自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

これから面接に向かうあなたへ(平常心)

BlogPaint


<転職活動や仕事のあり方を考える自己実現お役立ちサイトです>

平常心

はじめに

転職でもっとも、緊張するのはやはり面接です。

特に社会人になって初めての面接という方も

大勢いるはずです。

今日は、そういったこれから戦いに挑む

皆さんへ贈る宮本武蔵の一節です。


心持の事

兵法の道においては、

心の持ち方は平常の心とかわってはならない。

平常も、戦いの際も、

少しも変わることなく、

心をひろく、まっすぐにし、

緊張しすぎることもなく少しもたるむことなく、

心が偏らないように

心を真ん中に置き、

心を流動自在な状態にたもち、

その流れが、一瞬も止まらぬように、

よくよく注意しなければならない。

 
五輪書

鎌田茂雄 著

ぶん流解説

宮本武蔵が、その生涯を通じて

会得した武術の術を書き残した本が

有名な五輪の書です。

決して、オリンピックの本ではありません

武蔵らしい、心を中心に置いた、

難解な文章も多いですが、

よく読むとその精神の鋭さに

驚くものがあります。

一流の人は一流の心を持つという事が

よくよく感じられます。

本題に入りますが、

そもそも、面接戦いで平常心と同じ心をもつのは

非常に難しいと私も思います。

ですが、緊張してガチガチの状態では、

面接官は上手ですので、

「この人大丈夫かな、ストレスに弱い人?」

いう風に感じて、いい印象を持ちません。

最初の方で、この状態になるのは

ある意味仕方がありませんが。

本命企業の時に、こうなっては元も子もありません。

普段の気持ちと同じ気持ちで、

面接官との会話を楽しむような感じで

面接の受け答えをしていくと。

その人本来の味が出てきて、

この人と一緒に働きたいなと面接官も思うものです。


実際私自身も、そういう経験をしています。

ガチガチの頃は、面接に落ち続けましたが、

普段のように、友達と話すように、

普通に、会話を楽しんでいくと、

驚くほど、面接の通過率が上がったものです。


新卒の場合は集団面接が多いので、

こういうことはできにくいですが、

転職の面接は1:2(面接官2名)か1:1の事が多いです。

そういった場合には、上記の作戦が取れます。

それには、ちょっとの勇気と平常と同じ心が必要です。

武蔵の悟りの境地まではいかずとも、

その場を最高のものにできる精神は持ちたいものですね。

おわりに

「面接は楽しむもの」

ガチガチの緊張では、

受かるものも受かりません。

ですから、

この宮本武蔵の強い言葉で、

勇気100倍、元気100倍で、

頑張っていただければと思います。

ここまで読んで頂き、

ありがとうございました。


<お役立ちサイト>
転職活動に最適 厳選転職サイト情報



【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村