自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

転職のタイミングは、無理矢理楽しむ時

tubuyaki

はじめに

「仕事を楽しむ」これほど大事なことはないと思います。
毎日、仕事を楽しもうと考えて、努力して、
成果が出るうちに仕事はどんどん楽しくなってくるものです。

 

仕事を楽しむという意識が先にあって、それが実現していく
これが潜在意識の力をかりた理想の状態だといえます。

 

実際に、楽しみを探し、どの流れで努力をしていくことで、
才能も開花し、仕事は楽しくなってきます。

 

しかし、サラリーマンの世界の中で、自分の努力だけでは、
不可能な壁にそのうちぶち当たることになります。

 

それが、組織の壁、企業文化の壁です。

 

人はたくさん集まると、制度ができ組織となります、
やがて定着すると組織の中の精神も統一され、
文化となります。

 

この壁にぶち当たると、きまって仕事は楽しくなくなります。
自分の力の限界を感じることになります。

 

そして、ほとんどの人はここで一気にモチベーションがさがり、
仕事は楽しくなくなります。

 

もちろん、世の中で成功者や革命児と呼ばれる人達は、
巧みにその壁を越えて、会社を変革していきます。

 

ですが、あなたはそういう人でしょうか?

 

私も含め、へこみがちな平凡な凡庸な人達ではないでしょうか。

 

そういう人達が、この壁にぶち当たった瞬間、
バラ色の人生が、ドロドロの世界だったと思い知らされます。

 

組織というのは、互いの利益と権力が集約され、

 

ドロドロの塊です。

 

そして、その塊は毒をもっています。

 

強い精神力や大欲がなければ耐えられるものではありません。

 

普通の人は、その毒に当てられて、心身を病んでいくことでしょう。

 

そして、ある日こうつぶやきます。

 

「最近、仕事楽しんでないな、仕事は楽しまなきゃ」

べき思考

楽しまなきゃとつぶやいた瞬間に、

 

心は病んでいます。

 

楽しむとは、結果生まれる自然現象だと私は思います。

 

自らの意志で楽しむというのは、土台無理なはなしで、

 

それを無理やり続けるという事は

 

心に負担をかけることになります。

 

自分の本当の思いを抑圧し、精神の奥底の牢屋に入れ込む行為です。

 

こういう楽しむべきという思考は

 

責任感があっていいのですが、

 

辛い中にいる人には、重荷となり毒となります。

 

もし、あなたが

 

「楽しむべき」だとか、「楽しまなきゃ」と

 

自分に無理やり毎日言い聞かせているのに

 

ふと気づいたら。

 

転職のタイミングかもしれません。

 

なぜなら、

 

心が今の仕事に対して、

 

楽しむ事を拒否しているからです。

 

べき思考で、楽しめるほど

 

心は強くはないのです。



まとめ

楽しむと楽しまなきゃという強迫観念的な思考は違います。

 

前者は積極的で、後者は消極的な思考の回避から生まれます。

 

その違いに気づき、もし自分が行き詰っているのならば、

 

転職を考えてみることをおすすめします。

 

転職は甘いものではありませんが、心が今の仕事に拒否反応を

 

しているならば、思い切って違う道を進むという心の知らせだと

 

思った方がいいでしょう。

 

自分に正直に、純粋に行きましょう。

 

そしたら、きっと新しい道も開けるはずです。

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村