読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

志について調べた。熱いなにか

BlogPaint

<転職活動や仕事のあり方を考える自己実現ブログです>

はじめに

 

志と聞くと、ちょっと古いイメージや、

 

堅苦しいイメージが湧きます。

 

実際辞書でみてみると、

 

志とは、

 

ある方向を目指す気持ち。心に思い決めた目的や目標

 

心の持ち方。信念。(goo辞書より)

 

を意味するようです。

 

現代風に言えば、夢や希望といった使い方なのかもしれませんが、

 

そこに、自分自身の夢や希望ではなく、社会的なものに向けたものが

 

含まれるものではないかと私は思います。

 

例えば、医者になるというのは夢ですが、

 

医者になって沢山の患者を救いたいというのは志がある夢だと感じます。

 

今日は、中国の有名な古典より、志についての一節をご紹介します。



強い志

 


子の曰わく、三軍も帥を奪うべきなり。匹夫も志を奪うべからざるなり。

先生がいわれた、

「大軍でも、その総大将を奪い取ることはできるが、

一人の男でも、その志しを奪い取ることはできない。」

『論語』 

金谷治訳注

岩波文庫
 

 

ぶん流解説

 

論語といえば、中国のもっとも有名な古典ですね。

 

孔子の思想で学校でもならうと思います。

 

この思想は日本にも輸入され、

 

大昔から脈々と日本人の価値観に根付いているといえます。

 

どうしても男社会や礼節を重んじる内容が強いですが、

 

昔から読まれているものというのは、

 

自分達の遺伝子の中に染み込み。

 

大きな力を秘めているものです。

 

解説に戻りますと、

 

例え大企業の社長でも、

 

その社長を退任する事はできます。

 

業績悪化や、株式を取得して経営権を握れば、

 

経営者は退かなければなりません。

 

しかし、

 

一人の平サラリーマンが、

 

例えば、

 

自分はこの社会に、誇れるサービスで奉仕し、

 

お客様を笑顔にしたいんだと、強く願えば

 

それは志となります。



その志は、人の心の奥底にあるものなので、

 

他人がどうこうできるものではありません。

 

それは固い石でさえも貫通させるほどの威力をもちます。

 

そして、その志が本当に純粋で正しいものであれば

 

環境を変え、

 

組織を変え、

 

会社を変え、

 

国を変え、

 

世界を変えるほどのものとなります。



そういう志の大事さ、強さを、

 

遠い昔の中国の偉人が語っていたと思うと

 

なんだか人の考え方って根本は変わらないんだなと気づきますし。

 

志というものの大事さを考えないわけにはいかないと思います。



おわりに

 

最後に、タイトルの話をします。

 

私は、前の会社を退職したときから、

 

今までこれが志だと信じていたものがなくなりました。

 

それは、結局は会社から与えられたもので、

 

簡単に捨てられる偽物の志だったのです。

 

長い間、まるで洗脳のようにすり込まれていたそれは、

 

退職した後、心から消えてしまいました。

 

結果として、私の心は空虚なものとなりました。

 

それから、必死に志を立てようと思いました。

 

しかし、何かが違うのです。

 

そして、色んな事に挑戦し、考えては、

 

やっぱりこれは志ではないなと思うようになりました。

 

そういう意味では、私は志を無くしてしまったといえます。



しかし、ある時、気づきました。

 

おそらくブログを書き続けて、考え続けていることが功を奏したのだと思います。



私は自分の志が、こころの中にある熱いものだと気づきました。

 

それはまだ言葉にできるまで昇華されていませんが、

 

目をつぶってみたときに、

 

自分が社会に奉仕できるような何かが

 

何か熱いものが確かにあるのです。

 

それでいいんだと思いました。

 

無理に言葉にする必要はないと思いました。

 

きっと仕事と思想がフィットしたときに

 

それは天から確かな言葉として降りてくると思います。



でも、これは重要な事だと思います。

 

今、志がないと感じている方も、

 

毎日が退屈で自分には何もないと思っている方も、




自分の中に志は確かにあると感じ、

 

信じる事ができれば、

 

それは確かなものとなるのです。

 

だから、明らかな、夢や目標、目的が

 

今はなくてもいいのです。

 

安心してください。



あなたの心の中の熱い何かを信じて、

 

前向きに頑張っていきましょう。



ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

www.bunselfrealization.com

 

 

www.bunselfrealization.com

 

 

www.bunselfrealization.com

 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村