読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

並のレベルだと日本社会でワークライフバランスの実現は難しいのかもしれない

BlogPaint

<転職活動や仕事のあり方を考える自己実現ブログです>

はじめに

よく、ワークライフバランスを実現したいと、新卒でも中卒でも、いう人がいます。

ですが、いざ仕事の現場にいくと、そんな充実した毎日を送るのは

日本では、非常に難しいと感じています。

そもそも、サラリーマンには、組織がついているわけですから、

その組織の考えが、ワークライフバランスを大切にしてくれる会社なら良いのですが、

日本は圧倒的に仕事中心の思想が根付いているので、

本当に難しいのです。

今日は、そんな事を考えてしまう一節です。


ワークライフバランスを実現できる人

実際にワーク・ライフ・バランスを実践できているのは、

「仕事の成果も上げつつ、きちんと定時で帰れている人」であるといえます。

しかし、そうであるためには、

他の人が残業してようやくこなしているレベルの業務を、

ミスなく短時間で終わらせるという意志と、

効率化のための不断の努力が必須です。

その上で、「あれくらいの仕事をこなせている人なら安心して任せられる」

と周囲にいわしめる「信頼のブランド」が必要といえるでしょう。

『人生を無駄にしない会社の選び方』

新田龍



ぶん流解説

私も、この著者の考えに近い考えをもっていますので、ご紹介させてもらいました。

おそらく、私が実力がものをいうIT業界にいるからかもしれません。

実力があり、信頼された技術者ほど、定時に帰っても文句もいわれません、

むしろ、会社にいるだけで感謝をされます。

それほど、一人の優秀な技術者がいるだけで、圧倒的な効率の差を生むのが

IT業界だからでしょう。

しかし、他の業種でも、上記の一節は当てはまるものだといえます。

定時で帰っても、有無を言わせない圧倒的な存在感と実績を持つ人というのは

どこの業界にもいます。

そういう人でなければ、ワークライフバランスは難しいのです。

逆に、仕事ができずに、結果を出していない社員は、

本人も帰りずらいですし、その人をカバーするために、周りが残業となるので、

非難の的となりえます。

これが現実だといえます、仕事ができるのが、ワークライフバランスの絶対条件

といえるでしょう。


しかし、これは日本だけです。労働者の権利を守る意識が強い国ほど、

残業はなく(国からの強い規制がある)、定時で帰れます。

そして、高い労働生産性を実現しているのです。


日本は、仕事が出来ない人を出来るようにするための、

仕組みを考えるよりも、残業させて補おうとする傾向が強いです。

本来は、誰であろうと簡単にできるぐらいの仕組みやシステムをつくることが、

皆が定時に退社できる道なのです。


その効率の悪さを自覚し、社会的に改善し、高い労働生産性を誇る国にならなければ、

実力があるものしか、実現できないワークライフバランスとなるでしょう。


おわりに

日本では、ほぼワークが8で、ライフが2のバランスではないかと私は思います。

本来はもっと家族と過ごしたり、友人と過ごしたり、

趣味を楽しむ時間があってもいいはずです。

勤労は尊いですが、一人一人が人生を素敵に生きることもまた尊いのです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村