自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

退職するか悩んでいる君へ贈る(大嫌いな仕事)

BlogPaint

はじめに

 何となく退職しようか迷う人の中に、仕事への遣り甲斐がないと感じている人がいるかと思います。今の仕事が嫌というわけでもなく、淡々とやっている人達です。そういう人は、心の奥の今の仕事が嫌いだという感情を押し殺して仕事を続けているのかもしれません。今日は、その点を考えさせられる一節をピックアップしています。

 

大嫌いな仕事をすると


大嫌いな仕事をしなければならないのは一種の拷問だ。仕事がいやだと思うと、朝起きることがつらくなり、なんとか一日を乗り切るだけで精一杯になる。そうなると、仕事に喜びを見いだすどころか、仕事を忘れようとして、今度の休暇や週末は何をして過ごそうか、給料がでたら何に使おうか、といったことばかり考えてしまうことになる。なぜ、こんな夢も希望もない生活を続けるのか。今の仕事がいやなら転職すればいいのに。

うまくいっている人の考え方 完全版 ジェリー・ミンチントン著 弓場隆訳 (ディスカバー)
 
ジェリー・ミンチントン ディスカヴァー・トゥエンティワン 2013-04-27
売り上げランキング : 1484
by ヨメレバ
 

ぶん流解説

 私の話になりますが、今の私自身、毎日週末の休みの事を考えて仕事をしていますから正直この文章を読んでギクリとしました。きっと私と同じで、大多数の人がこういう状態なのではないかと思います。仕事とは主体的でなく、命令やマニュアルのみで動いている場合はつまらないものです。それが考え方を変えて、お客様のためにと思えれば、 

仕事は楽しくなるに違いありません。でも、それができない仕事もあります。私は派遣技術者ですが、そこに主体性は求められていませんから、淡々と言われたとおりに設計し、プログラミングをするのが仕事です。 何も考えなくてもいいので、楽ちんですが本当につまらないです。
 
そういう風に、楽しめない仕事につくと、上記のように、今日の夕飯何かなとか、今週末どこにいこうかなとか、ボーナスいくらかなとか。まさにこの作者のいうとおりの行動をとっています。まさに夢も希望もない仕事です。案外、こういう風な仕事をやっている人は多いと思います。その場合は考え方を変えても、仕事の仕組みがそうなのですから、仕事を楽しむ事はできないでしょう。
 
では、転職すればいいじゃないか。その通りなのですが、この文章には続きがあって、今転職が難しくても、準備をしなさいと書かれています。私も期限を決めて、着々と転職の準備をしています。今、今の仕事が嫌で転職するかどうか悩んでいる人も悩むことから一歩前進し、準備を始めてはどうかと思います。新しい知識を勉強したり、資格を取ったり、色んな知り合いとあって将来を相談したり、そういった準備から、ある日チャンスは訪れます。その時に、エイヤーと転職しちゃいましょう。
 

おわりに

 今日は少し、自分自身の事を入れました。私自身も人の転職を応援するブログを書きながら、考えています。本当に楽しい仕事は何かを考えています。一生続けていけ、使命をもって後悔しない仕事はなにか。その為には今何を勉強しないといけないのか。少しずつ見えてはきていますが、まだまだ道半ばです。皆さんも、休日もワクワク、明日の仕事もワクワクになるように、悩むだけではなく、行動してみられてはいかがかなと思います。ここまで読んでいただきありがとうございました。 

 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村