自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

新社会人、5月病にならずに乗り切る7つのコツ

f:id:BunRyu555:20170408120229j:plain

はじめに

 5月病、新社会人がやっとのことで4月の仕事(研修)を終え、GWに突入して、気が抜けて、不安になり会社を休んだり、退職したりする人は案外多い。だけど、せっかく採用した会社もそうなると困るし、自分自身も、それによって自信を無くしてしまっては元も子もない。いづれ転職するとしても、ある程度のスキルや社会人としての振る舞い方、そして何よりも仕事ができるという自信をつけてから辞めてほしいものだと思っている。

 自分で何でも開拓できる、独立思考の強い人は、すぐに退職してもやっていけるだろう。そういう気構えと自信をもともと持っているから。

 だが、5月病にかかってしまう人は、真面目だったり、内気で思い込みが強い人が多いからなかなか難しい。休職したり、退職したりすると、益々自信を失い、悪い方に思い悩んでいってしまう。

 そういう若い子達をみていると、社会人にもちょっとしたコツがあるんだよと老婆心ながらも助言したくなるものである、今日はそんな5月病を乗り切るための7つのコツを考えてみた。

自分のスキル不足を嘆かない

新社会人になって、一番はじめにぶち当たる困難が自分のスキルがいかにないかを思い知らされることだろう。4月からの新人研修で他の同期とのスキルの差も顕著に表れて焦っていることと思うし、先輩から教えられたことが上手く実行できなくて、毎日苦しい、悔しい思いをしている新人も多いことだと思う。

でもね、嘆かないで欲しいと思うんだ。何で自分はスキルがないんだって思い詰めないで欲しいんだ。私だって技術のスキルが習得して一人前になるのに3年はかかったように思う、技術職だったから、非常に周りとの差は顕著だったけど、なんとかコツコツ勉強して挑戦してなんとかなったんだ。だから、まだ入社して一カ月ぐらいしか過ぎてないんだから、嘆かないで前向きに、もうちょっとだけ長期的にみて努力をしてみよう。

人間関係に鈍感になる

 もう既に人間関係に苦しんでいる感受性の強い新人さんもいるんだと思う。先輩のちょっとした批判や会話に思い悩んで、自信を無くしていて、休み時間にコンビニでパンとコーヒーを買って、ベンチで一人悔し泣きをしている人もいるかもしれないし、先輩から酷い一言を言われ、そっとトイレに駆け込み悔し泣きをした人もいるかもしれない。そういうの本当に辛いよね。悔しいよね。先輩や会社を嫌いになるよね。せっかく辛い就職活動を切り拓いて就職したし、両親も頑張って期待してたし、辛い毎日だけど逃げだせない。そう苦しんでいる人もいるかもしれない。

 私は、あなたでないから苦しみはわからない、でも人間関係の問題がとっても苦しい事は経験してきたからわかる。でもね、少し鈍感になってみたらいいよ。自分は新人なんだから「仕事できない権」を行使するってぐらいちょっと強気になったらいいよ。

「気にしない、気にしない」

そう自分に言い聞かせて、普段の自分のまま、普通の素の自分を出していこう。仮面なんて外してしまったら、人間関係も本当に楽になるよ。それに会社ではあまりいい子ちゃんを演じると良くないよ。どんどん辛い仕事を押し付けられることになるし、いい子=自分で考えない人と思われていい仕事をもらえなくなるよ。もっと感情だしてみなよ。素のあなたならちょっと面倒な人間関係でも乗り越えられるよ。仮面なんかつけてるから苦しいんだよ。

社畜という言葉を忘れる

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、社員として勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマン、OLの状態を揶揄したものである。「 会社+家畜」から来た造語かつ俗語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。社畜 - Wikipediaより

 大変な会社に入ってしまった、毎日残業で、休みも少ない。ヤバい。そう考えてしまって、まだ5月だし、1カ月しかその会社をみてないのに、もう退職を考えている新社会人もいるかもしれない。でも、ちょっと落ち着いて考えてみようよ。確かに、社畜と揶揄されるように一部のホワイト企業を除いては、大体上記のように日本の会社は残業は多いのは事実だよ。でも、残業が多い=辞めるは気が早いんじゃない。もし、法に触れるような企業(いわゆるブラック企業)なら即刻辞める準備をした方がいいと助言はすると思うけれども、そうでない残業が多いだけの企業なら、もうちょっと様子をみたっていいんじゃないのかな。

 社畜になった、もう会社に飼われて、少ない月給(餌)で養われて、どんどんと搾取されて、一生を会社という柵の中で過ごす。ああ、こんな生活は嫌だ。そう考えているんだと思う。でも、ちょっとその考え方を止めてみようよ、社畜って自分を卑下した考えだよ。あなた会社に就職してサラリーマンになったんだからさ、自分の事を馬鹿にして否定しても何にもいいことないよ。

 ちょっとだけさ、社畜という言葉忘れて頑張ってみようよ。せめて1年務めて、やっぱり社畜だと思うなら、その時辞めたらいいよ。でもね、フリーや独立する覚悟をちゃんと決めてね。そうじゃないなら、転職してもっといい待遇を受ける会社に入ったらいいんだよ。それでもね、社畜って考えてたらサラリーマンはもたないよ。会社の悪いところばっかり目について、不平不満ばかりになって、転職を繰り返す人(ジョブホッパー)になっちゃうよ。まあ、それは人生だし、私もそういう経歴だったりするんだけど。だから、一度社畜という言葉を忘れて、前向きに会社を捉えて頑張ってみようよ。

弱音を吐く

新社会人の君は弱音をちゃんと吐いているいるかな?先輩や上司、同僚に対して、自分の感情をちゃんと吐き出してるかな。5月で会社が辛くなる原因の一つに、あなたが自分を出せてない事が挙げられると思うんだよ。前も書いたけど、自分を出せないって辛いんだよ。仮面を被って演技するって辛いし、慣れないし、気が滅入るよね。だからね、コツとしたら我慢するんじゃなくて、あえて弱音を吐いてみるんだよ。最近疲れて大変ですとか、頭が混乱してます、無理かもー、何でもいいんだ、ちょっと冗談っぽく言ってしまえば、それだけでちょっとだけ気分がすっきりして前向きになるものなんだよ。大事なことは心の中に感情を溜めてしまわずに、適宜、吐いてしまう事なんだよ。

頑張り過ぎない

新社会人のきみ、ちょっと自分の肩を触ってみてみてくれな。肩張ってないかな?疲れてないかな。やっぱり慣れない仕事、慣れない人間関係でとっても疲れているよね。仕方ないとは思うけど、普段の自分を超えて頑張り過ぎてるんじゃないかな?まあ、頑張ることはいい事だと思うよ。でもね、自分の魂の枠を超えて、必要以上に頑張ると、反動が返ってくるように人間はできてるんだよ。そして、どっと疲れがきて、やる気が起きずに、5月病になってしまうんだね、これが。そろそろ、手を抜いてみようよ。ちょっと休憩を取って席を外してみたり、仕事の合間にちょっと週末の予定とかを考えて、頭をリフレッシュしたりしようよ。

 知ってた?仕事ってポイントを押さえれば、結構うまくいくもんだよ。大事なのは緩急をつけていくこと。ずっと張っていたら、慣れた先輩達でさえも心身が持たないんだよ。そういうもんなの。だから、自分は大丈夫っていうんじゃなく、適度に休もう。手を抜いてみよう。まだ、要領がわかんないかもしれないけど、まず、手を抜いてもいいんだと、ちょっと肩の力を抜いてみよう。

身体がキツイ時は早く帰る

弱音を吐くことと被る内容かもしれないけど、身体がキツイ時は我慢せずに、先輩にはやくいって、早退した方がいいし、風邪なら思い切って会社休んだ方がいいよ。体調悪いのに、無理して頑張っていたら、本当に5月に力が抜けて、会社に行けなくなっちゃうよ。長く、その会社に働いていくんだと思うから、今の休みぐらいで支障はないもんだよ。それよりも無理をして身体を壊す方が問題なんだよ。自分の身体の事は自分が一番わかると思うだろうから、よくよく考えて、中には会社を休みだすと癖になるから我慢した方がいいという助言もあるかもしれないけど、今は無視して、一度休んだらいいよ。案外、それで元気が復活したりするもんだから、無理してダウンする方が立ち上がる気力がでないものだけど、余裕がある時に休んでしまえば、復活も早いわけ。

休みの過ごし方を工夫する

 新社会人の中には、休みになると、家でひたすら寝て疲れを取る。そういう習慣がもう身について人もいるかもしれないが、ちょっと体を動かす習慣をつけておいた方がいいよ。私みたいに中年になって色々と病気が出てきちゃうよ。まあ、まだそんな事気にしないでいいぐらい若いだろうけど。でもね、体を動かすって大事だよ。ストレスも解放されるし、身体の緊張もほぐれて、頭痛や肩こりも緩和されたりする。

また、趣味に没頭してみるのもいいだろうね。頭がリセットされて、来週からの仕事へのやる気も出てきたりする。私もサラリーマン生活がながいけど、いい休みの取り方をした時(運動とか)は月曜日はやる気満々だねえ。

そういう風に、ちょっと休みの過ごし方を考えてみよう。疲れを取るために寝るってあんまりよくないよ。なんでこんなに束縛されて惨めな生活を送ってるんだって、さっきの社畜の話ではないけど、サラリーマンの自分自身を呪いはじめて、自分を追い詰めていくようになっちゃうよ。休日は好きな事を楽しんで、身体を動かす。そういう基本を大事にしていこう。そしたら5月病なんでならずに乗り切れるよ。

補足 失敗を気にしない

「失敗を気にしないで頑張ろう」と助言したいところだけど、きっと頑張ってるけど、ワケわからずに失敗しちゃったんだと思うし、色々と自分を責めてる事だと思う。でも、失敗を気にしてはいけないよ。気にして悔やむ事に精神を費やすより、次また同じ事が起こった時、どうやって上手くいかせるか、工夫できるかを真剣に考えてみよう。いい対策が見つかれば、安心できるし、失敗での落ち込みや自分を責める気持ちなども、すーと消えて、元気も出てくるもの。

 補足② ポジティブワードを意図的に多用する

ありがとう、嬉しいです。~出来るなど、意図的にポジティブワードを多用してみよう。日本には昔から言霊信仰があるが、案外真実味があるものだ。大変な時でも、意図的にポスジティブワードを使う事によって、嫌な仕事がいつのまにか楽しいものになっていたりする。せっかくだし、言霊のパワーを利用し、ネガティブを変換して上手く5月病さえも乗り気って行こう❗

おわりに

 7つのコツどうだっただろうか、中年のおじさんからの助言じゃあ、世代が違い過ぎて実感がわかないかもしれないけど、ちょっといい事をいったかもしれないよ。

 

 

www.bunselfrealization.com

 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村