読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

自信を失う自分は幽霊のよう


BlogPaint



仕事ができない人は

周りからアドバイスを受ける。

アドバイスを受けてもできないと

陰口を受ける。

それでも受けないと罵倒を受ける。

それでもできないと何もいわれない。

仕事場の幽霊となる。


<ぶん流>
 

自信を失う自分を元気に励ませますか
同じ仕事をやるにも、できる人とできない人が
 
いるから不思議なのです。
 
できないというのは最初は確かにその人の問題
 
だといえますが、
 
でも、失敗をして周りが怒るというのが
 
無限ループ的なものになっている場合があるから
 
気を付けないといけません。
 
 
そうなってくると、そのできない社員だけでは、
 
どうしようもない状態となってきます。
 
 
その行為がいつの間にか、職場のいじめになってしまい。
 
結局はみんなが苦しむ事になります。
 
その最終段階が無視となります。
 
 
同僚から無視をされてきたら、
 
流石に退職を考える事になるでしょう。
 
 
でも、なぜ仕事が出来る人とできない人がでてくるでしょう。
 
それは最初は少しの差なのかなと思います。
 
ちょっと面倒だから、ちょっと難しいから手を抜いた。
 
その積み重ねから、周りができない人間というレッテルを貼り、
 
それがゆえに本人はそこからの逃げ道を無くしてしまいます。
 
人間は周りの期待(レッテル)どおりに行動してしまう癖があります。
 
そして、実際に自分が失敗するうちに、
 
自分はできない人間という自己暗示をかけます。
 
さらに、その結果から自身を失ってしまいます。
 
まさに負のスパイラルに突入です。
 
この段階になると、もはや当の本人ではどうしようもない状態になります。
 
 
私もこのような経験をしたことがあります。
 
それは、はじめて自動車学校に行ったときでした、
 
担当の教官は口うるさい人でした。
 
アクセル、ハンドルが駄目、センスがないなど
 
ぼろ糞にいわれました。
 
そしてお前はマニュアルは無理とまで言われて、
 
その教官の前で失敗ばかりしました。
 
でも、今はきちんと免許をもってマニュアルも運転できます。
 
実際に駄目なところを指摘され続けると本当に
 
できるものもできなくなるという経験でした。
 
 
この事象を仕事でやってしまうと、本当にキツイ
 
状態になります。
 
 
そして最終段階の無視の段階まできたら
 
末期状態なので、転職を考えてみてもいいのかも
 
しれません。
 
 
仕事において何よりも大事なのは自信です、
 
周りから駄目だしを受ける環境下では、
 
自信もつかず、できる事もできないまま
 
成長しなくなります。
 
そういう状態でその会社にずっといても、
 
あなたの自信を取り戻す事は難しでしょう。
 
 
でも、新しい環境でちょっとでも成功して
 
自信をつけたなら、自分がなんでこんなに
 
仕事ができるんだろうと、自分の能力に
 
驚くことになります。
 
 
実際仕事とはそういうものです。
 
自分の心持ちが大きく仕事の成果に
 
影響するものです。
 
 
ここまで読んでいただき
 
ありがとうございました。


<関連記事>
「ちょっとだけ教えちゃう」転職活動に最適 厳選転職サイト情報

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村