読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

IT土方のどん底から将来を語る 30代IT天職コラム

donzoko

ITどかた? どのかた?


IT業界の中でも、下請け構造の会社で大手仕事のおこぼれをもらったり、

大手企業に技術者を派遣や常駐させて働く業種をIT土方と揶揄を込めて呼ぶことがあります。




実際に私もIT土方の中の一員として

 

ドナドナで技術を売られて働いている一人です。



実際は、言葉でいうほど、

 

業界全体が物凄く酷いという事はないと思います。



ただ一部の社員を駒としか扱わない酷いブラックな企業は

 

まぎれもなく存在します。(経験済み)



そこまではなくとも、

 

愛社精神とか、

 

この仕事のためにとかいうのは

 

あまり生まれてこないような気がします。



何よりも、お客さん先で働くのは

 

とっても肩身が狭いので、

 

精神的にタフでなく、

 

人付き合いが苦手な人は

 

直ぐに精神的にやられてしまいます。



なにせ、IT業界は

 

PCの前でカタカタやるだけで、

 

あまり人と話さなくてもできるもので

 

追い詰められてしまうと

 

それを話して発散などもできずに

 

体調を崩してしまいます。



また、給料に関しては

 

よほどお客様の評価が高いスペシャルな

 

技術者でない限り、

 

平凡ではあがらないと思ってもらった方がいいいです。



ですが、それでも他の業界よりは

 

給料は明らかに高いので、

 

その点ではIT土方でも満足できるものがあります。



ただ、欠点としては、

 

年齢があがってくると、

 

業界を変える人が続出します。



なかなかPCの作業を定年近くまでやるのはキツイですし、

 

夜も遅くなる事が多く体を壊しやすいという

 

業界構造があります。

 

ガッテン承知

 

私自身は、

 

こういう業界構造を知って、

 

理解したうえで、承知で働いています。



それに逆にこういう中で働いた方が

 

将来への危機感も強いですし、

 

熱く燃えたぎるもの、反骨精神が出てくるのです。



だから、世間でいわれるように

 

IT土方は最低で、どん底という思いは

 

あまりなかったりします。




もし、一般のイメージ通りの

 

超ブラックなIT会社に新卒で入ったら、

 

1,2年なんとか我慢して

 

プログラムを勉強させてもらって、

 

もっときちんとしたIT企業に

 

転職をすればいいだけだと思います。



充分スキルは身につけているわけですから、

 

転職後もやっていきます。

 

今一歩大気圏を歩く

 

こういう業界ですが、

 

将来はどうでしょうか、

 

元請け下請け構造はなかなか変えれるものではないでしょう。

 

大事なのは、そういう中でも、

 

技術者が生き生きと働いていけるかだと思います。



下請けに慣れ、ペコペコするのに慣れ、

 

命令通りに慣れた技術者は

 

一人で立つことはできません。

 

だから、そういう意識を変えていかねばなりません。



変わるべき未来は

 

下請け元請けではなく、

 

プロフェッショナル同士のチームとしてのシステム開発です。

 

それぞせの企業や個人が独特のスキルをもち、

 

互いに尊敬してプロジェクトを動かしていく。



確かにその中には大手とか中小とかの枠はありますが、

 

ペコペコ下請け感はないでしょう。



そういう業界になっていければ、

 

あくまで腕一つで尊敬され慕われてやっていけます。



そういう士業系職種のようなプロな世界が

 

私が夢見る世界です。



金を握っている側、貰うがわという今の

 

IT土方構造なんて大っ嫌いです。



なぜ、シリコンバレーみたいに、

 

小さい企業が知恵を絞って

 

大きなものを創ることができないのか。

 

長いものにまかれて、下請けで満足するのか。

 

私には理解できません。



このままでは、日本でアメリカのような

 

偉大なシステム会社はあまり生まれてこないでしょう。



きらりと光るソフトやサイトを創造でき

 

世界に新しいサービスを提供できる人材は生まれないでしょう。

 

カ・ナ・ウか?

 

だから、私は将来はIT教育にシフトしようと思います。

 

私の力だけでは、業界は変えられないです。



でも、吉田松陰が若い人の意識を強烈に変え、

 

維新の志士をたくさん育て、日本を動かしたように



私はITの世界でそれをやりたいと思います。



沢山のITサービスを生む人材、

 

大きなプロ集団の経営ができる人材。

 

業界を変える政治力をもつ人材

 

沢山の意識ある人を育てる教育力のある人材



沢山の人を育て、

 

ITは土方ではなく、

 

もっと夢のある業界にならなければならいです。

 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村