自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

ブラック企業から逃げない人の不思議

BlogPaint


<転職活動や仕事のあり方を考える自己実現お役立ちサイトです>

ブラック企業から逃げない人の不思議

はじめに

 

残業代なし、休日出勤代なし、

 

長時間労働、有給消化なし(圧力でできない)

 

こういった事は、日本では日常茶飯事といってよいでしょう。

 

私自身も遭遇し、こんな会社では働けないなと

 

退職を決めました。

 

日本風の考えで言えば、私は、逃げたといってよいでしょう。

 

しかし、

 

私が退職して以降も、

 

そういうブラックな会社に留まり続ける人がいます。



もちろん、ブラック企業ですから、

 

定期的に人材は流出していきますが、

 

残る人も確実にいるのです。

 

しかも、大勢いるのです。

 

今日は、そういう残る人にフォーカスを当てて

 

考えてみたいと思います。

 

逃げない人々

 

逃げない人々の言い分は大体こんな感じだったかと思います。



前の会社よりも今の会社がマシじゃん(つまり、前はもっとブラック<驚>)

 

え普通なんじゃないの(特に何も感じていない。)

 

この会社辞めても他の会社でやっていくスキルがない。

 

転職した人で成功した人はいないし、給料減るだけ。

 

転職して逃げる奴は弱者だ。

 

この年齢だと転職は無理だ。我慢するしかない。

 

自分しかできない。(自分しかできない仕事がある)



4つの型

 

上記の言葉を分析してみると

 

①もっと酷い経験型

 

②リスク回避型

 

③会社への執着型

 

④日本的価値観型

 

この4つのタイプに分けられるのではないかと思います。

 

これについてそれぞれ考えていきます。



①もっと酷い経験型

 

もし、前の会社が今の会社よりもブラック度が高い場合、

 

一般的には、もっと低い給料で、さらには働く環境も最悪だった場合が

 

考えられます。

 

この場合は前よりもマシなので、

 

今の会社がブラックでも幸せを感じる事ができます。

 

でも、全体からすると底辺な会社群なのですが、

 

井の中の蛙大海を知らずのとおりに、

 

現状の待遇で満足してしまいます。

 

こういうタイプは、本当にすごいです。

 

耐える術を学んでいます。

 

しかし、そういうタイプの人には

 

社会にはホワイトまではいかないまでも、

 

もっと普通の会社があるという事を知ってほしいなと思います。



②リスク回避型

 

極端に保守的な人達です。

 

挑戦よりも安全を求めます。

 

なぜなら、リスクがなく楽だからです。

 

何も考えなくても生きていきます。

 

その自分への言い訳として、

 

スキル不足、年齢、転職は成功しないなど、

 

自分に都合の良いことを取り入れています。

 

ですが、このタイプの人は感情を抑圧しているため、

 

飲み会にいくと愚痴のオンパレードとなります。

 

ある意味、自業自得といえますが、

 

大半の人はこのタイプに入ると思います。



③会社への執着型

 

ブラック企業の中でも、出世した人や

 

自由にできる仕事を与えられた人はいます。

 

そういう人達は、ブラックな部分に目をつぶっても、

 

今の会社に遣り甲斐があるので、

 

会社への執着があります。

 

敢えて愛着、愛社精神を使っていません。

 

こういう人達は、会社を神のように崇拝して、

 

今の仕事や会社が絶対だと思っています。

 

こころの底から自己洗脳をしているため、

 

ブラックが当たり前だったり、見て見ぬふりをします。

 

しかし、長い目でみれば、

 

こういった人達もかわいそうではあります。

 

貰うべき給料、与えられるべき時間を

 

家族や友人とのひとときに使う事ができたなら。

 

どんなに豊かな人生を送れたでしょうか。

 

もちろん、本人達は満足して、会社からも

 

認められているわけですから、

 

それはそれで後悔はないと思います。

 

でも、定年を迎えたときに、

 

本当の意味で、気づくと思います。

 

「自分は何をしていたんだろうと」



④日本的価値観型

 

日本人は、個ではなく集団を尊重します。

 

集団の為なら、玉砕覚悟で仕事をする社員はまだまだいます。

 

そういうタイプの人は、

 

退職した人間をあざけ笑い、馬鹿にするでしょう。

 

「あいつは弱いやつだ、成功しない、かわいそうに」と。

 

完全に退職者=悪人、弱者という価値観なので、

 

なかなか変えようもありません。

 

自分の会社のブラックさ加減を全く無視し、

 

退職する相手を猛烈に批判します。

 

もはや価値観がそれなので、

 

為す術はないと思います。

 

こういう人は逃げるという概念さえも、否定していますので、

 

留まるより他の選択はないのです。
 

 

結論

 

4つのタイプから考えていくと、

 

ブラック企業に留まる理由も少しずつみえてきた気がします。

 

その中でも、①と②のタイプの人は非常にかわいそうな

 

会社員生活を送る事になるかと思います。

 

ずっと我慢したり、外を知らずに生きるのです。



③と④のタイプの人は、本人が満足しているので、

 

良しとするしかないでしょう。



おわりに

 

ブラック企業は潰れなければならないですが、

 

現実にはそうはなりません。

 

人それぞれの考えや思いをもっている以上

 

悪即斬では済まされないのです(るろ剣?

 

しかし、その大勢の心理が、

 

ブラック企業を存続させ、

 

社会が変わる事を拒んでいるようにもみえます。

 

最近でこそ、

 

ブラック企業名が公表されてきていますが、

 

それは一部の大企業のみです。

 

中小企業はまだまだブラックボックスです。

 

ですから、学生はなかなか選ぼうとしないでしょう。

 

しかし、残念なのは、従業員の為に、頑張っている中小企業が

 

きちんと人材確保ができなくなる事です。



本来はブラック企業は社会からなくなる事が大事です。

 

それは、勇気ある人達が、会社を離れ、SNSで情報を拡散させることで、

 

会社の考えを改めさせ、ホワイトな企業に転身させる事です。

 

心底ブラックな企業を駆逐する事です。



ここまで、読んでいただき

 

ありがとうございました。
 
 

 

www.bunselfrealization.com

 

 

www.bunselfrealization.com

 



【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村