自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

怒る上司良い上司見分け方5つ



BlogPaint

怒る上司!でも、いい人を見分ける5つの方法

はじめに

 

パワハラという言葉が認知された昨今でも、

 

以前として、仕事ばで怒りだす上司はいるものです。

 

上司の立場も辛いものです、上からは業績や達成目標などを

 

連日突っ込まれ、部下は色々な問題を起こす。

 

特に中間管理職は本当に板挟みの辛い仕事です。

 

そういう中で、課長、部長怒らないでといっても、

 

その重圧からついつい問題が起きると怒ってしまうという事もあるでしょう。

 

でも、そんな怒る上司は最終的に2つに分かれます。

 

「いい上司」「悪い上司」

 

「いい上司」はあなたを思って怒っていたり、感情的に怒ったとしても、

 

最終的にあなたの人格を肯定してくれるタイプです。

 

サザエさんの波平さんのようなタイプです。

 

(たまにアニメで見せる波平さんの子供たちへの優しい目はウルッときますね。)

 

こういう上司につくと、毎日怒られて辛い反面、その温かさを感じて、

 

もっと頑張ろうと思い、部下はどんどん育っていくものです。



次に「悪い上司」です。

 

これは、部下を駒としてしかみてなかったり、、自分の責任を回避

 

更には自分の権力の行使の為に利用する上司です。

 

この上司にあたると、当然ですが、退職を選択するか、奴隷として

 

上司に付き従う道を選ぶか選択を迫られます。

 

ただ、部下を成長させる事を考えていないので、この上司の下での

 

成長は皆無といってもいいでしょう。

 

あまりいい事はありませんので、部署転向を画策するか、

 

いっそうのこと辞めてしまうのが良いでしょう。



ですが、良い上司か、悪い上司か判断するのは難しいものです。

 

特にまだ社会人経験が浅い人は、怒られるという事で反発しがちで、

 

その上司の奥底にあるものを見極める事ができにくいのではないかなと考えます。

 

今日は、良い上司にフォーカスをあてて、どんな上司が短気だけどいい上司なのかを

 

検討してみます。

 

私はその判断のポイントは怒ったあとの行動だと思いますので、その視点から

 

いい上司を見分けるポイントを考えてみます。



①人格否定を謝罪する上司

 

怒るのは良いとしましょう。しかし、人間ですから、

 

怒った拍子に仕事だけではなく、人格否定も交じってくることがあります。

 

「お前は適当な性格だから駄目なんだ」などなど、

 

本当に相手を傷つける言葉をいわれます。

 

問題はこの後です。

 

本当に短気だけどいい上司というのは、

 

きちんと相手を読んだり、食事に誘ったりなどして、

 

きちんと「あの時は言い過ぎた、ごめんな」と言えるものです。

 

私もかつてリーダーをしていた時は、怒ってしまった後には、

 

必ず色々酷い事いってごめんなと必ずいうようにしていました。

 

これができるかどうかで、その上司が周りに信頼されるかどうかが決まります。

 

謝罪しない上司にはほぼ誰もついていかないでしょう。

 

裸の王様にすぎません。



②責任を負う上司

 

仕事の失敗に対して、怒った後に、

 

その責任をだれが負うかが大事です。

 

その上司が短気だけどいい上司なら、

 

「責任は俺がとるから」とあなたを庇う事でしょう。

 

これぞ上司の模範です。

 

ですが、現実社会ではその反対の行動をする上司が

 

結構いるものです。

 

自分の立場が悪くなると、部下がすべて悪い。

 

「あいつが独断でやったんだ」といって、

 

全ての責任を転嫁します。

 

日本組織では、上長が責任を負うのは当たり前の文化ですので、

 

責任を負う上司であれば、短気でもいい上司といえます。



③仕事や精神面をフォローしてくれる上司

 

悪い上司は、怒った後に、仕事のカバーも精神面のフォローもせず、

 

放置します。であとはお前のせいだろとなります。

 

怒られた部下は、落ち込んで、仕事をどうしようと悩んでいるのに、

 

そこを上司が放置するとはありえない話ですが、実際にいます。

 

ですから、きちんと仕事の反省や改善、

 

落ち込んでいる部下の精神面をフォローしてくれる上司は

 

短気だけどもいい上司といえます。



④一生懸命教えてくれる上司

 

怒った後に、一生懸命、人生哲学や、上手くいうノウハウを

 

教えてくれる上司がいます。

 

そういう上司をみると、涙が出るぐらいうれしいものです。

 

「こんなに自分の事を考えてくれてるんだ」

 

「いつも観てくれてるんだ」

 

と本当に感動してやる気になるものです。

 

面倒なので、後はやっといて的な上司が多い中で、

 

こういう一生懸命さはこの人についていこうと思わせるものです。



⑤目が優しい

 

最後は、感覚的なものです。

 

怒ったあと、落ち込んで俯いていた顔をあげて、

 

上司をみると本当に優しい目をする人がいます。

 

怒っているけど、あなたをきちんと思ってますよというのが、

 

目をみてアイコンタクトすることで、直観的にダイレクトに

 

心に響きます。

 

「ああ、この人は怖いけど、優しい人だ」

 

この直観というのは大事なもので、

 

その人が信頼できるかどうかを判断する指標になります。



おわりに

 

世の中は広いです、今回挙げた5つをすべてを満たす人は

 

いないとしても、本当に尊敬できる上司はいるものです。

 

私は幸せにも、そういう上司と仕事をする事ができましたので、

 

短気だけど素晴らしい上司はいるというのがわかっています。

 

反対に、本当に駄目な上司の下でもたくさん働いてきました。

 

もしそういう駄目な上司に当たったのであれば、

 

我慢するのも辛いはずです。

 

配転を願い出るか、退職を考えていく事も必要でしょう。




【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村