分+十分な利益を確保したぐらいです。
もとが取れてないのに、辞めさせるような
もったいない事はしないでしょう。

残業代もろくに出さないような会社ですから、
人=利益のための道具とみなしているから、
もとが取れるまでは、退職はさせたくないはずです。

ですから、心身に異常をきたし、
使えなくなったぐらいに、
退職勧告等を使わなくても、自然に
本人が自らやめていく
環境を作るのです。

そう、もとが取れるまでは、言葉巧みに
あなたを会社に留めようとするのです。


「私達は仲間だ、一緒に頑張ろう!」

「次で昇進できるかもしれないよ!」

「今度、一緒にのみにいこうや!」


そういう甘い言葉で、
辞めさせないように仕向けていくのです。

ブラック企業に務めると、貯金は減っていく

普通の会社よりも、賃金が低いわけですから、
長年勤めると、貯金は減っていき、
低水準の生活に満足を強いられていきます。

そして、蓄えがないため、
転職や独立する気を従業員になくさせます。

そういった会社の仲間内の飲み会は、
愚痴のオンパレードです。
そうして、何とか憂さを晴らして、
仕方なく働き続けることになるでしょう。

不思議な事に、私が辞めたあとも、大半の人がまだその
ブラック企業で低賃金ながら働いています。

ブラック企業にずっといると悲惨です。

夢や希望は潰え、貯金も減り、
旅行やごちそうも食べれない
低水準な生活を強いられ、

それを満足せざるを得ないように強いられて、
自信を無くし、意志をなくしていきます。


何とか、留まろうと考えている方は、
よーく考えてみてください。

人生を台無しにするリスクって
転職するリスクよりも高くないですかねえ。


だから、もし、ブラック企業にあなたが入ってしまったら、
素早く気兼ねなく退職する事をお勧めするのです。


もちろん、転職後の世界も厳しい

そうは言っても、実際に辞めてみると、
転職活動や、転職先での苦労も経験することになるでしょう。

筆者もとてもとても苦労しました。

それでも、あの時即決断して悔いはないですし、
良かったと心底思っています。


ああいう会社で無駄に人生の時間を費やさなくて良かったし、
なんとか無事に脱出できて本当に幸せです。
そして、そういう決断ができた自分を誇りに思います。


ちなみに、その後の転職先でも、失敗はしましたが、
(転職って難しいものですね)
それでも、何とかやってはいけています、

そしてまた、自信を取り戻して、
こうやってブログを書いて、将来の準備をしてます。


未来は決断するところから開かれていきます。

勇気をだして決断しましょう

ですから、

もし、ブラック企業に入ってしまったら、

素早く気兼ねなく退職する事をおすすめします。




【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村