読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

面接で退職理由を前向き変換する(嫌な上司編)

BlogPaint
<転職活動のコツや体験談を仕事のコツをお伝えする厳選自己実現サイトです>

面接で退職理由を前向き変換する(嫌な上司編)

はじめに

 

面接は一発勝負です。

 

面接官にどれだけ良い印象を得てもらうのか、

 

自分という人間をどうアピールするのか、

 

きちんと筋道を立てて準備しておかねばなりません。

 

その大事な面接で必ず面接官があなたにする質問があります。

 

「なぜあなたは今の会社をやめたいのですか」

 

「前職の退職理由を聞かせてください」

 

等々の会社の退職理由を聞く質問です。

 

これは非常に重要な質問です。

 

ここでまずい答え方をすれば、内定までが厳しくなります。

 

例えそれが、嫌な上司の元で酷い目にあって辞めた場合もそうです。

 

素直に「上司との確執、軋轢で辞めました」というのも勇気があってよいのですが、

 

少し前向きな感じに変換して臨む方がスマートでしょう。

 

今日はそんな嫌な上司が原因で退職した場合の、

 

退職理由前向き変換の方法について考えてみます。



退職理由(一例)

 

<面接官>

「退職理由についてお聞かせください」


<Aさん>

「新しく配属された、細かい事をネチネチ指摘する上司で、

指摘するだけでフォローもなく、

そんな上司の態度に嫌気がさしてきた。半年間我慢していたが、改善もされず、

退職を決意した」

 



退職理由の考察

 

変に頭が良くて、細かい事をネチネチ指摘してくる上司は結構いますね、

 

こういうタイプは周りから嫌われているものです。

 

それが他の人への攻撃ならまだしも、自分への攻撃にシフトした瞬間

 

頭が真っ白、世の中が暗いものに思えて来ます。

 

それを半年も我慢するだけでも立派です。

 

こういう上司はえてして部下を潰していくものです。

 

ですが、「ネチネチ」という言葉や、「嫌気がさす」などという言葉は

 

言葉にトゲがありますし。

 

面接官からみれば、

 

「上司に不満をもつ人間なのかな、Aさんをうちに入れたら、

 

あの嫌味なB部長と合わなくてすぐ辞めてしまうかもな」

 

となります。残念ながら頭が良く、ネチネチ言う上司は

 

どこの世界にも存在するものです。

 

前向き変換

 

<面接官>

「退職理由についてお聞かせください」

<Aさん>

「新しく入って来た上司はとても厳しい方でした。

その上司との考え方の違いなどで、苦しい思いをし、

退職に繋がったのだと思います。

しかし、一方で今までにない、大きな仕事を任され、

そこで精神的にも鍛えられて私自身大きく成長できた

と考えています。」
 



解説

 

私は、面接で嘘をつくのはタブ-だと思います。

 

入社後にそんなウソはそもそもわかりますし、

 

話す際の声のトーンや顔の表情でなんとなくぎこちなさを

 

感じてしまえば、面接官はなんか怪しいな他になんか

 

あって退職したのかなと考えてしまいます。



ですから、

 

・「ネチネチ嫌味な上司」⇒「厳しい上司」

 

※厳しいのは本当のことですよね。



・「上司の態度に嫌気」⇒「考え方の違い」

 

※元をたどれば、Aさんの理想の上司像があって、

 

上司の態度とその理想像が反するので嫌気がさしたはずです。

 

そういうのを考え方の違いと捉えて変換しています。

 

・「嫌な上司を我慢した」⇒「苦しい思い」

 

※我慢したというのは傲慢さが入るので、そういう感情を

 

苦しい思いをしたと和らげています。

 

・「フォローがない」⇒「仕事を任された」

 

※フォローがないというのは、Aさんに仕事を任せた証拠です。

 

しかも、そういう精神的な苦痛に耐えて仕事をしたことで、

 

多少なりとも成長できたはずです。

 

そういう部分は不満や恨みを感謝に変換するのがコツです。



おわりに

 

面接で気持ちを率直に話すことは大事な事です。

 

その誠実さが面接官の共感を生み、

 

採用を決定させるのです。

 

ですから、嘘は駄目です。ですが、トゲがある言葉を

 

連発しても、

 

「ただの不満屋だな、

 

こんな面倒な人はうちの会社にはいらない」

 

思われてしまうものです。

 

ですから、柔らかい表現にできるだけ言葉を変換し、

 

最後にそっとその上司の元で得た良かった事と

 

感謝を添えてあげるのが、大人の対応と呼べるでしょう。



面接官にも上司はいますし、嫌味な上司はたくさんいて

 

その方もそういう上司の元で辞める気持ちは察してくれる

 

ことだと思います。

 

ですが、強いトゲがある口調はなんども言いますが、

 

面接官の共感を引き出す事はできないものです。



あくまで感情的にならず冷静に物事をとらえて、

 

丁寧な言葉で話をし、

 

最後に少し感謝の念を添えましょう。

 

 

www.bunselfrealization.com

 


<関連記事>
転職活動に最適 厳選転職サイト情報

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村