読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

30代未経験業界への転職は上手くいかない説を否定してみた

転職上手くいかない

<転職活動のコツや体験談を厳選してお伝えする自己実現サイトです>

目次

 

30代未経験業界への転職は上手くいかない説を否定してみた


あなたが、転職への決意を友人に伝えた際に、

 

「30代未経験業界への転職は上手くいかないから、

 

やめた方が賢明だよ。」

 

そう言われました。

 

あなたの友人は素晴らしい人だと言えます。



なぜなら、その説は正しいからです。

 

30代未経験への転職が上手くいかない5つの理由


①30代は20代よりも学習力で劣る


20代は吸収力の最も高い時期です。

社会をあまり知らないため、業界にも興味深々で、

なんでも吸収していきます。

それに、企業文化も素直に吸収して、

言う事を聞いてくれます。

反面、30代の転職組は扱いにくいです。

変なこだわりとプライドをもっています。

しかも、文句ばかりで学ぼうとしません。

こういう理由から、20代よりは不利です。


②30代未経験採用は人材コストに合わない

20代は、未婚で子供もいない事が多いです。

30代となると、家庭がある事が多いので、

企業側も、家族を養うコストを上乗せせざるをえません。

さすがに、新人と同じ給与に30代の人をするわけには
 
いかないでしょう。


もし、新人と同じ給料にすると面接でいわれたなら、

どんなに魅力的な会社だったとしても、辞退すべきでしょう。

常識はずれです。

なんでも採用したら、要求を受け入れると思っている企業は最低。

 (この企業には良い人材が今後入らない事でしょう。)

と、上記の理由で、企業側も低すぎる給料は支払えないため、

30代はコストがかかってしまいます。 


③給料が下がる可能性大

可能性といいましたが、30代で未経験であれば、

経験分の給料が入っていないため、100%給料が下がります。
 

④家族の猛反対にあい失敗

これも案外多いと思います、妻や子供に伝えた瞬間に

一斉に避難を浴びます。

これで意気消沈して、あきらめてしまいます。

考えてみれば当たり前です、一家の大黒柱である人が
 
急に給料が下がる未経験職種に行きたいというわけですから、

生活が苦しいのが更に苦しくなります。

ですから、100%猛反対にあいます。


⑤情報不足による失敗

イメージだけが先行して、企業説明を受けたり、実際に入社した後、

その業界の独特の慣習になじめないという事は良くあると思います。

それだけ、外のイメージと、中のイメージは全く違います。

華々しい業界にみえても、ブラックすれすれで

とんでもないという事は良くあります。


そういう事前のイメージと本来の事実をきちんと情報収集して

つかんでおかない事が失敗へとつながるのです。

そもそも、業界情報はつかみにくいものなので、

リスクが高く、情報不足での失敗は多々存在します。


このように、困難がたくさんあります。

やはり、30代未経験への転職は

あきらめた方が無難といえます。


しかし・・・

それであきらめるぐらいのが、あなたの覚悟ですか?

あなたの人生そんなことで終わるつもりですか?



===================================
30代未経験業界への転職は上手くいかない説を
 
否定してみた
===================================


安心してください

上記の5つの理由への対策を考えれば、

道は開けます。

5つの対策で、30代未経験業種への転職は不可能という

理論を否定し、実現へと変換します。


一つ一つ対策を考えていきます。


不利を逆転する5つの対策

①30代は20代より学習力で劣るが他では有利な策

確かに学習力では不利かもしれません、

でも20代でも学習が苦手な人がほとんどという

事実を忘れていませんか?

東大ぐらい出るぐらいの人であれば、20代とか関係なく

学習力ではかなわないはずです。

そう、学習力は年齢ではなく人それぞれです。

あなたが20代のやる気のない若者よりも、

真剣に勉強をしてしまえば、

すぐに追い越せます。

それぐらい、覚悟とやる気が学習には不可欠です。

また、確かに劣るが、

あなたには他の業界経験があります。

前の業界と今度の業界を比較して、

今度の業界の劣っている部分を改善してあげるのです、

そうすれば、不利な学習面を、異業種の業界知識で

埋めることができちゃうわけです。


②30代未経験採用を経験採用に転換する策

①の回答にも関係しますが、

異業種の業界知識と、そこで培ったスキルの棚卸をします。

そしたら、転職先の業界でも通用するスキルは必ずあります。

そこを自分の強み、経験としてアピールします。

また管理経験も強みです。

そういう部分を積極的にアピールすることで、

なんと未経験採用から、経験採用に転換できます。

今の世の中、異業種の優秀な人材を採用して、

会社の改革の起爆剤としたいという経営者も多いです。

そういう経営者がいる企業なら、

面白い人材として、採用してくれるでしょう。


③給料を下げない対策

②の回答が応えです。

経験採用への転換に成功する事で、給料は下がるどころかあがります。

また、そういう経験がない場合の策としては、

下がる会社への内定はけることです。

未経験業界への転職は時間がかかるのは当然ですから、

給料下がる場合はその内定は蹴りましょう。

それでも下がる場合は、資格をいくつかとった後、

リトライします。

絶対に企業側の罠に乗ってはいけません。


給料は下げないのです。

時間をかけて見つけるのです。


地味な作戦ですが、効果的です。

安易に年収は下げるものではありません、

転職市場では一度給料を下げて就職してしまうと、

そこを辞めた際に、前の会社の年収が基準になるので

ずっと給料が下がる事になります。


私は自慢ではないですが、この罠にはまり、

年収を100万円下げてしまいました。

その会社を辞めて、次の会社に入った時、

やはり100万円下がったままの年収を

飲むしかありませんでした。

 
これは転職市場のワナです。

気安く自分の価値を下げないでください。


④家族の猛反対回避策

これは③の対策に繋がっています。

一番の問題は給料が下がる事です。

本来はあなたがやりがいのある仕事につくわけですから、

家族は反対はしないはずです。

ですから、反対する一番の理由が

給料が下がるという事となります。

下げなければ、案外納得してくれます。

もし、納得してもらえないなら、

相当あなたは家族をないがしろにしてきたのでしょう。

そこは反省をしなければなりません。


⑤情報不足への対策

友人経由やSNSなどで、その業界出身者を探して話を聞きましょう。

そうすると結構リアルに業界事情が分かるものです。

学生の時は熱心に先輩の話とか聞いていたのに、

30代になったら聞かないのですか?

情報収集してください。

いくらでも方法はあるはずですよ。

どうしてもわからない場合は、

正社員ではなく、契約社員採用で入ってみる事も一つの手です。

その場合は家族の了承が得られなかったり、給料は下がってしまうのですが、

契約なので辞めやすいという事があります。

これは苦肉の策ともいえるのでおすすめはしません。


まとめ

結局は熱意です。未経験へいくというのに壁がない事がおかしいのです。

あなたはそれがわからない30代ではないはずです。

わかったうえで、どうしても未経験業種に行きたいはずです。

ですから、このブログも読んだはずです。

ならば、その情熱を忘れずに、

冷静に一つ一つ問題に対応してください。


そうすれば、問題の方から崩れていきます。

サラリーマンの安定で腑抜けになって、

サバイバル精神を忘れてませんか?

忘れているなら、思い出しましょう。


家畜の豚から、野生のイノシシに生まれ変わるのです。

冷静かつ猪突猛進でいきましょう。

当たれば壁は砕けます。

そういう野生の精神を内に秘めて

世の中の矛盾に挑みましょう。


30代未経験転職はできます。


ここまで、読んでいただき

ありがとうございました。

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村