読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

「家族的でいいかな」小さな会社に転職する際の注意点

kazoku

<転職活動のコツや体験談を厳選してお伝えする自己実現サイトです>

目次

 

小さな会社に転職する際の注意点

転職後は家族的な会社で

 

大企業に勤めていた人にありがちですが、

 

今まで大きな巨大組織で組織のしがらみに

 

揉まれ苦労してきたため、

 

今度の転職では、小さな企業を志望して、

 

派閥がない、家族的な雰囲気の中で、

 

大企業のトップレベルのノウハウと巨大組織を

 

動かした管理能力を活かして、

 

小さな会社で、思いっきり経営者の右腕、左腕として

 

頑張っていくぞと考えている方もいると思います。



その考え要注意!

 

そう、小さい企業は家族的で働きやすいと思うのは、

 

大間違いです



むしろ、家族的という事を良く考えましょう。

 

 

小さな会社の3つの注意点

 

小さな会社には以下の注意点があります。

 

①経営者の独裁

小さな歴史ある会社や、創業者のいる会社ほど

 

独裁色が強く、古い社員でも容易に意見できない環境である事が

 

多いと思います。

 

そこに、大企業でプライドが高いあなたが突然入り、

 

あれこれ意見を言っていたら、

 

経営者に気に入られるどころか、目をつけられるでしょう。

 

それで一瞬でお払い箱です。

 

家庭的は表向きで、亭主関白の独裁国家だったのです。

 

この点は小さな会社に転職する際には、要注意です。

 

私も、経営陣と馬が合わなかったばかりに、

 

マネージャー層まで敵に回してしまい。

 

退職に追い込まれるという経験をしています。


②長老主義が強い

家族的な会社ほど、

 

長老的な人物が必ずいます。

 

すべての会社の情報と権限を握り、

 

大きく威張っている人物です。

 

小さな会社なので影響力は絶大です。

 

①の経営者独裁と同じぐらい、

 

あなたの自由を奪ってくるでしょう。

 

もし、小さな会社で成果を出して出世を望むなら、

 

一番の敵です。


③独自の企業文化が強い

言っておきますが、小さな会社ほど、

 

独自の企業文化を持っているのです。

 

しかも、小さい分色濃く

 

大企業出身の人から見れば、

 

一般的んではない慣習がたくさんあるはずです。

 

ひょっとしたら、ブラックまではいかなくとも、

 

グレーなことぐらいはやっているかもしれません、

 

しかし、企業文化が強いために、

 

みんながそれが当たり前と思っています。

 

ですから、あなたが行っても、その他の権力者が

 

みんなあなたに反論するでしょう。

 

そう容易ではないのです。

 
それでも目指す価値あり

 

色々ネガティブな側面も小さな会社への転職には

 

存在します。

 

ですが、あなたが思い描くように、

 

もし、先にあげた、経営者や長老、そして企業文化に

 

上手くなじめるようだったら、

 

その会社はあなたにとって小さく家族的で居心地が良い

 

とっても素晴らしい会社になる事でしょう。

 

天職ならず、天社となります。

 

 
ですが、大企業みたいに、部署やプロジェクトを変われば、

 

上司も人間関係も変化するような回避策はありません。

 

その企業に適合できなければ、OUTです。

 

あなたは即退職に追い込まれる事でしょう。



そういう事を十分に認識したうえで、

 

慎重に慎重を重ねたうえで、

 

その小さな会社を選ぶのか考えていきましょう

 

 

www.bunselfrealization.com

 

 

www.bunselfrealization.com

 

 

www.bunselfrealization.com

 

 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村