読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

今働いているのは誰のため?自分のため?

gannbaru

プルプルプル 深夜の1時に電話で起こされる


連日の終電までの残業、深夜には電話、土日も会社に呼ばれる。

ITでお客様の運用サポートをやった人であれば

おそらく体験済みであろう、常識ではありえない世界が

IT業界である。

システムが失敗して、深夜に呼び出され、

泣く泣く障害対応をする。

なんで、こんな目に合うんだと

神様と自分とシステムと上司と会社を責める。

以前、私もそういう経験をしました。

そんな毎日が続くと疲れてきます。

何かわからない精神の奥の場所に

疲れが蓄積していくような感じです。


それが続くと、休んだつもりでも、

ついキレやすくなったり、

反対に落ち込みやすくなります。


でも、何とか毎日頑張ろうとします。


チクチクチク


そうしている間に、時間が過ぎていきます。


気づいたらなんと30代!

お腹もいつの間にか成長w

振り返れば、奴がいない


30代になるまで、

毎日、深夜のサポートや休日出勤をして

とても頑張った

会社のために、

お客様のために、

出世のためにがんばった。

へとへとになるまで頑張った。

そしてついに手に入れたもの

それは、なんときれいな黄色い箱だった

家に帰って開けてみると

なんと・・

「空」だった。



そう、十年以上仕事を頑張って、

私生活をすべて仕事にあてて

会社のために頑張った。

そして手に入れた黄色い箱は

空っぽだった。


私は黄色い箱の中身に

何も入れる事ができなかった。

その中身は仕事の時間で消えてしまった。


人生の貴重な時間を使って

その結果得たものは、何もなかった。

これが過酷な仕事を頑張った結果で、

これが人生の現実だった。

頑張ったら良い事があると学校教育で

散々教え込まれてきたけれど、


振り返っても奴はいなかったのだ。


階段を登ればそれはバラ色の世界


時間を仕事に費やし、

ワーカホリックのように働いて

結果気づいたもの

それは、仕事は何も生まないという事。

仕事の人間関係も辞めてしまえば消えてしまうし、

仕事で頑張って身につけたスキルさえも、

別の会社では通用しないし、年をとれば落ちてしまう。


もう少し、もう少しとへろへろになって

働いた結果が、この状況だ。

いったい誰のために働いたんだろうか。

栄養ドリンクを飲んで頑張るあなたに愛情


真面目に遅くまで頑張る。

このTHE ビジネスマン像は、

バブル崩壊後に終身雇用神話とともに崩れました。

むしろ、

残業せずに速攻帰ってしまう、あの人は

プライベートの時間をきちんと確保し、

尚且つ空いた時間で副業して稼ぎ。


とっても頭のキレる同期のあの人は、ある程度楽しみながら、

仕事で実績を上げ、あまり残業をしなくても、

給料あげあがの状態。


一番、働いて、真面目に誰もが嫌がる仕事をやった、

そうその真面目なあなたが一番損をしているのだ。


昔なら、真面目で勤勉でも、年功序列、終身雇用でやっていけたが、

今は、そういう人ほど損をする世の中。

ちょっと残念だが現実と認めるほかはない。

黒縁メガネのお人よし


今は、真面目で勤勉で黒ぶちメガネをかけていても、

賢く生きる時代です。


真面目でも、残業時間を管理し、

時にはさっと帰って、家族に料理を作ったり。

家族のために有給を使って休むのも大事です。


真面目で勤勉は、あくまで仕事の範囲内で、

しかも、残業や休みはきっちり取る。

副業もやれる範囲でやってしまう。


大事なのはきちんと結果を出すことです。


全国の黒縁メガネさんも変わるときが来たといえるでしょう。



会社のために働くのもいいことです、

私が言いたいのは、犠牲になるなという事です。

会社に奉仕する事と、犠牲になる事は根本的に違います。


奉仕は心からやりたいと思ってやる事です。

犠牲は嫌々自分の身を削ってやることです。


圧倒的に後者で長時間労働をやっている人が多いと思います。


そういう人は少し考え方の角度を変えて、

人生について考えてみる事をおすすめします。


自分のため、家族のため、沢山の人のため、

あなたは誰のために働くんでしょうか。
ここまで読んで頂きありがとうございます。

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村