読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

30代平凡サラリーマンの明日への恐怖

BlogPaint

真面目なサラリーマンに忍び寄る30代の恐怖

就職から10年あまり、我武者羅にやってきた
 
サラリーマンが30代になると息切れを起こします。
 
30代は20代の時になかった恐怖が芽生えます。
 
それは出世ができない恐怖です。
 
順調に周りが出世をして、主任、課長などと
 
輝かしい出世コースを辿るなかで、
 
自分自身は平社員
 
今は年功序列ではありません。
 
平社員ではサラリーマンの平均年収ぐらいしか
 
望めないのは明らかです。
 
昔なら、そのまま会社に留まることで給料増も
 
期待できていましたが今はそういう時代は去りました。
 
平であれば平社員の給料しか望めません。
 
今の給料でいけば、何とか住宅ローンは返せそうですし、
 
子供たちも国立大学までは夫婦共働きでなんとか
 
やりくりできるかもしれません。
 
 
でも、心が泣きます。
 
自分も出世して、管理職のイスに座りたかったなあ。

 

そう、30代の恐怖とは、出世の限界がみえてきた恐怖なのです。
 

俺も、独立するか

 
出世の限界がみえ、その会社の限界もみえたところで、
 
一番最初に考え付くのが、脱サラです。
 
テレビでは脱サラして田舎でくらして
 
幸せそうにしている人が毎週映っています。
 
実際に独立精神旺盛だったり、例えば農業なら農業に
 
という風にある特定分野に情熱的な夢をもっている人は
 
30代で出世と会社の限界が見えたときに、
 
思い切って脱サラに挑戦していきます。
 
そして、その情熱や独立精神で成功を勝ち取ります。
 
 
ですが、平凡サラリーマンにはそれができません。
 
俺も、独立するかは、自分の自信のなさに
 
打ち消されます。
 
独立はリスクがあるし、農業で生活するっていってもなあ~と
 
そこで思考を止めるのです。
 
 
次に、転職を考え付くでしょう。
 
転職したら、管理職にも手が届くかも、
 
ちょっと淡い空想にふけって楽しみます。
 
でも、現実は甘くなく、給料が下がるのが
 
転職です、そういう友人の話を聞いて
 
「給料下がるリスクを負ってまで、転職するのはどうかな。
 
それに、俺得意な事何もないしね」
 
 
そして、今の平均年収で不自由だけどなんとかやっていける
 
暮らしでもいいなと30代にして安定路線を決めてしまいます。
 
そして何かをあきらめます。
 
「今の会社で我慢して定年までやろう。
 
それが家族の為だし、自身の為だ。」
 
 

30代にしてあきらめる

 
30代平凡サラリーマンがあきらめた事はなんでしょうか?
 
 

①平均以上の年収を得る事

 
独立も、転職もせず、今の会社で出世も見込めないならば、
 
今の平均年収以上は見込めません。
 
 
どうしても上げるなら、せめて、今の会社内で仕事の成果でもあげて、
 
出世する必要がありますが、先はみえています。
 
 
当然我慢します。
 
奥さんから給料安いといわれても、
 
「安月給だから我慢して」と言い訳します。
 
子供からゲームをねだられても、
 
「安月給だからボーナスまで我慢してね」と諭します。
 
でも、なんだか男として心もとない気持ちが
 
毎回起こります。
 
「でも、俺ってこれぐらいの人間なんだよな」と、
 
自分に言い聞かせます。
 
そうやって、年収は30代にして上がらない事が確約されます。
 
 
②出世・管理職への道
 
サラリーマンの夢の出世です、課長ぐらいになれば、
 
家族総出でお祝いでしょう。
 
確かに、今の会社では出世や管理職の道は厳しいかもしれません。
 
(そう思っている人間がそもそも今の会社で結果出せるはずないですが)
 
でも、独立して自分が社長になったり、
 
個人事業主として一国一城の主となれば、
 
あなたが一番偉いのですから、
 
実は出世の夢を満たすことはできます。
 
また、転職をして、その環境が
 
あなたにとって抜群にいい環境になり
 
みるみる出世していき、課長、部長と抜擢されることも
 
不可能ではないかもしれません。
 
そういう道をあきらめることになります。
 
③自分の情熱や夢
 
あなたの子供の頃の夢はなんだったでしょうか。
 
あなたの大学時代の目標はなんだったでしょうか。
 
あなたの社会人一年目の仕事への情熱はなんだったでしょうか。
 
よーく思い出してみましょう。
 
お菓子屋さん、サッカー選手、消防士という子供っぽい夢から、
 
アナウンサー、大学の先生、弁護士など割りと現実っぽい夢
 
もしくは、販売で日本一になるとか、この技術で一流になるとか
 
そういう情熱がたくさんあったのではないでしょうか。
 
それを安定を決めたときに失います。
 
せめて、その会社で新人の時にみつけた目標を忘れないでください。
 
初心忘れるべからずとはこのことを言います。
 
忘れたらそこで終了です。
 
それか、今の会社でとてつもない夢や目標を描いてみてください。
 
(でも、それがあるならそもそも明日への恐怖心なしなはずですがね)
 
 
④自分の人生のコントロール権
 
そもそも、現状にまけて、あきらめた時点で、
 
あなたは自分の人生のコントロール権を
 
すべて他人にゆだねた事になります。
 
自分で独立したり、転職したりと自分から動く事で、
 
人生は自分自身にコントロール権が移ります。
 
しかし、これを家族や会社にゆだねて、
 
自身の夢や目標を捨ててしまった瞬間に、
 
それは完全に相手のものとなります。
 
もし、会社にすべてゆだねてしまえば、
 
一生あなたは安い給料でこき使われて、
 
しかも使えない奴と罵詈雑言を浴びながら、
 
人生を終えてゆく事になるでしょう。
 
もう一度いいますが、自分の人生のコントロール権は
 
自分から動いたときにのみ、自分に渡されるものです。
 
この意味を考えましょう。
 
⑤天職探し
 
仕事は楽しいですか?
 
あきらめたあなたには、仕事が楽しい状態は
 
やってこないでしょう。
 
一生我慢して、楽しくない仕事をやりましょう。
 
自ら人生を切り開いた人の元にしか、天職は存在しません。
 
ある程度苦労して切り開かないとそれは、天職とは気づかないものだからです。
 
苦労して、努力して、見えた風景こそが、
 
天職で出会える風景です。
 
 

まとめ

こうやって30代サラリーマンの恐怖心を書いていますが、
 
これが転職前の自分自身の恐怖しんだったなとも思えますし、
 
現在も平のサラリーマンである自分自身への戒めのようにも感じます。
 
諦めるという事は、そこで可能性をすべて放棄する事です。
 
だから、あきらめないで挑戦し、行動していきたいものです。

 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村