読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

仕事の中での自己実現が大切、それができない会社なんて無用

 

BlogPaint

はじめに

 

突然ですが、仕事は尊いものだと思います。

 

仕事によって、人は成長し、働くことの意義をみいだし、

 

困難に打ち勝つ自信を手に入れます。

 

そして、自分がやったことが対価としてのお金として返ってくる

 

幸せを感じることができます。

 

そうやって、仕事の中で、自己実現ができていき、

 

人は幸せに生きる事ができます。

 

今日はそんな一節を紹介します。



仕事の中での自己実現の大切さ

多くの人が、人生のなかで最もいい時期を働くことに費やしています。

だからこそ、働くことを通して自己実現を図るのは大事なことですし、

働くことを通じてなれる最高の自分に近づくことができたら、

すごく幸せなことだと思います。

自己実現できないというのは、

社会にとっても、当人にとっても非常にもったいない。

ですから、働くことを通じて自己実現するのは大きなテーマですし、

そのためにも「仕事を生産的なものにする」ことが大切なのです。


ドラッカーが『マネジメント』でいちばん伝えたかったこと。

小宮一慶

ダイヤモンド社
 
ぶん流解説

 

仕事の中で自己実現をしていくというのは、冒頭でも書いたように

 

大事な事だと思います。

 

人生のなかで20代、30代、40代、50代、(中には60代)と

 

人生を形作っていくために大事な時期を会社で過ごしています。

 

だから、会社で自己実現ができないととっても勿体ないことです。

 

でも、ほとんどの人は仕事=生活の為仕事=辛い労働と捉え、

 

その仕事を楽しんで、自分を成長させていくという考えに至りません。



その一つの原因は、会社そのものにもあるでしょう。

 

経営者の考え方が社員=コストと捉えていれば、

 

自己実現の機会を与えることなく、

 

時間通りに、マニュアルどおりに言われた作業をこなす

 

それだけを求める事になるでしょうし。

 

いわゆるブラック企業のように、低賃金で、過重労働させて、

 

倒れたら、駒を変えるだけという会社もあります。

 

そういった会社と経営者がサラリーマンの自己実現を大きく阻んでいるのです。

 

そういった会社にいると、社員は何か勉強しようとか考えません。

 

毎日残業や休日出勤、サービスでくたくたですし、

 

自己を磨くための投資さえも低賃金の為できません。

 

そういった人の生活は、家に帰って、ご飯を食べて寝るだけです。

 

そういう生活からは、自己実現の欲求は生まれません。



それでも、努力する人はいます。

 

私も上記のような残業、休日出勤の毎日を送っていましたが、

 

常に勉強し、自分を高め、自己実現をする為に時間を費やしてきました。

 

そしてそれを仕事に応用し、改善を進めて実績を上げていきました。



そういった事ができる人はいいのですが、そうでない人もいます。

 

これは社会や会社自身が変わるしかないといえます。

 

コスト⇒人財に意識を変える経営者が一人でも増えることが重要です。

 

正直、社員が自己実現ができない環境の会社なんて、世の中に無用です。

 

長い目でみれば、そういう会社は淘汰されていくでしょう。



おわりに

 

思えば、私も仕事からたくさんの事を教わったと思います。

 

特に転職して、違う会社で仕事をするようになり、

 

自分の能力が全く普通の人と特異であることに気づきました。

 

私の前の会社ではあたりまえだと思っていた能力が、

 

他の会社に行くと、スペシャルな能力になっているのです。

 

でも、それは私自身が自己実現の為に仕事をやってきた

 

結果としてのご褒美なのだと今では思っています。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村