読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

日曜夕方心がざわつく 30代天職コラム

nitiyoubi

そよ風ではない


笑点みて、ちびまる子ちゃんみて、サザエさんみて

 

とどめに、大河ドラマをみて



段々と、明日の仕事がちらついて、

 

心がざわつく。



小さいころ日常的にみていたテレビ

 

どれが、大人になりサラリーマンになると、

 

明日を思い出すトリガーになる。



決して、仕事が辛いわけではない、

 

それなりにやりがいもある。

 

給料も十分だ。



でも、なんでだろうか

 

こんなにも心がざわつく



こんな症状が続いているとしたら、

 

あなたは仕事を楽しめてないのかもしれません。

 

仕事を楽しんではいけない集団暗示

 

日本の義務教育では、

 

一生懸命頑張る事を教えます。

 

言われたことを正しくやる事を教えます。

 

そして嫌な事を我慢してやる事を教えます。



それは、基礎教育としては重要な事ですし、

 

日本の発展の原動力となる勤勉さ、真面目さに

 

繋がっているのは否定できません。

 


ですが、あくまでその考えは基礎です。

 

やっぱり夕方がメイン

 

何となく嫌な事を我慢して

 

無意識化に隠して仕事をすると、

 

日曜日の夕方に症状がでてきます。

 

抑圧された感情が

 

日曜日の日常とTVを誘発要因として、

 

ふっと出るのだと思います。



その感情を我慢していきるのも人生です。

 

それはサラリーマンの所以です。

 

二本のうちのもう一本

 

一方で、我慢しないで楽しむ人生もあります。

 

それは自信の選択から始まります。



感情を冷静に分析し、感情に素直になる事で、

 

抑圧された思いは解放され、

 

心が晴れ晴れとなります。



「そういわれても、生活の為に、我慢する

 

しかないじゃないか。無責任だ!」

 

もっともな話です。



なぜなら、私も生活の為に好きでもない仕事を続けている

 

サラリーマンの一人だからです。



でも、30代になって、人生の折り返しを考えるように

 

なって、少し考えが変わりました。



自分が死んだときに、我慢する人生で

 

果たして幸せといえるのだろうか。

 

人は死ぬときに一番後悔するのは、

 

自分がやろうと思ってやらなかった事だそうです。

 

「好きな事に告白しなかったこと」

 

「やりたい事を我慢したこと」

 

そういった、自分が行動できなかったことが、

 

自分が失敗したことよりも、

 

深い未練となって残るようです。



そう考えたときに、

 

私は充分人生に満足しているのかという

 

思いが湧いてきます。

 

そもそもどうなの?

 

そもそも、日曜日の夕方に心がざわついて、

 

月曜日の仕事の事を思い悩む時点で、

 

後悔する人生を送っているのかもしれません。



そう後悔のレールの上を走っているのです。



でも、現実は厳しいです。

 

転職は甘くなく、給料も上がらず苦しい。

 

そこが心のブロックとなります。



他人に「我慢するしかないじゃないか、無責任と」

 

毒を吐くのは簡単です。



ただ批判するだけなのは、一番楽な手段だと言えます。



しかし、実際にやって行動して変えるのは難しい。

 

そのブロックを外すこと、

 

つまり心の声に素直になってみる事が、

 

後悔しない人生の出発地点といえます。




もし、あなたが日曜日にTVをみて、

 

ふっと心が苦しくなったら、

 

考えてみましょう。

 

今の人生は幸せでしょうか?

 

それが、あなたが変わる出発点になるかもしれません。




ここまで読んでくれてありがとうございました。

 

少しでもあなたが幸せな人生を送るための

 

手助けにこのブログがなればと思っています。

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村