読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

退職するか悩んでいる君へ贈る(挑戦心をもってますか)

BlogPaint

挑戦心もってますか

はじめに

 退職するかどうか悩んでいるときは、どうしても後ろ向きな理由が多いはずです。

ブラックな環境だから、

上司がパワハラだから、

成果主義が厳しく辛い、

社長の独裁会社、

出世がみこめないから、

給料が安すぎる。

これらは、理由ではありますが、ぱっと見た感じ後ろ向きな理由です。そういう理由が脳内をグルグル回るのですから、つねにネガティブモードです。一日過ごしただけで、どっと疲れがでるはずです。ここで、ちょっと考え方を変えてみると、実はその悩みスッと溶けるかもしれません。そんな時に効果的な一節です。 

君は挑戦的になっているか?

いまの会社を辞めるかどうか悩んでいる人、仕事を変えようと考えている人は、「いま現在、自分は挑戦的に働けているか?」、あるいは「新しい職場で挑戦的になれるのか?」と、自問してみてください。挑戦的になれないなら、環境を変えても何も変わらないでしょう。変えるべきは外側ではなく、自分自身なのです。
『一生、仕事で悩まないためのブッダの教え』アルボムッレ・スマナサーラ 著 三笠書房 
アルボムッレ・スマナサーラ 三笠書房 2012-02-21
売り上げランキング : 86764
by ヨメレバ
 

ぶん流解説

 「挑戦的に働けているか?」「辞めて、転職しても挑戦的になれるか?」ちょっとびっくりな言葉でした。でも、後ろ向きな考えで悩んでいるときに、挑戦的になれるかという判断基準をもってくるという事は、実際は非常に効果的なのではないかと思いました。実際、ネガティブモードになると狭い閉鎖された空間に思考が陥りがちです、そうなると、冷静な判断ができないものです。

それを、挑戦的かどうかという判断基準をもってくることで、スーッとネガティブな思考から、挑戦的なポジティブなものへ変換してくれます。実は、私もネガティブな理由で退職した一人です、挑戦できるかという思いのかけらもなく、転職してしまいました。
その結果、転職は大失敗で、今も辛い日々を過ごしています。挑戦的ではなかったのだと、この一節を読んで思いました。だから、信念を持てずに失敗したのだと考えました。次、転職の機会があるかと思いますが、その時は自分が挑戦できるかを判断基準として、自分の貴重な人生の時間をかける覚悟でいきたいと思います。それまでに、自分を磨いて磨いて、心を積極的にしていかねばなりません。 

おわりに

 このブログを書き始めて、退職や転職など仕事にまつわる問題の書籍を読み漁るようになりました、今回紹介した一節は、今までにない新たな価値観を私に提供してくれたように思います。後ろ向きな退職理由はそれはそれで大事にしながらも、挑戦できるかを基準に置くことの大事さと大きさを考える事ができました。皆さんも、その仕事、挑戦的に働けているか改めて考えてみてくささい。きっと人生が新たな段階に到達すること間違いなしです。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。 

www.bunselfrealization.com

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村