読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

会社を辞めて初めての無職、逆に楽しい

tanoshi

突然の退職

やめるもりではなかったのに

やってしまった。

上司に退職しますと言ってしまった。

ひょっとしたら止めてくれるという甘さもあったが、

上司は「そうか、お前がそういうなら仕方ないな」と

あっけなくOK。

その日の間に、退職届を提出し。

引き継ぎを開始。

やってしまった、こんなはずではなかったのに、

辞めてしまった。

あわてて転職サイトに登録

その夜、あわてて大手の転職サイトに登録した。

初めての履歴書と経歴書下記に四苦八苦。

「いつ高校卒業したっけ?」

「経歴書ってどう書くんだっけ・・」

「履歴書をコンピにでかわな。」

なんでこんな目に合うんだろう。

未だに、自分が辞めたことが信じられない。

エントリーが怖い

そして、色んな企業を1時間ぐらい見て、

よさそうな会社に1社エントリー

よし疲れたこれで今日はOK!

3日後返事が来た。

一社から面接の話が来た。

平日だが、会社を定時であがれば、

何とか間に合う時間。

面接ってどうやるんだっけ。

あわてて、色んなサイトを調べて、

志望動機と自己紹介を考えた、

超付け焼刃(笑)

面接当日

会社を急いで退社し、

面接の会社へ、

あれ、オフィスが小っちゃい。

そして、面接。

一生懸命話す。

なんとか話す。

そして終了。

面接結果

転職サイトのメールで

不合格通知が来た。

がっくり落ち込む。

大したことない会社だと言い聞かせる。

その後、職は決まらず、有給期間に入っていきました・・・。


■考察


初めてのぶんの転職活動は、

今、考えても駄目駄目である。

結局、有給期間中に転職先は決まったものの。

あまりの計画性、準備のなさにあきれてしまう。


①流れで退職をしている。

②転職先が決まる前に退職をしている。

③転職サイトさえも登録していない。

④履歴書・経歴書もまともに書けていない。

⑤エントリー数が少なすぎ。

⑥面接の準備が付け焼刃過ぎ。

⑦面接の応答が悪い。


などなど、指摘事項がわんさかある。

これから転職を始めるみなさんは、

安心してください。

こんな適当な私でも、内定をもらえました。


今、振り返ると、やはり、きちんと準備を

すればよかったなと思います。


①冷静に考え、十分に気持ちの整理をする。

②転職先が決まってから退職をする。

③転職サイトを少なくとも3社は登録すべし。

④履歴書・経歴書は大事なので時間をかけて準備すべし。

⑤エントリー数は、選り好みせずに50社以上はせよ。

⑥面接の準備は抜かりなくせよ。

⑦面接の応答は適切に!


こういう風に、当たり前の事をきちんとやる事が、

いい転職への近道です。


とはいえ、所詮は初めて転職する。

初心者マークなのですから、

逆にできていない事さえも、楽しみましょう。

逆に楽しい!」が合言葉です。(某ドラマより拝借)

<関連記事>
転職におすすめのサイトは こちら

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村