自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

40歳SE引退説に対応する 30代天職コラム

bokunoyume

目次

 

知っててお得な? 限界説

 

まぎれもなく3KのIT業界には

 

40歳SE限界説があります。

 

40歳がシステムエンジニアの限界というのです。

 

そもそもSEは、システムのソフトウェアのお客とのシステムの

 

構想の打ち合わせから、設計などを行う仕事です。



それが中年になると次第に仕事についていけなくなり

 

限界となってくるというのです。



現実には、限界という事はないです。

 

定年まで働くような技術者は周りにもいます。

 

でも、ほんの一握りだと言っていいでしょう。



派遣先の大手企業のオフィスにいっても、

 

若い人が多く、リーダークラスでも45歳ぐらいまで

 

が主流だと思います。



沢山の人が定年前に別の業界にいったり、

 

コンサルや独立したり、

 

転職して社内システム部門に

 

収まったりしてシステム会社からは足を洗います。



例えば、プロパーで入って定年まで技術者として

 

残るとしたら、100人中1名もいないのではないかなと思います。

 

定年までSEで働けない6つの理由

 

定年まで技術者が持たない理由はいくつか挙げる事ができます。

 

①病気になる
 
 過酷な労働環境から定年まで精神や心身がもたず退社する事になります。
 これは非常に多いです。

 

②管理職になる
 
 エリートコースですね。技術者ではなくなります。

 

③システム部門に行く
 
 顧客企業(IT業界以外)のシステム部門で働きます。

 

 IT業界と違い、比較的年齢が高くても、会社の頭脳として働けます。

 

 
④未経験業界・業種に行く
 
 総務や人事系に移ったり、

 

 営業や他の専門職に移っていきます。

 

 結構若いときは技術者バリバリで40ぐらいで営業に鞍替えとか多いものです。

 

⑤新技術についていけない
 
 新しい技術に取り残され、需要が激減して

 

 仕事がもらえなくなります。

 

 ですので、②、③、④に進む事が多いです。

 

⑥独立する

 

 IT業界は独立がしやすいぐらい中小が多く。

 

 仕事も取りやすいです。

 

 だから独立する人も結構います。



このような選択肢を選び(選ばされ?)定年までには

 

1,2名しか会社に技術者は残りません。



これはIT技術者の宿命みたいなものです。





~       やばい      ~




 

30代からもう将来を考えないといけない業界

 

30代の私もヒシヒシと危機感を感じます。

 

色々と考えた中で決めたのは、

 

45歳でIT業界から足を洗うという事。



まだ元気で新しい事にも挑戦できるうちに、

 

足を洗う事にきめています。



私の場合は、⑥の独立を選ぼうとしています。

 

やっぱり人に使われ続け消耗するのは嫌ですし、

 

もっと自由に自分の意志で

 

世の中の役に立つことをしたいなと思います。



でも、IT業界、特にこの下請け構造の中で

 

独立しようとは思いません。



クリエイティブ性が全くなく、

 

泥臭く労働力を使うような業界に対して

 

嫌悪感を感じます。



昔就職のときに描いた

 

IT業界の華々しいイメージは

 

皆無でした。



だから、ソフトウェア系はないでしょう。

 

でも、ITそのものは大好きです。

 

そしてその技術が起こすであろう奇跡にも

 

興味があります。



ですからIT系に関わるような

 

IT系の教育の分野で残りの人生

 

情熱をかけないなと最近では思います。



この日本のITの構造を根本的に変えてくれる

 

革新ができる人材を育てたいと思っています。
 

業界への憎しみと、それでも尚残る希望

 

自分の力ではどうしようもないこの構造

 

死んだ目の技術者

 

ワクワクしない地道な作業

 

半奴隷のような客先での扱われ方。

 

会社からの冷たい道具のような扱い。



私では変える力はないかもしれないが、

 

人を育てることならできるかもしれない。



教育で日本を変えた、吉田松陰先生のように

 

自分も日本のIT業界の構造を変えて、

 

若い人が入ってもっと目を輝かせる業界にしたい。



ブラックやグレーなシステム会社は淘汰され、

 

クリーンな業界にしたい。



もちろん、こういう事を考えている会社も

 

IT業界にはありますが。



それはほんの一握りにすぎません。



なぜITの技術者は社畜として

 

扱われなければならないか。



プロの技術者として尊敬される存在では

 

ないんでしょうか。



客先からアゴで扱われなければならないのでしょうか。

 

契約を切られないか怯えなければならないのでしょうか。




そういう事を、当たり前と捉えても生活はできます。

 

別の業界に逃げてしまえば、こんな目には

 

あわなくてもやっていけるのです。



でも、なんでしょうこの世界

 

こんなに憧れたIT業界なのに!

 

モノづくりで世界を席巻できると夢見たのに!

 

現実はこんなにも苦しいんです。



なんでデータと毎日にらめっこして

 

障害対応ばかりしないといけないんでしょうか。



平凡な技術者だからでしょうか。

 

だから、給料も上がる見込みがなく、

 

みじめに夜遅くまで働かないといけないんでしょうか。




そんなのは嫌だ。

 

引退するでも、違った形でこの構造を変えたい。

 

そう思うのです。
 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村