自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

耐えなくてもいい、世の中には逃げなくてはいけない会社もあるんだよ

BlogPaint
<転職活動や仕事のあり方を考える自己実現ブログです>
はじめに

私は以前から、このブログでも、会社に耐えられなかったら

逃げるということを提唱しています。

<過去のブログ>

・ 逃げる転職のススメ

将来のない会社からは逃げるのが最善の策である


実際に、我慢して仕事をしたとしても、

嫌な会社でのパフォーマンスは上がる事はありません。

それどころか、どんどん嫌な事が増えてきて、

追い詰められるようになります。

結果的に益々パフォーマンスは下がり、

評価も評判も信頼も下がります。

そうなるぐらいなら、逃げてしまった方がいいです。

突発的な逃げは問題がありますが、

計画的に戦略的に逃げるのならば、

自己肯定感も傷つきませんし、

周りにも迷惑をかける度合いも下がります。

ですから、あなたの選択に「逃げる」を追加する事を進めます。

今日は、そんな逃げるという事についての一節を紹介します。


逃げなくてはならない会社

転職やキャリアについて書かれた本のなかに、

「不満による、逃げの転職はいけない」という

アドバイスを目にすることが多くあります。

「逃げグセがつくし、転職先でも恐らく不満を感じて

今と同じような思いを抱くことになるだろう」というのが理由です。

たしかにそれは正論なのですが、

世の中には「逃げなくてはならない」会社もあるのです。

(中略)

「会社の環境が自分自身のキャリアと将来に

明らかに悪影響を及ぼす場合」がそれです。

そのようなときは、まず自分自身を大切にしてください。

『人生を無駄にしない会社の選び方』

新田龍



自分の心の声を聞け

転職やキャリア関係の本を、ブログを書くために色々と読んでいますが、

逃げの転職はダメということを書いてある本やサイトは多く存在します。

確かに著者も書いているとおりに、正論です。


一度逃げると、また次の職場でも逃げていく。

実際に採用の現場で、こういう社員に出会う事はあります。

そういう人は突然会社に来なくなり、消えていきます。

確かに、こういうのは私も駄目だと思います。

でも、逃げなくてはならない会社はあります。

猛烈なブラック会社パワハラな会社。

全く人間関係が悪化した会社

給料UPの見込が一切ない会社など、

従業員をコストと扱い、駒と扱う会社からは、

今すぐ逃げてもいいくらいに逃げるべきです。

こういう会社に我慢していても、

貯金はできない、健康は害する、スキルは上がらないという

苦難を強いられることになります。

そういう時は、自分を守るために逃げるべきです。

ですが、突然居なくなれという事でもありません。

然るべき手続きを踏み、引き継ぎをし、円満風な退職をします。

そうやって自分の身をいち早く守ってください。


おわりに

私も、平なのに、残業代の支払いがなく、給料は低水準、

にも関わらず残業過多、休日出勤の嵐、サービス残業多数な

会社に勤めたことがあります。

少しは我慢して続けましたが(笑)

このままでは、家族を守れない。貯金も貯まらない。

メンタルをやられてしまうと思い。

「逃げる」作戦をとりました。

用意周到とはいかないものでしたが、結果的に今は良かったと思います。

あの会社にずっといてよくなることが想像できませんでしたし、

あのままいたら、自信を失い、自分を卑下して生きることになったと思います。

私は私の尊厳を死守するために、退職を選んだという思いがあります。

そして、その決断が今では自信となっています。

世の中には逃げなくてはいけない会社もあるんです。


ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村