読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

こんな会社にいるなら退職すべきBEST6

BlogPaint
<転職活動のコツや体験談を厳選してお伝えする自己実現サイトです>

こんな会社にいるなら退職すべきBEST6


はじめに

世の中には意外に酷い会社も多いもの、星の数ほどある会社で

良い企業を見つけるのはとても大変です。

大企業ならと思ってみても、はいって見たら結構大変だったりします。

中小企業はもっと有象無象の会社ばかり。

運よく天職・天社とも呼べるような会社に巡り合えればいいですが、

なかなか難しいもの。

時には退職を決意すべき時もあります。

そこで、退職すべきな会社BEST6を自選してみました。


①残業代が支払われないのに残業が多い会社

もし、あなたがIT業界で、残業代が支払われないなら即退職すべきです。

意外に零細企業が多いIT企業はそういう会社も多数存在します。

ITは新3Kと呼ばれるほど過酷です。

当然のごとく残業や休日出勤は多発する業種です。

また、デスマーチと呼ばれる、システム開発がおくれ、連日連夜

徹夜で仕事をする状態にも遭遇するので、

特に重要です、そんな肉体的にも精神的にも破綻するような

環境で残業代ゼロとか理不尽な事があるのかと

言われますが、間違いなく存在します。


ちなみに私はこの残業代未払いの状態で、連日深夜まで出勤させられる

環境下に置かれ、前職を辞める決意をしました。

お優しい事にハローワークには訴えませんでした・・。

もっとも、誰かが訴えて査察が入ったのか、

今は残業代が適切に支払われていると風邪の噂できいています。

⇒退職おすすめ度100% 法令順守しましょう。

②有給があるのに使わないように監視され、毎年自然消滅していく会社

有給は労働者の権利にもかかわらず、なるだけ残業を消化させないように

仕向ける会社は即辞めるべきでしょう。

これも、私の体験談からなので実在します

全員の残業消化が逐一チェックされ、裏で評価に反映されているのを

みた瞬間、ゾッとしました。

そもそも、私は有給が労働者の権利とはしらなかったですが、

有給使ったら、評価が下がると考えて、一切使わないですごしたものです。

今思うときちん全部使っとけば良かったなと思っています。

⇒退職おすすめ度70% 結構存在します有給使えない会社


③上司が毎日朝礼でパワハラする会社

個別の朝礼で、チームミーティングをしているときに、

毎日上司が切れて、全員の仕事の進捗を厳しく責めたてる。

そして一番出来てない奴が罵倒される。

これも私は経験済み(どんだけブラック企業に好かれる運命でしょうか)

こういうのが日常茶飯事な会社は退職を検討すべきでしょう。

そもそも罵倒するのは人間としておかしいですね。

指摘するのは結構ですが、人格否定までいくと最低です。

上に立つものなら、立つものらしく、丁寧に怒りを抑えて、

指摘をすべきでしょう。

怒鳴られて、精神的に参って会社に来れなくなる前に

辞めてしまいましょう。

⇒退職おすすめ度60%

まあ、そんな会社でも上手くやれる人はいます。

そもそも怒られ慣れてしまえばいいという意見もあります。

ですが、精神的に耐えられないなら即退職しましょう。


④社長が独善的でわがままな会社

本来、社長というのはほぼ8割ぐらいの人は、

独善的でわがままでしょう。

なぜなら、起業するには独善的で俺が一番みたいな考えがないと

そもそも独立しないですし、権力をもち命令をして人を動かすという事は

反面わがままだという事です。

ですが、何事も度を過ぎるとそれは災厄となります。

人事を社長の好き放題にし、自分にYESをいう人だけ、

集める会社は結構あるでしょう。

そういう会社は数年ぐらいで大体倒産する運命にあります。

それまでに、転職先を探し退職の準備をしておきましょう。

退職おすすめ度30%

まあ、今絶好調で給料も高いなら、ある程度我慢して、

またあのバカ社長やってるわとか思ってスルーすれば

いいだけですしね。
 

⑤社員の会話がSNSだけの会社

会社に入ると、シーンとして、キーボードのなる音だけする。

社員のPCを除くと、社内SNSが立ち上げられて

同僚と何やら会話中みたい。

最近ではよく見られる光景の一つではありますが、

仕事の指示まで、すべてSNSだと困りものです。

あくまで言葉を発して会話する事で得られる

親近感や情報などもあると思います。

そういう会話のやり取りがなくなるとさみしいですね。

あまりにもシーンとして、SNSからも自身が孤立している

ようであれば、退職の余地ありです。

ちなみに、私が転職した会社がこんな感じでした。

誰も話しかけてくれず。入社1カ月で退職を考えだしました。

SNS仲間に入れてくれといっても、中途で入ったんじゃ

なかなか輪にも入れませんよね。

というか、歓迎されてないのか・・・。

これは退職おすすめ度30%

まあ、SNSで話すのが好きな人もいるでしょうし。


⑥スケジュールが一切守られない会社

昨日、上司が10日後が締切だと言っていたのに、

今日になると明日提出しろと言われる。

こんなんじゃ仕事に何ねーだろー

そういう事が日常的に繰り返される。

これでは、折角たてた家族との予定も

返上し、休日出勤も必要となってしまいます。

そういったプライベートも犠牲になりますし、

仕事も変更変更でその対応にイライラ

不満は募るばかりです。

朝礼暮改といえば聞こえは良いですが、

ルーズなだけなのかも

そもそも、計画を修正しながらも、

コツコツやっていかないと何も実現しません。

スケジュールを一切守らない会社は衰退するのみです。

転職おすすめ度40%

耐えられるならいてもいいのかも


終わりに

退職の基準は人とそれぞれだと思います。

どんなにブラックな会社に勤めていたとしても、

それに耐えて淡々と仕事を遂行する人は存在します。

ですが、耐えるだけの人生も苦しいものです。

ですから、きちんと退職すべきかどうかの

自分なりの判断基準を持っておくことも重要です。

今回は私のBEST6、つまり私の退職の判断基準を

出しています。

もし、判断に迷っているなら、その基準の一つとして

ご活用していただければと思います。


ここまで読んで頂きありがとうございました。

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村