読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

IT業界あるある

roboto

ITの業界構造と環境

 

IT業界は多岐にわたっていますが、

 

一般的にはSierを中心とした

 

業務系のソフトのカスタマイズを中心とした

 

仕事が圧倒的に多いでしょう。



Sierは良く建設業界にとらえると、

 

ゼネコンと同じ立ち位置だと考えていただければ

 

想像がつくのではないかと思います。



多くの下請け会社をまとめ、

 

プロジェクトを指揮し、

 

お客様と交渉し、

 

システムを成功へと導く企業です。



独立系もありますが、いわゆる有名メーカーなどの

 

冠をかぶった企業群が多くやっています。



そして、その案件に下請けと呼ばれる会社群が

 

群がっています。



大手のSierは下請けの窓口を絞っているので、

 

1次受け、2次受けといって、

 

どんどん仕事を下へと振っていくようになります。

 

近年は法律上の問題などから、2次受けまでが多いようです。



そして、この業界で特徴的なのは、

 

派遣やSESと呼ばれる、Sierや顧客企業先での

 

技術者常駐でのビジネスです。

 

受託開発といって、下請けでも自社内で開発をする企業も

 

存在しますが、受けるリスクと場所などの問題から

 

多くは、派遣やSESという客先常駐の形態をとる事が多いです。



また、近年はセキュリティ上(情報流出)の観点から、

 

Sierや顧客先でセキュリティーに投資をしている

 

オフィス内で仕事をする事が求められます。



ですので、IT業界は技術者を客先に送る企業が圧倒的に多いです。

 

それに、受託をするよりも、技術者を常駐させたほうが下請け企業が

 

儲かる構造ですので、良い優秀な技術者ほど、常駐が多くなります。



もし、ITの中でもSier系の仕事をしている企業に就職するなら

 

こういう企業構造となっている事を十分に認識していないと、

 

就職したのちに、自分の会社で仕事をする事が全くない

 

永遠の客先常駐をあなたは経験する事になります。




こういう中で、問題になるのが

 

やらされ仕事になってしまうという問題点です。



Sierの企業でない限りは、

 

与えられた仕事を決められた納期内で

 

収めたり、派遣契約であればそのスキルの提供を求めらえており、

 

お客と交渉したり、自分で計画を立てて

 

仕事を進めるという事を

 

そもそも外注の技術者に求めていません。




結果として、言われたとおりに、

 

スケジュール通りに開発し、

 

仕様どおりに進めるという

 

作業の完結を要求されます。



そういう中で、能動的に動くという事を

 

忘れてしまい。受動的な技術者が多数

 

存在する事になります。



ここで、私が違和感を覚えるのは、

 

意志を持たないでロボットのように作業する仕事が

 

果たしてよいのか、それが天職といえるのかという事です。



他の業界の方は異質と感じられるかもしれませんが、

 

この事がIT業界の常識といえると思います。



一方で、インターネット系の新興企業や、WEB系などは

 

また違った業界構造をもっていますので、

 

そこは色んな企業を調べてみるとわかるかと思います。

 

能動的に動くとどうなるか

 

下請け構造の中で、能動的に動くと、

 

「勝手にやらないでくれ」とSierの

 

プロジェクトリーダーから注意を受けます。

 

酷い場合は、すぐに契約打ち切りとなり、

 

その顧客企業を去る事になるでしょう。



リーダーの立場からすると、沢山の

 

下請け会社の技術者に勝手に動かれると

 

プロジェクトの収集がつかなくなるため、

 

勝ってな行動は、強く諌められる事に

 

繋がっていきます。




プロジェクトリーダーの経験が長い

 

私から言わせると、逆に受け身にさせた方が

 

問題の発覚が遅れ、モチベーションも下がり

 

逆効果を生むのですが・・。



プロジェクトの長には、

 

大手Sierの若い社員が抜擢される事も多く、

 

リーダー経験も未熟なため、外注した企業の

 

技術者に勝ってな行動をされないように、

 

上位企業の立場を使い収める事が多いのでしょう。



ですから、そういう経験をする下請け会社の

 

技術者は必然的に受け身になっていきます。

 

何もしない方が安心なのです。

 

受動的に動くとどうなるか

 

業界で、求められているのは、上記のとおり

 

仕事を言われたとおり、仕様書で支持されたとおりに

 

完結する事です。



上位会社の人間には逆らわず、黙々と仕事をする事が

 

要求されています。

 

慣れてしまえば、はっきり言って、

 

技術者にとっても、変に考えず、

 

淡々と自分の作業をやるので楽です。



それに、受動的にやる方が、

 

作業内容が増えることもないので、

 

自分の仕事が終われば、きっちりとした時間に

 

帰宅する事もできます。



これは、残業が多いこの業界の中で、

 

生き残る戦術だとも思います。



逆にSierの企業の社員は多くの業務を

 

抱え、動かない下請けの外注技術者を動かすために

 

頭を悩ます事になります。

 

そういう、Sierの大変さをみると、

 

逆に受け身でやる下請け技術者が責任も小さいし

 

とっても楽です。




結局は、客先常駐の下請け技術者は

 

圧倒的に受け身が多くなるし、

 

それが当然です。

 

私も受け身でやるのがいいけど

 

私はもともとIT業界ではなく、社内システムをやってきた

 

人間ですので、この業界の独特の雰囲気には最初面喰いました。

 

でも、下請け技術者として客先に派遣され常駐しているうちに、

 

段々と従順に言われた事を言われたとおりにやるのが

 

楽に感じてきて、順応していったように思います。



でも、たまに能動的に仕事ができると

 

達成感があり、仕事が充実しているように感じるものです。

 

ですから、能動的に動くことも大事だと思います。

 

ですが、無用ないざこざを避け、お客様の要望を

 

正確に守るならやはり受け身が正しいです。

 

それでも能動的になる

 

受け身が正しいのですが、

 

自分で副業を始めてみて、

 

やはり疑問が出てきました。

 

受け身ばかりで、仕事をやっても

 

なんのビジネススキルも身につかないという事

 

しかも楽しくないという事。

 

こうやって副業をやって

 

将来を夢見て、能動的に動く自分が

 

本当の自分ではないかという事です。



それで、最近は常駐先でも

 

率先して能動的に動くようにしています。

 

自分から仕事を広い、

 

Sierのリーダーにも積極的に

 

質問をして、意図をくみ取るようにしています。

 

でも、相当気を使って、丁寧にやっています。



むしろ能動的に動く方が信頼されているのを

 

感じます。



ですから、上手く能動的にやる事を取り入れるのも

 

大事な事なのだと思います。



むしろ相手の不信感の壁を越えてしまえば、

 

人間なので、頼りにされて

 

次の仕事に繋がっていくようです。



こういう事も、自分でビジネスをするうえでは

 

大事な事かなと思います。

 

能動的と受動的は戦略だ

 

一方で、受動的に徹するのも戦略です。

 

無用な仕事は来ないですし、

 

深い人間的な信頼はされないとしても、

 

技術があれば、そこを信頼されてやっていけます。



受動的か能動的かは、



戦略的に自分で選択するものと言えます。



ですが、もしただ淡々と何も考えずに

 

受動的に仕事をやっているとしたら

 

少し考えた方がいいかもしれません。



年をとってスキルが追い付かなくなったときに

 

自分の戦略がないと痛い目を見る事になります。




もし受け身を卒業したいと考えるなら、

 

今の会社に見切りをつけて、新しい会社に

 

チャレンジしてみるのも良いのかもしれません。



<関連記事>
「ちょっとだけ教えちゃう」転職活動に最適 厳選転職サイト情報

 

 

www.bunselfrealization.com

 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村