読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

「かごの中の鳥でいい」30代サラリーマンのあきらめ 30代天職コラム


torikago

<転職活動のコツや体験談を厳選してお伝えする自己実現サイトです>
 

あまりにも何も起きないる日常

毎日人混みの中で縦一列にならび、

鉄の箱の中にギュウギュウ詰めで収まり。

オフィスの中では沈黙の修行

お昼休みは、寝る時間

午後は記憶喪失

休憩中はトイレでエンジョイ

いつの間にか仕事が終わる。

何したっけ?

残業中が本番開始

今日のノルマを達成しよう。

そして終電という警笛が鳴り終了

そして明日の審判をまつ。

ああ~

このままかごの中の鳥でいるのも

幸せかもしれない。

そう心の中でつぶやく。


仕事が無茶苦茶楽しいっていう人いないよね

仕事は楽しくないもの、そういう思いこみから

こういう退屈なスパイラルを送っている人は

案外多いのかなと思います。


そういうときに、中国の古典菜根譚の文章は

スパイスのようにピリッと効きます。



花も植木鉢に植えると、

ついには生気がなくなり。

小鳥もかごに入れると、

野趣がなくなる



山間の花や小鳥が、混じりあって

色どりを添え、

思いおもいに飛びかって、

いかにものびのびと

楽しげである方がよい。


菜根譚 吉田公平著 タチバナ教養文庫
 


菜根譚って野菜の話?⇒ではありません

私は菜根譚が好きです、この書物

ふとした時に何気なく開いて読んでみると

思いがけなくハッとさせられるからです。


私を含め大多数のサラリーマンは、

会社という鉢の中に植えられており、

年々生気をなくし無表情になっています。



そして、組織という囲いの中で、

外に触れず、純粋培養されることで、

個性というその人の好さを無くします。

金太郎飴をたくさん作る作業です。



そうやって、生気と個性を無くして、

毎日会社と家を電車という鉄の箱で

行き来するだけの毎日を送り続けます。

これがサラリーマンの日常といえます。


人間慣れたら、楽なもので

30代になるまで続けると、

それが当たり前になります。

本当に人として自然な生き方は

花は大きな原っぱに

鳥は大空を羽ばたく方が自然です。


人間も自然体が一番ではないでしょうか。



サラリーマンも、スーツを脱いで、

それぞれが本当にやりたい事を

やる方が、のびのびして楽しいはずですし、

自分を作ることなく、素でいられるような

そんな仕事をやる事は素敵なはずです。



ですが、分かっていても、それができません。

今の現状に落ち着いていた方が、

不満はありますが、不安がないからです。



そうやって今の環境に安住してしまいます。

そして一度安住の地を知ってしまうと、

人間とは弱いもので、なかなか決断というもの

がでずに保守的になります。

ちょっと変わった変人さん達もいる。

一方で、自分を作る事なく、素の自分のままで、

天職と呼ぶ仕事をしている人達がいます。


そういう人達(変人?)は大半が、

今の鉢の中から飛出し、

カゴの中から脱出してしまいます。


そうやってリスクを背負い行動した結果は

天職とも呼べる仕事につくという事で成就します。


今の環境を変えて挑戦してみると

天職の方から近づいてきて、そういう仕事に

巡りあうことができるのです。

人生はサイコロを振るのではなく選び取るもの

これは選択だと思います。

ですから全員に環境を変えろとは進めません、



カゴの鳥で一生我慢するか、

外で羽ばたくのを夢みるのか、


どちらもリスクがあります。

これは自分が後悔する事なしに

選び取るしかありません。



まだ30代ならばそのリスクをとり、

恐れず、外を羽ばたいてみてもいいのかなと

思います。


まとめのようでまとめじゃない

菜根譚のフレーズからヒントを得ての

ブログでしたが、みなさんはこの菜根譚

このフレーズをどう考えますか?

ちょっとだけ、今の自分が自然に

仕事ができているのか考えたのでなないでしょうか。

ダブルな転職失敗という後悔?

私は、夢を求めて転職をしましたが、

2回とも失敗でした。


今はその失敗した会社の一つで黙々と

冒頭のような思いで

サラリーマン生活をしています。

失敗というぐらいですから、

今の会社に満足はしてないのです。




しかし、不思議な事に失敗はしましたが、

後悔はしていません。。


それどころか、失敗してもなお、

心の中から反骨精神がわき出てきます。


「いつか絶対に天職に巡って楽しく働く」


そのために、また転職を選ぶかもしれないですし、

副業などを成功させ事業を始めるかもしれません。

自分でもわかりません。

「あがく」ことでしか活路はひらけない。

失敗を受け止めて前向きにトライしています。

30代であきらめてどうするんだと思っています。

高みの上るつもりです。


今は30代であがく時期だと思っています。

まずはあがくところから始めます。



30代まだまだあがきましょう。


ここまで読んでくれてありがとうございます。

 

<関連記事>
「ちょっとだけ教えちゃう」転職活動に最適❗厳選転職サイト情報

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村